ミラコレ-FM日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

リーズ4

こんなふうに記事がいろいろ出るのも現実的で面白いですね。
もっと有名選手だったら読む人も多いんでしょうが、実際は地元の新聞での記事なんでしょうね。
現状に満足してもらってるみたいで良かったです。

 

トップリーグで試合してぇ・・・。有名選手と戦いてぇ・・・。
パレルモでプレイしてぇ・・・。普通にミランでプレイしてぇ・・・。
でも兼業すると100%こっちが続かないからこっちを頑張るしかない。
やると決めたのだからやる。
リーズでのプレイも楽しいですし。

 

ちょっと間を空けてプレイし始めたのですが、いきなり誰か来た。
トライアウト契約でテストに呼んでたみたいです。いきなり契約合意しましたとか言われたからびっくりしました。
能力値は高いんですが、あまりコーチの評価は高くありません。
集中力の低さがその要因になってるんでしょうね。集中力が低かったら失点の原因になりますし難しいところ。

まあ1月11日まで居ますし、じっくりテストしたいと思います。

 

12月15日  リーグ1
        vs Hartlepool (H)

流れを変えたい。そうなるとシステムを変えるかメンバーを変えるしかない。
4-4-2は崩したくないので先発メンバーを変更。
まずはGKに18歳のマーティンを起用。リーグ戦初出場です。
DFラインにもベン・パーカー起用。中盤にはスウィーニーが先発復帰で2トップはフリアットとロッシーニ。

GK:マーティン
DF:カディス、ミハリク、ヒース、パーカー
MF:ソルサ、プラットン、ダグラス、スウィーニー
FW:ロッシーニ、フリアット

SUB:アンカーグレン、ケオー、トンプソン、ダ・コスタ、ベックフォード

開始1分、ワンツーでヒースの裏を取られ失点。泣いてもよかですか。
右サイドバックのカディスをどんどん攻め上がらせる。
すると15分、カディスのクロスにロッシーニが合わせるとGKが弾く。そこにスウィーニーが詰め同点!
考えてみたらロッシーニとフリアットのコンビってどっちとも他所の選手じゃん・・・。
今度は31分、ソルサのクロスにロッシーニが頭で合わせて逆転!
勝利へのキーパーソンはロッシーニだったのか?エースのベックスをベンチにする勇気はねぇなぁ・・・。
前半ロスタイムに自陣からのFKをフリアットがボレーで叩き込み3-1!
ベックスはベンチか・・・。レンタルコンビが良いから仕方ない。

48分、ロッシーニが直接FKを決め今日2点目。デビュー戦で2ゴール決めたあとは8試合沈黙。
しかし5部相手とは言え2得点決めたことで吹っ切れたようです。今日も2ゴール。全部2ゴール。
58分、いきなりスウィーニーが蹴られ相手の選手が退場。
66分、CKのこぼれ球をベン・パーカーが狙うと相手にあたって決まりオウンゴール。

試合終了、5-1で勝利。2試合連続で引き分けましたがこれで吹っ切れてくれるでしょう。

得点:スウィーニー、ロッシーニ②、フリアット、OG
試合/選手
Leeds   5-1   Hartlepool

 

出番なさそうだからカンドルとエルディングはレンタルで出そうかな・・・。
でも怪我人出たら代えが居ないしなぁ。
トライアウトのソリーさん見にリザーブに行ったらキルケニーが帰ってきてる!
まだまだ体も絞れてませんが早く戦列に復帰してほしいものです。

 

トム・エリオットがレンタルから帰還。そしてすぐに大胆発言。
いや、気持ちは分かりますけどもう少し考えて発言しないと・・・。リーグが1個下なだけですよ。
結果は10試合で5ゴール。しかし足首を捻挫しての帰還になりました。最大全治1か月。

 

12月22日  リーグ1
        vs Crewe (H)

1週間空いての試合ということで楽!次からはまた厳しい日程に入ります。
前節の流れをそのままにしたいのでレギュラーは1人以外全員同じ。
スウィーニーだけベンチ外で調整させます。怪我明けでコンディションの戻りが遅いです。
キルケニーがトップチームに合流。今日はベンチ外ですが、近々出番があるでしょう。

GK:マーティン
DF:カディス、ミハリク、ヒース、パーカー
MF:ソルサ、プラットン、ダグラス、ダ・コスタ
FW:ロッシーニ、フリアット

SUB:アンカーグレン、ケオー、トンプソン、B・ジョンソン、ベックフォード

15分、相手の不十分なクリアを拾ったダグラスがミドルシュートを決めリーズ先制!
前半ロスタイムにはカディスのクロスにロッシーニが胸で受けてそのまま決め追加点。
ロッシーニの使い方がわかったような気がする。下がってボールを受けさせるより全線に張らせるほうがいい。
60分、カディスから横パスを受けたダグラスが強烈なロングシュートを決め今日2得点。
84分、カウンターから決められ失点。
後半ロスタイム、CKから決められ3-2・・・。3点決めててほんと良かった・・・。

得点:ダグラス②、ロッシーニ
試合/選手
Leeds   3-2   Crewe

 

12月26日  リーグ1
         vs Leyton Orient (A)

ここから結構過密日程になるのでメンバーを代えていく。
9位の相手ですが、次節が4位ですからね。
キルケニーがベンチに復帰!開幕戦から2試合目で怪我して長かった・・・。
ダグラス、プラットンのコンビに落ち着いてますが、キルケニーのファンタジー溢れるドリブルは武器でしょう。

GK:アンカーグレン
DF:カディス、ミハリク、ハンティントン、シーハン
MF:ソルサ、プラットン、ダグラス、スウィーニー
FW:ロッシーニ、ベックフォード

SUB:マーティン、ケオー、キルケニー、B・ジョンソン、カンドル

9分、CKからハンティントンが頭で決めてリーズ先制!DFコンビの高さは武器!
27分、強烈なロングシュートを決められ同点にされてしまう。
30分、ダグラスのスルーパスで抜け出したロッシーニが冷静に決め勝ち越し!
     相手のDFがマークずれてバラバラになったところに走りこんだいいプレー。
50分、カウンターからクロスを出されるとそのまま決められ失点。またもや同点にされてしまう。
56分、プラットンに代えてキルケニー投入。8月15日に怪我したから4ヶ月ぶり。
61分、ダグラスからパスを受けたベックスがドリブルで一人かわしてそのままスピードアップ。
     GKとの1対1も豪快に決め勝ち越し!!ベックスのゴールが一番うれしい。スーパーエースです。
69分、キルケニーのひらめきのあるラストパス。DF2人の隙間を通した絶妙なパスを受けたロッシーニの
     シュートが相手にあたって決まりオウンゴールで4-2。オウンゴールじゃなくてロッシーニのゴールにしてよぉ。
     そしたらキルケニーにアシストつくのに。
79分、キルケニーのパスを受けた途中出場のカンドルが豪快に決め5-2.
     カンドルまで仕事したなぁ。FWは全員スタメンでもおかしくない評価です。難しい。

キルケニーおかえり!この人の閃きはやっぱり武器です。これからリーズの中盤に多彩なアイデアをもたらしてくれそうです。
結果は圧勝でしたが、試合内容は五分五分。相手の決定力の無さに助けられました。
なんか今日はバイタルがガラガラに空いてしまってました。
中盤を下がり目にするって対応策もありますが、点決めなきゃ始まりませんしね。
結局守備のうまいプラットン外して守備のできないキルケニー投入と守備を無視してどんどん攻めました。
強い相手じゃ通用しませんね。

得点:ハンティントン、ロッシーニ、ベックフォード、OG、カンドル
試合/選手
Leyton Orient   2-5   Leeds

 

スワンシーが引き分けたため首位浮上!
FWもみんな好調。キルケニーも復帰し死角なし!

 

12月29日  リーグ1
        vs Doncaster (H)

強力なFWが3人いるから誰使うか悩む。正直ロッシーニとベックスのコンビは合わないんですよね。
ロッシーニもベックスも一番前に張るストライカータイプの動きしかできませんからどっちかしか活きません。
前節もロッシーニが点決めた後わざわざ役割を入れ替えてベックスが点決めました。
やはり下がりながらでもプレイできるフリアットと組ませたい。ただフリアットは完全で獲れないしなぁ。
ベックスを機能させるほうが将来的にも有効的ですからねぇ。悩みます。

GK:マーティン
DF:ケオー、ミハリク、ヒース、パーカー
MF:ソルサ、プラットン、ダグラス、ダ・コスタ
FW:ロッシーニ、フリアット

SUB:アンカーグレン、ハンティントン、キルケニー、B・ジョンソン、カンドル

相手のシステムは4-1-4-1、局面が狭すぎて思ったように攻めれない。
なかなか決められない展開が続くも53分、ロッシーニが直接FKをねじ込みリーズ先制。
苦しい時のセットプレー。CKだけじゃなくてロッシーニのFK技術は大きな武器です。
77分、左サイドからの展開。最後はべン・パーカーのクロスにロッシーニが頭で合わせて追加点。

得点:ロッシーニ②
試合/選手
Leeds 2-0 Doncaster

 

ロッシーニの爆発っぷりがすさまじい。
デビュー戦でゴールを決めて以来2か月ゴールが無かったのですが、最近は6試合連続ゴールと大爆発しています。
6試合で9ゴール。ほんと凄い。ロッシーニは確実に完全移籍で買い取ります。
2か月ゴールが無かった時はどうしようかと思いましたが、これは決心せざるを得ないでしょう。
来シーズン、チャンピオンシップではベックスとロッシーニの2トップ!
はぁ・・・機能させるの大変だな・・・。この2人合わないし・・・。

と、思った瞬間・・・。日程を進めるボタンを押して時間を1日進めたらロッシーニの市場価格が1億9000万円に高騰してる・・・。
2300万円だったのに・・・。冬のマーケット明けたら移籍金払おうと思ってたのに・・・。
最近の活躍で獲得が難しくなってしまった。どうしようどうしよう。

 

 

6戦4勝したため12月の月間最優秀監督賞受賞。
5試合で7ゴールのロッシーニが月間最優秀選手賞受賞。
3試合に出場したベン・パーカーが月間若手最優秀選手賞受賞。

 

1月1日  リーグ1
       vs Luton (H)

お正月。
22位のルトンとの試合。次にFA杯ミドルスブラ戦が控えているのでサブメンバー中心。
ヴィガーズが戦列復帰。ベンチ入り。

GK:マーティン
DF:ケオー、ハンティントン、ヒース、パーカー
MF:カディス、ヒューズ、キルケニー、B・ジョンソン
FW:ベックフォード、カンドル

SUB:アンカーグレン、ケントン、ダ・コスタ、ヴィガーズ、フリアット

26分、キルケニーのCKにハンティントンが合わせてリーズ先制。
後半途中から5-4-1に変更。堅守速攻にする。
相手がこちらのカウンターを全部ファールで止めるからカードをたくさんもらってる。
そのまま試合終了。1-0で勝利。

得点:ハンティントン
試合/選手
Leeds 1-0 Luton

 

冬の補強第1弾。ロッシーニを貸してもらってるオランダのユトレヒトから移籍金650万円で獲得しました。
戦力外でまったく出番が無かったそうです。1か月くらい前に交渉した時は年俸1億円とか吹っかけられましたが
改めて交渉したところ現在もらっていた額と同じ2500万円でいいと言うことなので獲得。
契約期間は2010年まで。背番号は23番となっております。
フィンランド代表として39試合に出場していますが、現在は既に召集されなくなっているみたいです。
28歳で元代表とは少々さみしいですが、リーズで頑張って代表に返り咲いてください。

両サイドともこなせるサイドアタッカーで、特徴はテクニックが売りのドリブラー。
スピードはあまりありませんが、スウィーニーもスピードなくてあれだけできるのでコプテフもやれるでしょう。
左利きなので右サイドで使えるか分かりませんが、両サイド出来るプレーヤーなので層が厚くなります。

この調子でロッシーニも売ってください。

 

1月5日  FA杯3回戦
       vs Middlesbrough (H)

ミドルスブラ戦。スペル長い!
メンバーすごく悩みました。まずはGK。18歳のマーティンで安定していますが、この大一番でそれでいいのか。
キルケニーの先発起用。攻撃では確実にいいものを持ってる。キルケニーのひらめきは素晴らしい。
しかし守備がからっきしダメ。22位の相手でもキルケニーの守備は危うかったです。
あとは2トップ。ロッシーニ、べっくす、フリアットの中から誰で行くか。悩む・・・。

GK:マーティン
DF:カディス、ミハリク、ハンティントン、シーハン
MF:ソルサ、ダグラス、キルケニー、スウィーニー
FW:ロッシーニ、ベックフォード

SUB:アンカーグレン、ケオー、ダ・コスタ、プラットン、フリアット

勝負賭ける。どうせ守ったって守り切れないしキルケニー先発。
GKもマーティン。勝負勝負。2トップはロッシーニとベックフォード。ロッシーニのFKは武器。

正直舐めてました。すいません。2分にあっさり決められ失点。
5バックとかにして守備重視しないとやっぱダメっすよね。勘違いしてました。実力差は天と地。すいやせん。
1人かわされると全部マークずれてあっさり決められました。

もう攻めなきゃしょうがないのでキルケニーを中心にして攻せさせる。
するとどんどん流れが良くなってきて32分、右サイドのソルサが単独突破からクロス、ロッシーニが頭で合わせて同点!
この高さはプレミア級ってことですね。これは完全で買い取れそうにないな・・・。

48分、キルケニーからパスをもらったベックスがヒールパス気味にスルーパスを出すと
    抜け出したソルサがシュートを狙うも枠の左!超決定的場面・・・。
60分、ベックスに代えてフリアット投入。ベックスはこの交代に納得しておらず不満顔。

終盤、胸がキリキリする展開。相手は前線に枚数残して4トップ状態。
普通こうされたら5バックなど前線削って守備的にするんですが、殴り合いを受けて立つ。
ロッシーニが決定的場面を決め切れず観客からため息。
ミドルスブラも決定的場面を外す。両チームどっちが決めてもおかしくない展開。
ただ当然地力に勝るミドルスブラが優位に進める。そんなこんなで後半終了。

あれ?FA杯って延長無かったっけ・・・。だったら交代枠使ってたのに・・・。
再試合のほうではあるんでしょうね。ミドルスブラに負けなかった!でも再試合は相手のホームか・・・。
ミドやロッケンバック、アウベスが決定的なの外してくれたけどマーティンも頑張った。

得点:ロッシーニ
試合/選手/相手
Leeds 1-1 Middlesbrough

 

リーグ戦は全勝。正直昇格は確信しました。リーズ強すぎ。
得点がベックス、フリアット、ロッシーニで分散してしまっているので得点ランキングではまったく顔出せてませんが・・・。
自動昇格は2位まで。3位とは勝ち点差4ですが、勝利数が異常ですからね。
プレーオフに絶対入るぞと活き込んだシーズンでしたが、決まりつつあります。
連勝が止まった後2試合で修正できたのが大きかった。

スポンサーサイト
  1. 2009/05/09(土) 23:12:48|
  2. FM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ウイニングイレブン | ホーム | リーズ3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mirano1458.blog114.fc2.com/tb.php/73-47fd39d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ミラコレ

Author:ミラコレ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。