ミラコレ-FM日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

~7月31日

ポジ

 名前

年齢

国籍

身長

 コメント

GK

 Casper Ankergren

27

191cm

 デンマーク人のリーズ守護神

GK

 David Lucas

29

188cm

 サブGK 今季契約切れたらそのままバイバイ

GK

 Alan Martin

18

188cm

 若手有望株 反応の速さが売り

DRC

 Darren Kenton

28

181cm

 集中力などメンタル面が乏しいのが痛い

DR

 Frazer Richardson

24

178cm

 メンタル面はそこそこもスキルが低すぎる

DC

 Matt Heath

25

194cm

 空中戦は強いがスピード面に不安

DC

 Paul Huntington

19

194cm

 19歳ながらレギュラーになれる逸材

DC

 Ludomir Michalik

23

193cm

 ディフェンスの要 セットプレイでの得点も期待

DC

 Rui Marques

29

180cm

 コーチ談:視野が狭くピッチで見せる知性は低い

DL

 Alan Sheehan

20

181cm

 なかなか優れた選手 強烈なFKも売り

MRC

 David Prutton

25

181cm

 チームの為に走るチームプレイヤー

MC

 Neil Kilkenny

21

173cm

 ファンタジー溢れるドリブルで魅了する選手

MC

 Jonathan Douglas

25

181cm

 そこそこ平均的な選手 空中戦にはすごく弱い

MC

 Alan Tompson

33

183cm

 ベテランだがパスで試合を作れる選手 足遅い

MC

 Andy Hughes

29

178cm

 スタミナ豊富で優秀なチームプレイヤー

AM R

 Sebastian Sorsa

23

175cm

 なかなか優秀な選手 右サイドで先発候補

AM L

 Peter Sweeney

22

183cm

 スキルは高いもフィジカルが弱い

AM LC

 Bradley Johnson

20

178cm

 スピードあるドリブルとロングシュートが売り

AM LC

 Filipe Da Costa

22

181cm

 なかなか良い選手も既に成長は止まっている・・・

ST

 Jermaine Beckford

23

188cm

 長身ながらスピードある快速エースストライカー

ST

 Leon Constantine

29

188cm

 自己中心的で勤労意欲のない10番

ST

 Tresor Kandol

25

186cm

 自己中心的で空中戦に強い選手

ST

 Tore Andre Flo

34

193cm

 空中戦に強い頼れるベテランストライカー

ST

 Anthony Elding

25

183cm

 視野が狭く知性は低いも献身的な選手

PNGじゃ容量オーバーするのもあったので全部JPGにしました。
画質はガクッと落ちたもののまぁ別になんか不都合があるようなもんじゃないですしね。

 

 

一通り見てあきらかに右サイドバックが補強ポイントです。
メンタル面の乏しいケントンとスキル面が論外なリチャードソンの2人しか居ません。
アシスタントマネージャーに聞いたところ、前線の駒も役不足だそうですが
先に右サイドバックからでしょう。

 

そしてチームの中心背番号10はなんと
自己中心的で勤労意欲のないコンスタンタインがつけています。
たしかにやる気なさそうな顔してる。
さらにフォワード5人中2人が自己中だそうです。
まぁ個性的でおもしろい・・・かな・・・。

 

それにしても前と後ろはデカイ選手揃ってるなぁ。
苦しくなったときとかにセットプレーとか放り込みで助かりそうです。
そしてパレルモと比べて選手の人数が雲泥の差。
多少負傷者が出ても耐えられる人数が揃ってます。

 

 

親善試合の日程表。強豪と組んで資金集めに走りました・・・。
そしてバルセロナの試合がテレビ中継されるようになったみたいです。
放映権料も入ってクラブもアピールできて一石二鳥。バルサTVが放送するんでしょうかね。

 

 

7月11日  親善試合 (H)
        vs  Chelsea

まぁ、負け試合~。

5分、
ミケルのCKからリカルド・カルバーリョが頭で決めチェルシー先制。

 

12分、
ミハリクがエリア内でドログバを倒しチェルシーPK獲得、
ランパードが左隅に強烈に決め0-2.

 

17分、
マルダからパスをもらったランパードが1人かわして右隅に冷静に決め0-3!

 

そういえば昔ミランで弱小クラブ相手に14-0でボコボコにして喜んでたっけ。
今回はそれをやられる番なんですね。

 

もうパスの精度とスピードが段違い。

 

40分、
ジョー・コールのパスを受けたドログバが決め0-4!

CKに期待してたのに1回も無かった・・。
全員交代。

 

72分、
初CK、しかしスタメン長身軍団は居ない。
しかしサブ長身軍団もなかなか高い。
するとスウィーニーがあげたCKからベテランフローが頭で決め1点返す!
あのジョン・テリーに競り勝った!すげぇ!!もっと若かったら良かったのに・・・。
引退直前というのが悲しいところ。

 

78分、
ダグラスのスルーパスで抜け出したフローが右隅にズドンと決めた!
・・・と思ったらオフサイド判定。しかしフロー、ほんとに期待できるストライカーです。

 

80分、
ベレッチのクロスからピサーロが決め1-5.リーズ選手はオフサイドを主張。
よく見てみると・・・(笑)親善試合でチェルシーの笛使わなくても。しかも3部リーグ相手に。
すぐ後ろに戻ってオフサイドっぽくはなかったんですけどね。まぁ戻りオフサイドです。

 

そうなったら気になるじゃないですか。前のプレー。
試合後ハイライト映像見てみたら・・・

 

 

 

完全なオフサイドでした

 

試合結果/選手評価

後半の選手の評価点を見ても分かるとおり後半なかなか良かったです。
フローはいくつか得点の匂いのあるプレーが出来てました。
スウィーニーもドリブル突破から結構おもしろいクロスをあげていました。
チェルシー相手でもなかなか良い試合できていたと思います。
そもそも選手個々のレベルが違うので悲観するほどの内容じゃありませんでした。

Leeds 1-5 Chelsea

 

え?この一部のお客さん頭おかしいんじゃないの?
過激でアホってどんだけだよ・・・。

 

右サイドバックの質にばかり目が行ってたのですが、
左サイドバックが1人しかいないことに気づきました・・・。
ここを最初に補強しなくちゃいけませんでした。

 

 

 

7月14日  親善試合 (H)  ×2-5
        vs  Barcelona   得点:ブラッドリー・ジョンソン、フロー
                        アンリ、デコ、メッシ、マルケス、ボージャン

試合結果/選手評価

まぁ完敗。ただ2得点は驚き。ベテランフローがまた決めちゃった。
大舞台を楽しめる選手なのでほんと頼りになりそう。
うちには大舞台を楽しめる選手が多いのでプレーオフとかには強そう。

 

7月17日  親善試合 (A)  ○3-0
        vs  Wrexham   得点:ヒューズ、ベックフォード、ソルサ

試合結果/選手評価

相手は5-3-2と守備的な布陣。ヒューズのミドルとベックフォードのFKからの得点。
そしてソルサの直接FKでリーグ2のクラブ相手に快勝。

 

 

DL MLC

 Michael Timlin

22

176cm

フラムから今シーズン終了までの期限付きで獲得。
まぁ平凡な選手ですけどね。シーハンのサブ扱いです。
これで左サイドバックが2人になりました。ただどちらもレンタル選手・・・。

 

ついでに2人放出。ウェストレイクウェストンです。
もともと頭数に入れてなかったので上のリストにも書いていませんでした。
ウェストレイクは年俸が3500万円と高額でボランチはそこそこ揃っている
ウェストンは20歳にして成長が既に止まっているようなので放出しました。

 

7月21日  親善試合 (H)  ×0-1
        vs  West Brom  得点:

試合結果/選手評価

ハンティントンのバックパスをニコルソンに奪われ先制されるとそのまま試合終了。
チャンピオンシップ(2部リーグ)のウェストブロム相手に敗戦。
リチャードソンがひざの靭帯損傷で全治3ヶ月・・・。

 

7月25日  親善試合 (A)  ○1-0
        vs  Accrington  得点:フロー

試合結果/選手評価

GKのフィードで抜け出したフローおじさんが決めリーズが先制すると
その1点を守りきり勝利する。ちょっとシュートが少ないなぁ。

 

落ちないように頑張れだと。 頑張ろう・・・。

 

7月28日  親善試合 (A)  ○5-0
        vs  Chester    得点:トンプソン、ベックフォード、ミハリク、OG、エルディング

試合結果/選手評価

開始2分でPKを獲得するとトンプソンが冷静に決めリーズが先制すると
23分、カウンターからトンプソンのパスで抜け出した俊足ベックフォードがGKをかわして2-0。
そして42分にはCKからミハリクが頭で決めて3-0、高い打点からの強烈なヘディング。
その後オウンゴールやエルディングのゴールもあり5-0でリーズが快勝を収める。

 

7月31日  親善試合 (H)   ×0-4
        vs  Dinamo Kiev  得点:

試合結果/選手評価

ボコボコだ
ボランチのヒューズが脳震盪で少し離脱

 

DR

 Paul Caddis

19

171cm

セルティックから今シーズン終了までの期限付きで獲得しました。
19歳ながらウチのしょぼい右サイドバック2人より優秀です。
当然レギュラーです。

 

 

契約が2008年にきれる選手が多い。
トンプソンとは1年延長するつもりですけど、他はいいかなぁ。
マルケスルーカスは延長しません。
FWのフローは更新するつもりがないそうです。引退か母国に帰るつもりなんでしょう。
右サイドバックの2人、ケントンとリチャードソンも延長するつもりがないそうなので
そのまま放出することになります。これで来季サイドバックが1人も居なくなる・・・。
ダ・コスタもそのまま放出です。

 

8月3日  親善試合 (H)    △0-0
       vs  Southampton  得点:

試合結果/選手評価

チャンピオンシップのサウザンプトン戦。最後のテストマッチです。
75分からミハリクをあげてパワープレイをするとミハリクのポストからエルディングが決めるも
オフサイドでノーゴール。選手達はオフサイドじゃないと信じているようです。

 

きっちり上には負けて下には勝ってって感じです。 

 

 

チームのキャプテンにはアラン・トンプソン、
副キャプテンには守護神カスパー・アンカーグレンが就く。

スポンサーサイト
  1. 2008/04/09(水) 00:33:09|
  2. FM:旧リーズ編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<開幕~10月9日 | ホーム | リーズ就任>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mirano1458.blog114.fc2.com/tb.php/2-24c7878f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ミラコレ

Author:ミラコレ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。