ミラコレ-FM日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ミラン3

12月4日  UEFAカップ
        vs スタンダール・リエージュ (H)

 

サンプドリア戦で絶好調だったアントニーニがそのまま左サイドバックでスタメン。
相手は4-5-1のシステム。

 

GK:ジダ
DF:ザンブロッタ、センデロス、マルディーニ、アントニーニ
MF:セードルフ、ピルロ、ガットゥーゾ、カカ
FW:パト、ボリエッロ

SUB:アッビアーティ、カラーゼ、ボネーラ、フラミニ、アンブロジーニ、パロスキ、インザーギ

 

前半ミランが押せ押せペースで攻め続ける。しかし得点にまでは至らず。
セードルフがいいシュートを狙うもクロスバー。

しかし後半50分、ザンブロッタのクロスにボリエッロが頭で合わせてミランがとうとう先制。
58分には相手の中盤が1発レッドで退場。
追加点こそはあげられなかったが盤石の試合展開を演じて1-0で勝利。

 

これでUEFAカップグループステージ3連勝。突破が決定した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12月8日

デンマーク代表でパレルモDFサイモン・ケアー(19)を移籍金17億円で獲得。
189cmで当たり負けしない屈強なセンターバック。
パレルモでは不甲斐ないプレーを見せてしまいレギュラーをはく奪されてしまったが潜在能力はピカイチ。
将来的にはミランの守備ラインを任せられる選手になってくれるはず。
1月2日に加入。

もっと値切ろうと頑張ったんですがこれが限界なようです。
潜在能力はネスタ級らしいですからね。仕方ない。

 

 

 

12月9日

オランダU19代表、フェイエノールト所属MFジョルジニオ・ワイナルドゥム(18)を移籍金12億円で獲得。
18歳ながらフェイエノールトでレギュラーの座を掴んでおり攻撃センスは素晴らしいものを持っている。
ミランではセードルフの後継者として期待している。
ワイナルドゥムの好みの人物もセードルフらしいですし気が合いそうです。
1月2日に加入。

 

 

 

 

12月10日  コパ・イタリア1回戦
         vs トリノ (H)

 

コパイタリア。カップ戦。完全にメンバー落として試合します。完全にサブメンバー。
プリマヴェーラのアルベルタッツィがトップチーム初先発。
リーグ戦とUEFAカップで1試合ずつ途中から出たことありますが先発は初めて。
カルダシオもミラン加入後初先発。出番がまったくなくずっとプリマヴェーラの試合に出てます。

 

GK:ジダ
DF:マッザラーニ、ボネーラ、アルベルタッツィ、サントン
MF:フラミニ、カルダシオ、アンブロジーニ
FW:パロスキ、インザーギ、シェフチェンコ

SUB:アッビアーティ、センデロス、ファバッリ、アントニーニ、マッティオーニ、ヤンクロフスキ、ビウデス

 

10分、パロスキからパスを受けたインザーギが決めてミラン先制。
14分、マッザラーニのクロスからパロスキがシュートすると相手DFのオウンゴールを誘い2-0.
20分、相手のクリアミスを拾ったシェフチェンコが決めて3-0。

 

後半トリノの猛攻が始まるもきっちり抑え勝利。2回戦へと駒を進めた。
アルベルタッツィも致命的なミスもなく無難にプレーしてました。
キッカーが居なかったのでなぜかセットプレー蹴ってましたけど。
パロスキ。今シーズン途中出場が多いものの10試合に出て今だにノーゴール。
そろそろ決めてほしい。先輩インザーギはチーム得点王となる7ゴールを14試合で上げています。
まあその内4ゴールがカップ戦でのゴールですけど。(UEFAカップ、コパイタリア)

 

 

 

12月14日  セリエA
         vs インテル (1/H)

 

とうとう来た。首位攻防戦。
って言ってもインテルのほうが1試合消化が多くて勝ち点差が6に広がりましたけど。

 

GK:アッビアーティ
DF:ザンブロッタ、マルディーニ、カラーゼヤンクロフスキ
MF:セードルフ、ガットゥーゾ、ピルロ
FW:パト、ボリエッロ、カカ

SUB:ジダ、ボネーラ、センデロス、アントニーニ、フラミニ、アンブロジーニ、インザーギ

 

GK:ジュリオ・セザール
DF:マイコン、ブルディッソ、サムエル、コルドバ
MF:ムンタリ、キヴ、カンビアッソ
FW:マンシーニ、クルス、マックスウェル

 

インテルは4-3-3で来るみたい。
ズラタン、アドリアーノ、スタンコビッチ、ヴィエラ、マテラッツィを負傷で欠き苦しいところ。
こちらはネスタとロナウジーニョしか欠いていないので勝ちたい。

 

前半からインテルが優勢に試合を進めていく。
ミランも攻め込むシーンは作ったが決定的場面は作れず。
後半になってもその展開は変わらず74分に飛び込んだムンタリが決めてインテルが先制。

しかし81分にゴール左前でFKを獲得するとピルロが直接叩き込んで同点に追いつく。
この時間帯からミランのカウンターが効果的に決まりだすと
後半ロスタイム、エリア外ギリギリでカカが倒されFK獲得。
これをカカが直接決めて逆転。ロスタイムの劇的ゴールで逆転勝利をおさめた。

 

まさか直接FK2本で逆転するとは。FKってのは気持ちいいですね。
前作はここまで気持ち良く決まってくれなかった。
直接決まる時ってほぼ毎回壁に当たってコースが変わってから決まってましたからね。
やっぱ直接FKは壁に当たらず綺麗に決まるのが一番です。

あと下の画像。自分で編集してコンパクトサイズにしました。
元は横に長すぎ。めちゃくちゃ隙間空いてるのになんでこんな横長くなったんだ。
この編集もめんどくさいしどうしよう。

 

 

 

 

12月18日  UEFAカップ
         vs ヘルタ・ベルリン (A)

 

すでに勝ち抜けが決定してるのでサブメンバー主体。
アルベルタッツィが先発。サントンを初めて右サイドバックで起用。ずっと左でしたからね。
パトとカカが先発ですが長く使うつもりはありません。

 

GK:ジダ
DF:サントン、ボネーラ、アルベルタッツィ、アントニーニ
MF:フラミニ、カルダシオ、アンブロジーニ
FW:パト、インザーギ、カカ

SUB:アッビアーティ、センデロス、マッティオーニ、ファバッリ、マッザラーニ、ビウデス、パロスキ

 

控えメンバーでさすがに楽な試合をさせてもらえるわけもなく苦戦しっぱなし。
特に左サイド、アントニーニとアンブロジーニのところから良いように攻め込まれてる。
と言っても決定的場面はあまり作らせてないですけどね。

71分、CKから途中出場のヴォロニンに決められ失点。
73分、パロスキが決定的場面を迎えるも決めきれず。能力はどんどん成長してるのに決定力が無さすぎる。

82分、パロスキが右サイドに流れてクロスをあげるとファーサイドに走り込んだインザーギが決め同点!
89分、ミランが攻め込む展開にやっと持ち込むも強烈なカウンターをくらい失点。

 

終始試合のペースを握ってたホームのヘルタが2-1で勝利。
3勝1敗でグループ首位で通過。
決勝トーナメント。なんと残念ながら1回戦からセヴィージャと当たってしまった・・・。
苦しい戦いになりそうです。
勝ち抜けても次はアヤックスかアトレティコマドリー。UEFAカップってきついんですね。

 

 

 

12月21日  セリエA
         vs シエナ (11/A)

 

11位シエナとの試合。トリノからローンで加入してるニコラ・アモルーゾに要注意。
リーグ戦16試合で8ゴールを上げてるストライカー。
ウチの最多得点はカカ、パト、ボリエッロが5ゴール。まあ3人点取れる人がいるからこっちのほうがいいかな。

カカがヘルタ戦で少し痛めてるけど先発。
次の試合は1週間後ですからね。でもローマ戦なので途中で下げる予定。

 

GK:アッビアーティ
DF:ザンブロッタ、センデロス、カラーゼ、ヤンクロフスキ
MF:セードルフ、ピルロ、ガットゥーゾ
FW:パト、ボリエッロ、パト

SUB:ジダ、マルディーニ、マッザラーニ、ファバッリ、アンブロジーニ、シェフチェンコ、パロスキ

 

前半からミランが攻め続けるもシエナGKクルチのファインセーブ大会と化している。
ボリエッロ、パト、ザンブロッタなどがフリーでシュートを狙うもGKクルチが全部弾く。

しかし47分、ピルロが直接FKを決めてミラン先制!30Mのロングシュート。素晴らしい軌道。
69分には右サイドから持ち込んだセードルフが自ら決めて2-0.
79分にもCKからカラーゼが頭で決めて3-0.

危なげなく勝利。

 

 

 

 

12月27日  セリエA
         vs ローマ (7/A)

 

パトがブラジルU21代表の大会に招集され不在。
インザーギとボリエッロの2トップ。

ローマは4-3-2-1のシステム。特に前3人は破壊力抜群。
トッティ、ヴチニッチ、バプティスタの3人はちゃんと止めないといけない。

 

GK:アッビアーティ
DF:ザンブロッタ、マルディーニ、カラーゼ、ヤンクロフスキ
MF:セードルフ、フラミニ、ピルロ
FW:インザーギ、ボリエッロ、カカ

SUB:ジダ、センデロス、ボネーラ、ガットゥーゾ、アンブロジーニ、シェフチェンコ、パロスキ

 

2分、左サイド、リーセからのクロスにヴチニッチが頭で合わせてローマ先制。
ヴチニッチに誰もマーク付いてなかった・・・。
6分、アクイラーニからのスルーパスで抜け出したヴチニッチが決め早々にドッピエッタ。
マルディーニがまったくマークにつけてない。もう衰えたか・・・。

良いとこなしだったミランも35分を過ぎてから攻勢に転じる。
ボリエッロがフリーでシュートを狙うもGKドニがセーブ。しかし得点の匂いはし始めるようになった。

 

後半はミランが押す展開になると思いきやローマが上手くいなしていく。
どんなに上手く回してサイドから展開しても中央がまったくフリーにならない。
カウンターをするにもドリブルは止められてしまう。
インザーギに代えてシェフチェンコ投入するもミランの攻撃パターンが逆になくなってしまう有様。
最後まで軽くいなされ敗戦。前半戦最後の試合を勝利で飾ることができなかった。

さてウィンターブレイクに入りました。現在インテルとは勝ち点差3の2位。
勝ってれば首位だったんですけどねぇ。
2人加入するもののどちらも若手。即戦力ではない。
逆にパロスキをレンタルで出そうと思ってるんでどうしましょうかねぇ。

 

 

 

 

 

12月31日

CSKAモスクワのサイドアタッカー、ミロシュ・クラシッチ(24)を移籍金16億円で獲得。
爆発的なスピードを誇るアタッカー。現実世界でもミランが現在獲得を狙っている選手です。
CSKAがずっと28億円以上って言い張ってたんで嫌がらせもこめて16億円ってずっと言ってたら
分かったよ!って言われて16億円で獲得できました。
本気で獲るつもりはなかったんですけどね。将来性もあまりないですし。
でも粘って交渉してたらこんなに大幅に減額できることが嬉しかったですし
こういうスピード命的な選手はタイプ的にも面白いですからね。
パトやカカより速いそのスピードで頑張ってもらいたいです。

4年契約で年俸2億円。

 

 

更に同日。
バシャドリーのGKセルヒオ・アセンホ(19)を移籍金18億円で獲得。
スペインの次世代を担うGKでカシージャスの後継者とも言われてる選手。
潜在能力はピカイチな上に現在の能力もアッビアーティに劣ってないくらい素晴らしい。
この年齢ながら即戦力として頑張れる選手です。
向こう15年はGKの心配なし。そのくらいの逸材です。

GKはアッビアーティがいるので今シーズン終了後に加入するようにしました。
全然バリバリいけてるGKを冬に変えるのはあんまりよろしくないですからね。
レギュラーの座を掴んでるバシャドリーでそのまま経験を積んでもらいます。
4年契約で年俸2億2000万円で契約。

 

 

 

 

クリスマスプレゼント。
3人加入し、一人来シーズン加入内定者が決まりました。
それもこれも全部ベルルスコーニがお小遣いくれたおかげ。
78億円ありましたがもう14億円しか残っていません。
即戦力獲れよってファンに言われそうですけど。
ベルルスコーニにもっとお金出すように言ってください。

 

1月2日

ケアー、ワイナルドゥム、クラシッチが合流。
背番号はケアーが34番、ワイナルドゥムが30番、クラシッチが28番。

パレルモで全然出番がなかったケアー。
レンタルで出して経験を積ませたほうがいいんだろうか。
現在のミランはCBにカラーゼ、センデロス、マルディーニ、ボネーラの4人がいる。
アルベルタッツィもここで使える。こうなってくると出番ないだろうしなぁ。
冬に獲ったのはパレルモで出番がないから救出してあげたかっただけだし、
出番のありそうなチームに出すってのも一つの手。

そんなことよりワイナルドゥムをタイピングするのがメンドイな。

 

 

1月3日

今シーズンで契約が切れるフィリッポ・インザーギと1年間の契約延長で合意。
チーム得点王ですからね。それに年俸も約半額になりましたし。
7億2500万から4億円にまで減俸しました。
現在チーム最多の8ゴール。その内5ゴールはカップ戦ですけどね。リーグ戦では10試合で3ゴール。

 

1月4日

ヴァレーゼとの親善試合。5-0で快勝。

 

1月8日

ジュゼッペ・ファバッリ(37)がセリエBのトレヴィーゾへ移籍で合意。
移籍金は0円。ミランの傘下クラブと言うこともあってすんなり決まりました。
ファバッリの出番ありませんでしたからね。1試合だけ。若手もたくさん居ますから放出。
3億6000万円だった年俸が7500万円になったそうです。

 

バルセロナがロナウジーニョに興味を示してきた・・・。
自分らが放出した選手やん・・・。

 

 

 

 

1月11日  セリエA
        vs ナポリ (7/A)

 

怖いのは9ゴールをあげているラベッシ。やはりナポリと言ったらこの人が一番怖いか。
中盤にもマッジョやハムシクといった主力を揃えていて侮れない。

ミランはパトがまだ南米U20代表の大会に駆り出されたままなので4-3-2-1で臨む。
クラシッチが早速先発。ミランデビュー。

 

GK:アッビアーティ
DF:ザンブロッタ、センデロス、カラーゼ、ヤンクロフスキ
MF:セードルフ、フラミニ、ピルロ
   クラシッチ、カカ
FW:ボリエッロ

SUB:ジダ、マルディーニ、ボネーラ、ガットゥーゾ、アンブロジーニ、シェフチェンコ、インザーギ

 

やはりナポリの攻撃パターンはラベッシのドリブル突破とマッジョの右サイドからの攻撃ばかり。
しかしこれが効果的。ラベッシのドリブルはゴール前まで運ばれるしマッジョも突破力がある。

14分、ミランがCKを獲得、クラシッチが頭で叩き込んでミラン先制。
加入後初試合で初ゴール。幸先が良いです。
49分には、右サイドに流れたクラシッチがドリブルで持ち込むとそのまま切れ込んで決め2-0.
クラシッチはこれでドッピエッタ。

仕上げは87分、ヤンクロフスキのクロスに途中出場のインザーギが頭で合わせて3-0.

 

MOMはクラシッチ。加入直後の試合なのに素晴らしい活躍。
正直カカより良い。まあ毎試合こんな働きができるわけじゃないんですけどね。
最近さっぱりなくなったFWのゴール。決めてるのはピッポだけ。
いろいろ工夫してるんですけどね。まずはパトに帰ってきてもらわないと始まらない。
なんでU20の大会になんか行ったのだろうか。もうA代表に入ってるのに。

カラーゼは累積警告で次節出場停止。

 

 

 

 

1月17日  セリエA
        vs ウディネーゼ (3/H)

 

カラーゼが出場停止。ボネーラが先発。ケアーがベンチ入り。
ボネーラ以外は前節と同じ顔ぶれ。クラシッチに期待。

GK:アッビアーティ
DF:ザンブロッタ、ボネーラ、センデロス、ヤンクロフスキ
MF:セードルフ、フラミニ、ピルロ
FW:クラシッチ、ボリエッロ、カカ

SUB:ジダ、マルディーニ、ケアー、ガットゥーゾ、アンブロジーニ、シェフチェンコ、インザーギ

 

32分、ミランのCK、センデロスが頭で決めてミラン先制。センデロスはみらんで初ゴール。
48分にはセンデロスのスルーパスで抜け出したカカが冷静に決めて2-0.

89分、CKからクアリアレッラに決められ1点返される。

 

2-1で勝利。内容は際どかったかな。ウディネーゼのチャンスも多かったです。
でもそれ以上にミランがしっかりとボールをキープしポゼッションを高めていたので安心して見れました。

 

 

 

アーセナルがフラミニにオファー出してきた。
バルセロナがロナウジーニョにオファー出してきたりしてるし流行ってるのかな?

パロスキをウディネーゼにシーズン終了までレンタルで放出。
でもウディネーゼ前線の戦力揃ってるから出番なさそう。
ウディネーゼ以外からもオファー欲しかったな。
結局ミランでは10試合に出場してノーゴール。結果が欲しかった。
ウディネで修業して帰ってきてほしい。

 

 

1月20日

ブレーメンMFジエゴの争奪戦が勃発。数々のビッグクラブがオファーを出していました。
ちなみにミランはオファーを出していません。ジエゴ移籍金用のお金がありませんからね。

そしてどこに行ったかと言うと・・・。インテル・・・。セリエAでひたすらに走ってるのに超一流まで獲っちゃって。
もう追いつけないんじゃないだろうか。プレミアかリーガに行って欲しかったなー。

 

 

 

1月21日  コパ・イタリア準々決勝
        vs ウディネーゼ (A)

 

ウディネーゼ2連戦。相手はガチ。こちらはメンバー全員変更。
ロナウジーニョがとうとう復帰。

GK:ジダ
DF:マッザラーニ、マルディーニ、カラーゼ、サントン
MF:ワイナルドゥム、ガットゥーゾ、アンブロジーニ
FW:シェフチェンコ、インザーギ、ロナウジーニョ

SUB:アッビアーティ、ダルミアン、アルベルタッツィ、カルダシオ、アントニーニ、クラシッチ、ボリエッロ

 

50分、右サイドからのクロスにクアリアレッラが合わせてウディネ先制。
76分、ミランのCK、途中出場ダルミアンが頭で決めて同点。
85分、途中出場のティッソーネに決められ失点。

敗戦。まあ仕方ない。

 

 

 

南米U20チャンピオンシップ、ブラジルが優勝。
パトが最優秀選手賞を受賞。8試合に出場5ゴール。
ウルグアイ代表のビウデスが得点王に輝く。9試合に出場7ゴール。

やっとパトが帰ってきた。もうA代表の選手なんだからU20なんかで行くなよ・・・。
これからずっとこうやって呼ばれ続けるんかな。U21とかU23の大会とかに。

 

 

 

 

1月24日  セリエA
        vs パレルモ (9/A)

 

パトが復帰。ベンチ入り。コパに出たロナウジーニョはまだ調整出来てないのでベンチ外。
ワイナルドゥムがベンチ入り。カップ戦で動きが良かったから攻撃的な駒として。

 

GK:アッビアーティ
DF:ザンブロッタ、センデロス、ボネーラ、ヤンクロフスキ
MF:セードルフ、ピルロ、フラミニ
FW:クラシッチ、ボリエッロ、カカ

SUB:ジダ、カラーゼ、マルディーニ、ガットゥーゾ、ワイナルドゥム、パト、インザーギ

 

試合はホームのパレルモが延々攻め込む展開。
ミランは跳ね返すので精いっぱい。前へ運べない。

しかし22分、ファビオ・シンプリシオが激しいタックルをしてしまい1発レッドで退場。

それでもパレルモは試合の主導権を手放さない。
中盤でミランのプレスをかわし上手くシュートまで持っていく。
ミランはサイドから積極的にクロスを出すも誰にも合わない。そういう展開。
ただミランが徐々にパレルモゴールに近づいてるのも事実。

ミランは4-2-3-1にチェンジ。セードルフをトップ下に置く。
そして43分、右サイドに流れたセードルフのグラウンダーのクロスに走り込んだフラミニが決めてミラン先制。

55分、左サイドに流れたフラミニからパスをもらったピルロがミドルシュートを決め2-0.

 

2-0で勝利。相手が一人少なくなったというのになんとも接戦。
こういう試合はもっと楽に勝てないとやっていけません。
しかし今日のフラミニは良かった。攻撃参加が効果的。1得点1アシストは立派。

 

 

 

1月28日  セリエA
        vs カリアリ (20/H)

 

最下位カリアリとの試合。
20試合で5ゴールって異常ってレベルじゃないですね。どうすればここまで得点できないんでしょうか。

ミランはこの試合から4-2-3-1に近い4-4-2に変更。3ボランチから2ボランチにする。
現実のミランと同じシステムです。ロナウジーニョじゃなくてカカだけど。
怪我から復帰したロナウジーニョがベンチ入り。

 

GK:アッビアーティ
DF:ザンブロッタ、センデロス、カラーゼ、ヤンクロフスキ
MF:ピルロ、フラミニ、セードルフ
FW:パト、ボリエッロ、カカ

SUB:ジダ、ボネーラ、マルディーニ、アンブロジーニ、ロナウジーニョ、クラシッチ、インザーギ

 

17分、ピルロが直接FKを決めてミラン先制。直接FKがよく決まるなー。気持ちいい。
20分、左サイドに流れたボリエッロからのクロスを受けたザンブロッタが左足で決め2-0.
40分、ピルロのスルーパスで抜け出したザンブロッタが決めて3-0.ザンブロッタはドッピエッタ。
45分、ミランのCK、パトが頭で決めて4-0.久々のFWのゴール!

なんでカリアリがゴールできないか良く分かった。
FWまで一番後ろに戻って攻める気なし。どうせ負けるんなら攻めて負ければいいのに。

後半はミランがあまり攻め込まずずっとパスを回して試合を終わらせようとする。
カリアリも何ができるわけでもなく試合終了。最後は可哀想ですらあった。
監督変えて出直したほうがいいんじゃないかな・・・。

 

 

 

 

1月31日

冬のマーケットのシメとしてフルミネンセDFダウトン(18)を移籍金1億5000万円で獲得。
5年契約で年俸2400万円。焦って獲ることもなかったんでしょうけどせっかく獲得できる外国人枠が余ってるんでね。

潜在能力はネスタ級。何度もスカウトを派遣して確かめました。
すでにヘディング精度とジャンプ力は14ですしパワフルなセンターバックになれそう。
スピードもあるしテクニックも持ってる。チアゴ・シウバみたいな選手になりそうかな。
ちゃんと育て上げて主力として使えるようにしたい。

 

 

 

 

1月31日  セリエA
        vs トリノ (18/A)

 

シーズン前の公約。まあこのブログには書いてませんけど本ブログのほうでちょろっと言ってたこと。
カカとロナウジーニョを共存させる。やろうと思ってたけど最初はカカが怪我でいなくて
帰ってきたらロナウジーニョが大ケガしてずっといなかった。
やっとこ揃ってとうとう二人揃って先発です。
現実では絶対機能しない布陣。でもゲームなんだからね。

 

GK:アッビアーティ
DF:ザンブロッタ、ボネーラ、センデロス、ヤンクロフスキ
MF:カカ、ピルロ、フラミニ、ロナウジーニョ
FW:パト、ボリエッロ

SUB:ジダ、カラーゼ、マルディーニ、アンブロジーニ、クラシッチ、セードルフ、インザーギ

 

相手の攻撃は前線の3枚だけが主なのでシュートまで持ち込まれる場面はあるもののあまり怖くない。
その代り守備はしっかりしてる。

後半も前半の焼き回しみたいな内容。つまらない試合。
それでも後半ロスタイム、CKからボネーラが決めて試合終了。
土壇場のゴールでミランが勝ち点3を得た。

まあ正直面白くない試合。

 

 

 

 

 

1月終了。

 

現実であったら2強やばすぎって感じです。
ウチも運良く勝利したり頑張ってるんですけどインテルがまったくコケない。
もう優勝出来る気がしない。

 

 

 

 

っていうか現実で起こった移籍と同じことがゲーム内で起きてて怖いんですけど。
クリスティアーノ・ザネッティのヴィオラ移籍とかバリーのシティ移籍とか。

ちょっとこじつけですけどジエゴがセリエAにやってきたりルチョが移籍したり。

今シーズンの補強を見てみて。
やっぱり私は補強下手だなと思いました。
2009は移籍金前より安いんだからもっと即戦力獲れただろと。
若いのばっかり買ったってどうにもなんないですよね。
クラシッチ以外全員U20はちょっとやり過ぎのような。

育成しながら長く続けたいんですけどねー。
そういうのってミランでするより中堅クラブでそういうプレイしたいです。
たとえばアストン・ヴィラ。正直まだ未練あります。

でも今作楽しーなー。
戦術が悪いのかは分かりませんがFWがあまり得点してくれないのは微妙ですけど。
カカがいるからトップ下で使いたいんだけどおとなしく4-4-2にしようかな・・・。
そしたらもうちょっとFWのスペースも空くだろうし。
カカやロナウジーニョが守備に走ってるのって現実的じゃないですけど。

スポンサーサイト
  1. 2009/12/02(水) 06:56:58|
  2. FM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ミラン4 | ホーム | ミラン2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mirano1458.blog114.fc2.com/tb.php/114-f1a02f66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ミラコレ

Author:ミラコレ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。