ミラコレ-FM日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ミラン1

ミランで開始。文才ないんで箇条書きになっちゃうんですよねぇ。
もう少し作文的にやりたいと思うんですけど。
昔は作文検定とかあって合格してたんですけどね。

 

ミランのメンツを見てみて。
怪我人が多すぎる。シーズン始まる前から怪我人ばっか。
たしかに現実のミランは怪我人に苦しみました。そして完全リアルのこのゲームは忠実に再現されています。
シーズン始まる前からネスタ、センデロス、カカ、ボリエッロの4人は長期的に使えません。
チアゴ・シウバも使えるのは来シーズンからですし、正直陣容は厳しい。
でも頑張ってやりくりするしかないですね。
後年俸高すぎ。なんでみんなこんなに高いんだろうってくらい高い。
戦力外の選手をうまく放出していかなければなりません。

ま、始めますか。初プレイ、ぶっつけ本番なのでグダグダになっちゃうかも。
成績悪くて解任されないようにだけは気をつけよう。

 

 

「就任記者会見」

ミラー監督「子供の頃から憧れていたクラブだ。ミランで成功できると思っている。
        戦術面についてのアプローチは攻撃的にしていきたい。
        選手たちは私のことを尊重し信頼してほしい」

 

記者会見が長くなってました。2008は1個しか質問なかったのに2009では9つもありました。

 

ミラネッロに到着して最初にやることは戦力の把握。
選手の年俸が高すぎてなんと年俸予算をオーバーしている。
なので選手を放出しながら戦力を整えなければならない。

正直に言ってかなりメンツはヤバいと思う。
アンチェもかなり苦労してたんだな・・・。ゲームじゃなくて現実だしな・・・。

FWはボリエッロが怪我で居ないのでパト、インザーギの2枚のみ。
中盤はカカが不在。ロナウジーニョ、セードルフ、フラミニ、アンブロジーニ、ガットゥーゾ、ピルロが実質的な戦力か。
最終ラインはもっと厳しい。マルディーニ、ボネーラ、カラーゼ、ザンブロッタ、ヤンクロフスキ、アントニーニ。

こんなんでやっていけるのだろうか。

 

 

最初のお仕事。パルマからアルベルト・パロスキを6000万円で買い戻す。
共同保有ってなんか怖いんでね。あっちで成功したら足元見られて高額な移籍金要求されたくないですし。
またレンタルで出すか、あるいはそのままトップチームに残るか。
FWが居ないんでね。残る可能性は高いです。

と、思ったらシェフチェンコの存在をまるっきり忘れてた。
選手リストの一番下にいたから気付かなかった・・・。まあシェバには期待していませんけど。

 

次にエメルソンをサンダーランドへレンタルで送り出す。
買いとりオプションも付いてるので完全で獲ってほしいです。

 

キャンプも半ばに差し掛かってきたところで最初のプレシーズンマッチ。
気をつけることは怪我人を出さないこと。そこだけに気をつけていきたい。
初戦は格下相手に3-0で勝利。ピッポのゴールとシェバのドッピエッタ。

 

 

オリンピック代表に17歳のアルベルタッツィとパトが選ばれる。
怪我人も多すぎるし選手が居なさすぎる。親善試合もろくにこなせない。
ボネーラとダルミアンも負傷しているのでCBがマルディーニ、カラーゼ、ファバッリしかいない。

「アンブロジーニをCBで使うという私のアイデアも忘れてはいけない」

ヴァレーゼとの親善試合は前半でピッポのドッピエッタ、ザンブロッタのゴールで3-0にするも
後半にCBでコンビを組んだアンブロジーニとファバッリがグダグダで3失点して引き分け。
どっちもCBは本職じゃないですしね。補強しなきゃいけないかぁ。

誰かさんのアイデアは忘れよう。
でも補強は難しいんだよなぁ。来シーズンにチアゴ・シウバが加入しネスタが復帰するのが決まってますからね。

第3戦はロナウジーニョとシェバのドッピエッタで3-1の勝利。

第4戦、エバートンとの試合は1-2で敗戦。

第5戦、格下相手に4-0と大勝。試合が2008のときよりリアルになりました。見てて面白い。
3Dになったことでもっさり感は拭えませんが、動きがリアルなので以前よりおもしろい。

第6戦、ユベントスとのベルルスコーニ杯は0-0のドロー。怪我人が多数出る試合。

第7戦、バーゼルとの試合は1-0で勝利。ビウデスのごーる。

 

怪我人がヤバいです。故障者リストを覗いてみたらインテルもヤバかった・・・。
ミランは9人、インテルは12人。でもこっちのほうが重傷者多いですけどね。

第8戦、CSKAソフィアに2-0で勝利。ロナウジーニョとシェバのゴール。

第9戦、レフスキ・ソフィアに4-2で勝利。シェバのドッピエッタとピッポ、パロスキのゴール。

 

 

 

開幕直前号
「タソッティと対談コーナー」

本日は開幕直前ということでマウロ・タソッティアシスタントコーチに来ていただきましたー。
タソッティコーチとシーズンを展望していきたいと思います。

 

ミラー監督「どうもこんにちは」


タソッティコーチ「こんにちは」

ミラー「今まであんまり喋る機会ありませんでしたね」

タソッティ「そうですね。選手の獲得について積極的に話しかけたんですが」

ミラー「翻訳されてなくて何言ってるのか分かんなかった」

タソッティ「イタリア人のくせに・・・」

ミラー「ちゃ、ちゃんと翻訳機に掛けて調べたんだよ!大体は分かったけど結局何が言いたいのかわかんなかったけど」

 

ミラー「今日はそんな話をしたいんじゃないんだ。プレシーズンマッチも全て消化し、とうとうセリエAの開幕を迎えた」

タソッティ「初めての采配にも関わらず怪我人が多くて大変ですね」

ミラー「そうなんだよ。特に主力の離脱が痛い。ネスタ、カカーあたりは居ると居ないとでは天と地だ」

タソッティ「そんな中でプレシーズンマッチ、シェフチェンコとロナウジーニョが大活躍でしたね」

ミラー「ここだけの話、戦力として見てなかったシェフチェンコが9試合で7ゴールだ。
     ロナウジーニョも左サイドから積極果敢に攻め込んで4ゴールを上げている。
     シェバと2トップを組んだインザーギも4ゴールだ。
     そして期待の若手パロスキは控え組での出場も多かったこともあるだろうが1得点と冴えなかった」

タソッティ「FWはほかにボリエッロとビウデスが居ます」

ミラー「ボリエッロはまだまだ怪我で離脱している。ビウデスはまったく印象に残ってない。1ゴール決めたけど」

タソッティ「シーズンはどういう陣容でいくんですか?」

ミラー「悩んでるんだよ。オリンピックからパトも帰ってきたけど、どう使い分けるか」

タソッティ「パトはオリンピックで2ゴール決めてますね。ミランでも活躍しますよ。
       将来性はピカイチ。ゆくゆくはキープレイヤーとなってくれます」

ミラー「そうするとシェバとパトの2トップか」

タソッティ「シェフチェンコとパトの2トップに左サイドにロナウジーニョを置くと良いと思います。
       中盤はフラミニ、ガットゥーゾ、ピルロでどうでしょう」

ミラー「アンブロさんとか渋くて好きなんだけど・・・。セードルフもいるし・・・」

タソッティ「怪我人が出た時のために重要な選手です。現在もガットゥーゾが怪我で居ませんし」

ミラー「怪我人がちょこちょこ出続ける。ボネーラ、アンブロジーニ、ガットゥーゾ、インザーギと怪我が伝染していってる。
     幸い1週間もあれば治るものばかりだけど」

タソッティ「怪我には気をつけたいですね」

 

タソッティ「結局選手の放出はどうするんですか?」

ミラー「カラチの買い手がいない。エメルソンはサンダーランドへレンタルで放出した。
     パロスキをどうするかは考えてない」

タソッティ「パロスキは経験を積ませたほうが良いと思う反面、インザーギが不調になったときのために残しておきたいですね」

ミラー「そうなんだよ。ピッポもいつまでやれるか分かんないからな。これはほかのクラブの出方を伺うよ」

タソッティ「右サイドバックの獲得を考えているそうですね」

ミラー「それについて君が何か言っていたが何を言ってるのか分からなかった。
     オファーだしたって情報が漏洩したとかなんとか言ってた気がするけど
     そういうことをいちいち報告する必要性が分からないから結局何が言いたかったのか分からない」

タソッティ「気にしないでください。18歳でオリンピックイタリア代表に選ばれた
       ウディネーゼのアンドレア・マッザラーニくんを獲得するつもりなんですね」

ミラー「若手の獲得。レオナルドがこいつはザンブロッタになれるぜって言ってくれたから」

タソッティ「右サイドバックの若手にはマッティオーニが居ますけど。
       プレシーズンマッチでもなかなかの働きを見せました」

ミラー「選手は多いほうがいいじゃない。移籍金も3億4000万円と安いしさ」

タソッティ「もっと計画性をもって考えたほうがいいですよ。今後の補強案はあるんですか」

ミラー「ない。悩んでる。まず給与問題を片づけないといけない予算ギリギリ使ってる」

タソッティ「対策は?」

ミラー「来期選手がいっぱいいなくなるから大丈夫でしょ!」

(マルディーニ引退、ファバッリ、シェバ、エメルソン?カラチ退団)

 

 

 

 

18歳マッザラーニ君が加入。

 

 

 

「開幕戦前日記者会見」

ミラー「開幕が待ち遠しいよ。
     優勝するのはミランだ。
     ミランの躍進にはセードルフの活躍が必要なのは同意。
     ミッコリはたしかに驚異的な選手だが、カラーゼが対応してくれるよ。
     ピルロが新しい挑戦をしたがっているが認めない。彼はプロジェクトの中核にいる」

質問が多い。13個もあった。楽しいけどサクサク進まないな。

 

 

8月30日  セリエA
        vs パレルモ(H)

ボネーラとボリエッロが出場停止処分。って言ってもボリエッロは怪我ですけど。
開幕なので攻撃的な布陣。

 

GK:アッビアーティ
DF:ザンブロッタ、マルディーニ、カラーゼ、ヤンクロフスキ
MF:ピルロ、アンブロジーニ、セードルフ
FW:シェフチェンコ、パト、ロナウジーニョ

SUB:ジダ、ファバッリ、アントニーニ、カルダシオ、フラミニ、マッザラーニ、パロスキ

 

11分、パトがDFケアーに倒されてPK獲得、シェフチェンコが冷静に決めミラン先制。
19分、ロナウジーニョがタッチラインから切り込むとそのまま持ち込んで決めて2-0.キレが良すぎ。

後半、打撲を負ったシェバに代えてパロスキ投入。
更に負傷したザンブロッタに代えてマッザラーニ。

65分、ミランのCKの場面、カラーゼが頭でねじ込んで3-0。

 

正直ね、親善試合もそんなに良いと思わなかったし行き先不安だったんですよ。
でも幸先よくスタートできました。

ただ、怪我が多い。シェフチェンコとカラーゼが2週間の離脱。ザンブロッタが1週間の離脱。
どおしてくれるん。こんなんシーズンやってけんやん。

 

 

 

 

代表。
アッビやボネーラも選ばれてますね。
期待してるのはパロスキ、マッザラーニ、アルベルタッツィ、ダルミアンの年代別代表たち。

更にロナウジーニョとパトがブラジル代表に招集
ヤンクロフスキとセードルフも召集されました。

 

 

移籍期限最終日にインテルの17歳ダビデ・サントンを9億円で獲得してしまいました・・・。
一番のライバルチームから選手を引き抜くとは・・・。
いや自分でもこの交渉がまとまってなんか微妙な気分になってます・・・。
獲れると思わなかったけど獲れちゃった。
でも来たからにはミラニスタになってもらいます!
ちょうど好きなクラブもないようなのでミランを好きになってもらいたいですね。

将来性は抜群。イタリア代表のサイドバックに定着できる選手です。

 

 

ジダが練習中に指を骨折。1か月以上の離脱。
ちょっと怪我人多すぎるよ。どうすればいいんですか!練習ぬるくするか・・・。

更にパトがすねを故障し専門医が登場。もうやめてー!

U21の試合でパロスキがドッピエッタの活躍。

 

 

   

昨季
出場数
昨季
ゴール数
 
8年目GK.12アッビアーティ3121試合 アトレティコマドリーから復帰
8年目GK.1ジダ3413試合  
4年目GK.31カラチ3525試合  
        
31年目DF.3マルディーニ4017試合1ゴール 
3年目DF.25ボネーラ2721試合  
9年目DF.4カラーゼ3032試合  
7年目DF.13ネスタ3229試合1ゴール重傷、復帰は冬以降
期限付DF.24センデロス2317試合2ゴールアーセナルから期限付
3年目DF.19ファバッリ3626試合  
新加入DF.15ザンブロッタ3129試合 バルセロナから16億円で獲得
4年目DF.18ヤンクロフスキ3114試合  
3年目DF.77アントニーニ2632試合 エンポリから復帰
新加入DF.27マッザラーニ180試合 ウディネーゼから3.4億円で獲得
新加入DF.17サントン170試合 インテルから9億円で獲得
        
10年目MF.8ガットゥーゾ3031試合1ゴール 
13年目MF.23アンブロジーニ3133試合4ゴール 
新加入MF.16フラミニ2430試合3ゴールアーセナルから自由移籍で加入
8年目MF.21ピルロ2933試合3ゴール 
新加入MF.80ロナウジーニョ2817試合8ゴールバルセロナから38億円で獲得
6年目MF.22カカ2630試合15ゴール 
7年目MF.10セードルフ3232試合7ゴール 
        
2年目FW.7パト1918試合9ゴール 
4年目FW.11ボリエッロ2635試合19ゴールジェノアから復帰
8年目FW.9インザーギ3521試合11ゴール 
4年目FW.43パロスキ187試合2ゴール 
期限付FW.76シェフチェンコ3117試合5ゴールチェルシーから期限付
        
6年目DF.36ダルミアン180試合 イタリアU19代表
2年目DF.56アルベルタッツィ170試合 イタリアU23代表(オリンピック代表)
期限付DF.2マッティオーニ1913試合  
新加入MF.14カルダシオ2016試合 ウルグアイU20代表
新加入FW.20ビウデス1927試合3ゴールウルグアイU20代表

 

 

 

9月13日  セリエA
        vs カリアリ (A)

2戦目。マッザラーリが初先発。サントンもベンチ入り。
体調が整ってる人でベンチを組んだが酷過ぎる。サイドバックばっか。

GK:アッビアーティ
DF:マッザラーニ、ボネーラ、マルディーニ、ヤンクロフスキ
MF:ピルロ、アンブロジーニ、フラミニ
FW:セードルフ、インザーギ、ロナウジーニョ

SUB:カラチ、ファバッリ、アントニーニ、サントン、マッティオーニ、ザンブロッタ、パロスキ

 

10分、セードルフのクロスに反応したインザーギのシュートはGKマルケッティが弾く。
19分、FKからボネーラのヘッドはクロスバー直撃。

36分、右サイドからのスローイン、受けたアンブロジーニが逆サイドへ展開すると
受けたヤンクロフスキがダイレクトでミドルシュートを沈めミランが先制。

44分、アンブロジーニからスルーパスを受けたロナウジーニョがニアサイドを狙い澄まして決め2-0.
ロナウジーニョ活躍しすぎてなんだかなぁ。ドリブルはゴリゴリ抜けるわ、パスは巧いわ、決定力あるわ。

61分、アゴスティーニが1発レッドで退場。
アントニーニ、サントン、パロスキを投入。

 

危なげなく勝利。インザーギ、パロスキのシュートがほとんどない気がする。

 

 

 

9月18日  UEFAカップ
        vs Brann (H)

シェフチェンコを登録するの忘れてました。一番下だったから気付かなかった・・・。
センデロスがベンチ入り。カカーが練習に復帰。

 

GK:アッビアーティ
DF:マッザラーニ、ボネーラ、カラーゼ、サントン
MF:ピルロ、アンブロジーニ、フラミニ
FW:セードルフ、インザーギ、ロナウジーニョ

SUB:カラチ、センデロス、アントニーニ、ザンブロッタ、ヤンクロフスキ、ガットゥーゾ、パロスキ

 

14分、ロナウジーニョのミドルシュートは枠のわずかに右。
18分、セードルフのミドルシュートはクロスバー。

28分、ロナウジーニョからパスを受けたインザーギが決めミラン先制。


HT、インザーギに代えてパロスキ。

49分、サントンのミドルシュートはクロスバー。
53分、アンブロジーニのシュートはポストに当たるも跳ね返ったボールをサントンが詰めて2-0.
サイドバックがここまで突っ込んでくるって凄いな・・・。でも楽しい。

 

一方的な試合。でも2点しか取れなかった。

 

 

 

9月21日  セリエA
        vs トリノ (H)

第3節。相手も怪我人が酷い。アバーテ、ロジーナ、ロランド・ビアンキ、チェーザレ・ナターリ。主力ばかり。
ボリエッロが練習に復帰。カカはセンデロスと共にプリマヴェーラの試合に1試合出したいと思います。

 

GK:アッビアーティ
DF:ザンブロッタ、ボネーラ、マルディーニ、ヤンクロフスキ
MF:アンブロジーニ、ピルロ、フラミニ
FW:シェフチェンコ、パロスキ、ロナウジーニョ

SUB:カラチ、センデロス、カラーゼ、アントニーニ、ガットゥーゾ、セードルフ、インザーギ

 

7分、左サイドに流れたパロスキのクロスにシェフチェンコが合わせてミランがあっさり先制。
17分、ミランの右サイドからのスローイン、ロナウジーニョが逆サイドへ出すと上がっていたマルディーニが決め2-0.
前半ロスタイム、ロナウジーニョがエリア内でディアナに倒されPK獲得、シェバが狙うもクロスバー直撃。

86分、ミランのCKの場面、アンブロジーニが頭で豪快に決め3-0.

 

ネスタがおらず、サイドバックもかなり攻撃的にしてるのに失点しないなぁ。
プレマッチでは守備酷かったんですが、その酷かった時ってCBがファバッリとアンブロとかだったからな。

 

 

 

 

9月24日  セリエA
        vs ジェノア (A)

第4節。過密日程で選手のコンディションがどんどん落ちてる。

 

GK:アッビアーティ
DF:マッザラーニ、ボネーラ、カラーゼ、サントン
MF:ガットゥーゾ、ピルロ、セードルフ
FW:シェフチェンコ、インザーギ、ロナウジーニョ

SUB:カラチ、マルディーニ、ヤンクロフスキ、アントニーニ、アンブロジーニ、フラミニ、パロスキ

 

1分、ガットゥーゾから左サイドでパスを受けたロナウジーニョが切り返して中央へ切り込むと
そのまま右足で決めミラン先制。活躍しすぎ。
24分、ロナウジーニョからパスを受けたインザーギのシュートはGKがファインセーブ。

31分、ジェノアの左サイドからのスローインから最後はヴァンデン・ボーレに決められ失点。

 

時間もなくなり苦しくなってきた86分、パロスキとのワンツーで抜け出したインザーギが決めミラン勝ち越し!

 

 

 

 

9月27日  セリエA
        vs ラツィオ (16/H)

選手がかなり疲れやすくなってるような気がしないでもない。
こんなもんだったかな?1週間で2試合ずつ続いてるけど選手のコンディション回復が遅い

 

GK:アッビアーティ
DF:マッザラーニ、ボネーラ、カラーゼ、ヤンクロフスキ
MF:アンブロジーニ、ピルロ、フラミニ
FW:セードルフ、インザーギ、ロナウジーニョ

SUB:カラチ、マルディーニ、サントン、アントニーニ、ザンブロッタ、シェフチェンコ、パロスキ

 

前半2分、ロナウジーニョが負傷退場。パロスキを投入。

 

酷いワンサイドなゲーム。しかし決めきれずにスコアレスドローになったんですからもっと酷い。
今日はパロスキにいいボールが集まって決定機が多かったんですけどね。決めきれませんでした。
ポストやGKにことごとくセーブされてしまいました。

そして負傷退場してしまったロナウジーニョ。ふくらはぎの肉離れで全治3か月から4か月と診断されてしまいました。
ここまで絶好調で6試合で3ゴール決めてたんですが・・・。
カカがそろそろなんとか復帰できそうなのがせめてもの救いですが。
現在はパトもすねの故障で不在ですし前線は辛い状況。

 

 

 

 

9月終了。
現在はセリエA第5節を終了し4勝1分け、インテルと同じ勝ち点で首位です。

カカ、ボリエッロ、センデロスは復帰しました。
その代りにロナウジーニョが長期の離脱。パトはすぐに復帰できると思います。

 

第1話のベスト11

GK:アッビアーティ
DF:マッザラーニ、ボネーラ、カラーゼ、ヤンクロフスキ
MF:アンブロジーニ、ピルロ、セードルフ
FW:セードルフ、インザーギ、ロナウジーニョ

はたしてこの企画に意味があるのかは分かりませんがとりあえず。

 

プレイ感想

楽しい。ドリブルでの仕掛けがよりリアルになったと思う。
前は相手がいようがいまいが微妙な攻めでした。
でも圧倒的なワンサイドゲームになってしまう傾向は治ってないみたいです。
おそらく前作同様格上相手にはまったく攻めてこないって感じなんでしょうかね。

あと移籍金が馬鹿げた金額じゃなくなってるような気がします。
10億円を超えた移籍金で移籍した選手は今夏11人しかいませんでした。
まあこればっかりは次の夏を見てみないと分かりませんけどね。
でもマンチェスター・シティだけは異常で3人獲得するのに120億円使ってましたけど。
まあシティですし。バリーに52億円、ジルコフに50億円、バレンシアに21億円。凄い。

私が獲得した2選手も将来有望なのにあの金額でしたからやっぱり移籍金に関してはだいぶ下がってるみたいです。

その代り年俸がかなり上がってる気がする。全体的に年俸が高い。
特にバイエルンの18歳CBブレーノなんて8億円ももらってますよ。
18歳で8億円はないっしょ。全体的にかなり高いと思います。
ミランのフラミニも9億2500万円もらってますよ。
現実では400万だか500万ユーロだから高くて7億いくらだと思いますけど。

 

まあいろいろ言いましたが2008よりおもしろい。
後は翻訳しきれてなくてたまに英語が出てくるんで完全日本語版出してくれればね。
セガさん頼みますよ。って言ってももう出すつもりないんでしょうけど。

スポンサーサイト
  1. 2009/11/18(水) 16:44:12|
  2. FM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ミラン2 | ホーム | 2009>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mirano1458.blog114.fc2.com/tb.php/112-8cfc8925
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ミラコレ

Author:ミラコレ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。