ミラコレ-FM日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヴィラ2

バリーが週間ベスト11を受賞。

発見。自チームと関係ない試合でたとえば Roma VS Real Madrid とあったら
VSの部分をクリックしたらその試合を観戦できるみたいです。新発見。
とりあえずCLのローマ対レアルマドリー戦を観戦。

あまりおもしろい試合ではなかった・・・。

 

 

9月23日  プレミアリーグ
        vs Blackburn (A/13)

現在13位のブラックバーンとの試合。オーイエルが出場停止。
ネルセン、ダン、リードなどが怪我で不在。ネルセンが居ないのは大きい。
このCBは素晴らしい選手ですからね。ニュージランド代表とクラブと両方でキャプテンを務めてます。
ロケ・サンタクルス、マッカーシー、ベントリー、ペデルセンの攻撃陣にやられないように注意が必要。

スタメンはまったく弄らず。1週間に1試合ですからほんと楽。控えを大幅に変更。
それはそうとカーリングカップ3回戦の相手がブラックバーンなんですよ。
しかも試合日は次のミッドウィーク。1週間で同じとこと2連戦・・・。
まあ1週間で3連戦とかいう例もありますから不思議ではありませんけどね。

GK:カーソン
DF:メルベリ、ナイト、デイビス、カプアーノ
MF:ガードナー、レオ・コーカー、バリー、マロニー
FW:アグボンラホール、ヘアウッド

SUB:テイラー、ラウルセン、ロペス、ペトロフ、カリュー

 

試合開始。
俊足アグボンラホールにサンバがマークについてる。サンバは屈強で素晴らしいDFですがアグボンのスピードについてこれるか。
1分で早速サンバがイエローカードをもらう。
3分、ヴィラがFK獲得、レオ・コーカーのロングシュートはDFにぶつかりボールがこぼれる。
マロニーがシュートを狙うもクロスバーに直撃。しかし最後はバリーが泥臭く詰めて決めヴィラが先制。
週間ベスト11男が今日も先制ゴールを奪いました。

7分、アグボンラホールが下がってボールをもらったりする。
レオ・コーカーがボールを受けた瞬間にアグボンが前線へダッシュ。DFのサンバはついていくことができず。
レオ・コーカーから良いパスをもらったアグボンが決め追加点をあげる。4分間で2ゴールと絶好調です。

楽勝ペースかと思われたが次第にブラックバーンが攻め込む場面が増えてくる。
ギリギリのところでシュートこそは打たせないもののカーソンの飛び出しやDFのギリギリのタックルがなかったら危ない感じ。

 

後半も流れが良くなることはなく攻め込まれる。
さすがに危機感を覚えるのでアグボンラホールに代えてペトロフ投入。
中盤を厚くしてどうにかしてもらう。
それでも好転しないのでラウルセン投入。鉄壁の5バックに変更。
リーグ1では完璧に通用しましたがプレミアレベルだとどうなるか。
と、また指示中にFKから途中出場のダービシャーに決められ1点差。
やべぇ・・・。っていうか途中出場の選手に決められすぎだろ・・・。

途中出場のカリューでカウンターを狙いながら残り時間を耐える。
メルベリ側から攻め続けられピンチを迎えるもなんとか防ぎ2-1で勝利。
プレミアの最後のカウンター合戦はいつ見ても心臓に悪い。

この勝利で4位に浮上。CL圏内!

 

 

次から画像の画質を良くしようかなと考えています。
今週もバリーが週間ベスト11を受賞。他にCBのナイトも受賞しました。
ナイトはミランダが怪我で居なくなってからレギュラーですけど本当に良い。
もともとはレギュラー候補だったんですけどね。ミランダ獲得し、あとはカバー役としてデイビスを起用してました。

 

 

9月26日  カーリングカップ3回戦
        vs Blackburn (A)

まったく嬉しくない2戦連続で同じ相手。いろんな選手と触れ合いたいというのに・・・。
スタメンは若干落とし気味。でもフロントは準々決勝まで勝ち上がってほしいって言ってるんだよなぁ。
めんど・・・。

GK:テイラー
DF:ロペス、ナイト、ラウルセン、ボウマ
MF:オズボーン、バリー、ペトロフ、A・ヤング
FW:アグボンラホール、カリュー

SUB:カーソン、デイビス、ガードナー、ルートリッジ、ムーア

 

10分、アシュリー・ヤングが左サイドから切れ込むとアグボンラホールへラストパス、
フリーのアグボンラホールが冷静に決めてヴィラ先制。
アシュリー・ヤングの使い方を変えてみたら早速はまりました。中に入れ中に入れと指示。点取ってほしい。
39分にアシュリー・ヤングの浮かしパスを受けたカリューがニアサイドを撃ち抜き2-0.

51分、バリーのヘディングミスを拾われカウンターをくらう。
最後はフリーになったマッカーシーに冷静に決められ1点差。
70分、ブラックバーンのCKからCBのサンバに頭で決められ同点にされてしまう。

延長突入。相手はホームという地の利を活かして攻め込み続ける。
なんかカップ戦ということもあって身が入らない。
ぼけーっと観戦。最後はカウンター合戦。どちらも決めきれずPK戦突入。

1人目ペトロフ成功。ペデルセンも成功。
2人目カリュー成功。ダービシャーはテイラーがセーブ。
3人目バリー成功。ベントリーも成功。
4人目ムーアはGK真正面で失敗。トゥガイが決め同点。
5人目ガードナー成功。オーイエルも成功。
6人目ロペスはGKフリーデルにセーブされる。マッカーシーが決めブラックバーンが勝ち抜け。

あーあ。負けてしまった。フロント大激怒だろうな。
私としては日程が楽になって嬉しいんですけど。イングランド人のカップ戦に対する価値観はそうとう高いですからね。
画像の画質もまったく変わらなかったしガッカリ。

全然身を入れずに見ましたが何気に好ゲームだったと思います。あくまで“プレミア的”ですけどね。
カウンター合戦。ひやひやしっぱなし。

 

 

ミランダが練習に復帰!

 

 

9月29日  プレミアリーグ
        vs Newcastle (H/12)

思わぬ延長で心身ともにズタボロの状態で迎えた試合。120分戦ってから2日間しかたっていません。
でも次はまた1週間後とミッドウィークに試合がないので少し無理をしてでも勝ちに行く。

バリーはベンチ。一番疲れてる選手ですが、当然途中から出すつもりです。

ダフとホセ・エンリケが負傷中のニューカッスル。
それでも攻撃陣は豪華です。オーウェンは現在リーグ戦6試合で5ゴールと絶好調。
マルティンスやヴィドゥーカも控えてますが、夏に20億円で補強したヴァグネル・ラヴも怖い存在。
他にもフェルナンド・メイラやマシュー・デルピエーレなどを補強し総額49億円を使っています。
サイドアタッカーのミルナーも注意が必要です。現実ではヴィラに移籍してきましたね。
獲ろうと思ったのですが、高い。

この試合から少し戦術を弄る。細かいところですけどね。
サイドの選手とかいろんな選手に創造性を持たせてプレーさせる。
自由に楽しくサッカーしろと指示。どうなるかは不明。

GK:カーソン
DF:メルベリ、ナイト、デイビス、カプアーノ
MF:ガードナー、レオ・コーカー、マロニー
FW:アグボンラホール、ヘアウッド、A・ヤング

SUB:テイラー、ラウルセン、バリー、ルートリッジ、カリュー

 

前半からオーウェンの飛び出しに手こずる。
オーウェンがカプアーノの裏を抜け出すとデイビスとナイトが引っ張り出される。
すると中ではマルティンスとメルベリの一騎打ち。守備は抜群のメルベリでよかった・・・。

19分、アグボンラホールがスルーパスで左サイドから抜け出すと、クロスをあげる。
そのクロスは相手DFにヘディングされるもこぼれ球に自ら詰めたアグボンラホールがなんとか押し込みヴィラが先制。
アグボン大先生のおかげで今日も先制。8試合で6ゴールって化け物すぎる。
相手にワンダーボーイが居ますが、アグボンが新ワンダーボーイです。
ワンダーボーイの再来はベンチ外・・・。

ちなみにゴールシーン直前に指示を出すとその戦略が読み込まれるときにリプレイが省略されるんですよ。
これが地味に痛いバグ。リプレイ見たいよ・・・。試合後プレミアリーグハイライト見ますけど。

26分、アシュリー・ヤングのスルーパスで抜け出したアグボンラホールが決めて2ゴール目!
得点王一直線!

 

前半終了。
結構戦術ハマったと思います。ただ攻撃的にした分守備がやばい。
まあプレミアは攻めてナンボ。殴り合おうぜ!
あと、オーウェンがやばい。いやらしすぎる。ネチネチと急所ばかり攻めてくる。
的確に攻められたくないところばかりにいる。変態だ。

アグボンは点こそ取るけど流石にあそこまで良い動きはできていない。
まあこれは経験でしょうね。まだ20歳。これから。

後半になるとニューカッスルの猛攻が始まりまったくボールをキープできないのでバリー投入。
中盤を落ち着かせる。
それでも戦況はまったく変わらないのでガードナーを下げてラウルセン投入。5-4-1に変更。
そしたらオーウェンが足の遅いラウルセンのところを責めてきた。
この変態をどうにかしてください・・・。

ヘアウッドが決定機を決められない。
それでも5バックにしたことでニューカッスルは思うように攻められない。
ラウルセンのとこ攻められてもきっちりナイトがカバー。
っていうかナイトの守備が本当に凄い。ミランダ獲らなくて良かったかも。
ミランダ自体も優れたDFですし、層が厚いことはいいこと。
ミランダ復帰したらミランダ、ナイトでいこうかなぁ。
それともナイト、デイビスのままでミランダを右サイドバックとして育成とか。
うーん、ミランダの才能がもったいないなぁ。

試合終了。2-0で勝利。評価点も今日活躍した選手がきっちり高評価。
アグボンが2ゴールでMOM、オーウェンをなんとか封じ込んだナイトが8、オーウェン主体の攻撃を防いだカーソンも8。
あとは攻撃のキーマンだったアシュリー・ヤングも8点ですね。
アシュリー・ヤングはサイドとして使ったらいつも評価点が低いんです。
なので今日はセンター付近でプレーさせてみたらある程度当たりましたね。

 

 

アグボンラホールが8試合で7ゴール。得点王ランキングも上昇!
得点王一直線!と思ってたらアデバイヨルが8試合で10ゴール。ルーニーが8試合で11ゴール。
決めすぎやろ・・・。

アグボンラホールとナイトが週間ベスト11に選出される。
アグボンラホールが9月の若手月間最優秀選手賞を受賞。4試合で4ゴールを決め選ばれました。
2か月連続の受賞は凄い。

 

 

10月6日  プレミアリーグ
        vs Derby (A/20)

8試合でまだ勝ち点を1も得れていないダービーとの対戦。
落とせません。絶対に。

ヘアウッドは最近からっきしなのでカリューを先発。リーグ戦は開幕戦以来の先発。
ペトロフも初先発。怪我から復帰したミランダがベンチ入り。ボウマも久々の先発。

得点力のまったくないダービー。夏にルーマニア代表GKロボントを獲得しています。
ユーロ2008でブレーク?大ヒットしてましたね。
あのあとどこかに引き抜かれたかと思ってましたが、ルーマニアの強豪、ブカレストに残留しているみたいです。
その前はフィオレンティーナやアヤックスにも所属していました。

GK:カーソン
DF:ロペス、ナイト、デイビス、ボウマ
MF:ペトロフ、レオ・コーカー、バリー、マロニー
FW:カリュー、アグボンラホール

SUB:テイラー、ミランダ、カプアーノ、アシュリー・ヤング、ヘアウッド

 

1分、バリーのスルーパスで抜け出したアグボンラホール。
マークについたのはリーコック。しかし実力の違いを見せつけるように突き放すと軽々と決めヴィラ先制。
アグボンラホールがやばすぎる。リバプールから注目され始めた・・・。フロントが売りませんように・・・。
得点後にアグボンラホールがユニフォームを脱ごうとしたのですが、審判が目に入ってやめたそうです。
そんな細かいことまでやってくるなんてさすがFM・・・。

7分、ペトロフが直接FKを決め追加点。大量点が入りそうだ。
13分、ヴィラのCK、こぼれ球を拾ったナイトからパスを受けたペトロフが遠目からミドルシュートを叩き込み3-0.

39分、カウンターからあっさり決められ1点返される。
それにしても3点差ついてから相手の当たりが激しくなってきた。怪我する。

44分、マロニーが直接FKを決め4-1.下部リーグプレイだとほとんど決まらなかった直接FKが決まるから嬉しい。

相手は試合度外視でこっちの選手を壊しに来てる・・・。カリューとペトロフが怪我しました。
75分にミランダ投入。久々の復帰。

 

試合終了。相手のイエローカードの枚数が・・・。
それにしても半分戦力外扱いだったペトロフの2ゴールで勝利。
まあ実力があるのは分かってましたが、給料や若手の台頭により放出しようとしてたんですけどね。
売れなかったのでずっと控えでしたが、先発で使ってみたらやっぱ実力はありますね。

そのペトロフは診断の結果足のしびれで全治1週間。たいしたことなくて良かったです。

 

 

バリーに関する移籍の噂のインタビューばっか来てうぜぇー!
バリー本人も移籍するつもりはまったくなくヴィラを愛してると発言。
私もバリーは一生ヴィラに残るよと毎回コメントしてるのに同じ質問ばっかしすぎ。
もっと別の質問して!

それにしてもバリーがビッグクラブに挑戦したいとか言わなくてほんと良かった。

 

 

10月17日のイングランド対ロシアでアグボンラホールとカーティス・デイビスが代表デビュー。
左サイドバックのボウマと年俸1億8000万円で2011年までの契約延長で合意。
残契約が今シーズンまでだったので延長。年俸は5000万円アップです。

 

 

10月20日  プレミアリーグ
         vs Birmingham (H/19)

1勝1分け7敗のバーミンガムとの試合。
怖い選手はマクファーデンくらい。

ミランダは代表ウィークでまったくの試合経験不足に陥ったのでベンチ。
途中から出す可能性が高いです。そしてミッドウィークにあるリザーブマッチで先発させて試合勘を取り戻させます。

さあ、ダービーですよ。バーミンガム・ダービーです。
でも正直実力差は歴然としていると思ってます。ぶっつぶしてやりますよ。

GK:カーソン
DF:ロペス、ナイト、デイビス、カプアーノ
MF:ガードナー、レオ・コーカー、バリー、アシュリー・ヤング
FW:カリュー、アグボンラホール

SUB:テイラー、ミランダ、ボウマ、マロニー、ヘアウッド

 

5分、アシュリー・ヤングからパスをもらったカリューが冷静に決めヴィラ先制。
20分、アシュリー・ヤングからフリーでパスをもらったバリーがエリア外からミドルシュートを決め2-0.
33分、相手のクリアミスを拾ったアシュリー・ヤングが決め3-0.
1ゴール2アシストと完全にアシュリー・ヤングデーになっています。
39分、ヴィラのCK、ナイトからパスを受けたバリーが決め4-0.

60分、アグボンラホールのスルーパスで抜け出したアシュリー・ヤングが決め5-0.
楽な展開なのでアグボンを下げてミランダ投入。

試合終了。アシュリー・ヤングが2ゴール2アシストと大爆発。
マンUが引き分けたため3位浮上。首位アーセナルも引き分けたため首位との勝ち点差が4につまる。
ダービーなのに一方的になってしまいましたね。
アシュリー・ヤングは期待に応えてくれた。

 

バリーとナイトが週間ベスト11に選出される。
いつものメンツ。アシュリー・ヤングが選ばれなかったのが疑問。

 

 

守護神カーソンが突き指。数日で完治しますが様子を見てほしいそうです。
次の試合はテイラーがゴールマウスを守るかもしれません。
ソーレンセンは無いです。

 

 

10月28日  プレミアリーグ
         vs Manchester United (A/4)

現在4位のユナイテッドとの試合。アウェーマッチなのでなんとか勝ち点1は持ち帰りたい。
でも引き分けなんか狙わず攻めていきますけどね。

パクチソンとギャリー・ネヴィル、キャリックが怪我で不在。
それでも10試合で13ゴールのルーニーやクリスティアーノ・ロナウドなど豪華な陣容。

GKはテイラーが先発。ミランダはコンディションが良くないのでベンチ外。今日もナイト、デイビスのコンビ。
ペトロフが戦列に復帰。先発起用。リザーブマッチでルートリッジが退場し出場停止。まあ関係ない。

GK:テイラー
DF:ロペス、ナイト、デイビス、カプアーノ
MF:ペトロフ、レオ・コーカー、バリー
FW:アグボンラホール、カリュー、A・ヤング

SUB:ソーレンセン、メルベリ、ガードナー、マロニー、ヘアウッド

 

GK:ファンデルサール
DF:オシェイ、ブラウン、ファーディナンド、エヴラ
MF:ハーグリーブス、フレッチャー
MF:ロナウド、アンデルソン、ギグス
FW:ルーニー

ユナイテッドはこのようなメンバー。レオ・コーカーをアンデルソンに徹底的にマークさせる。
中盤の高い位置でまともにプレーさせない。

 

3分、左サイド駆け上がったカプアーノのクロスの場面でレオ・コーカーがエヴラに倒されPK獲得。
ペドロ・ロペスがPKを狙うも一度はファンデルサールに弾かれるがロペスが冷静にこぼれ球を押し込みヴィラ先制!

13分、マンUのCK、ブラウンが頭で合わせるも枠のわずかに右。
20分、またもやマンUのCK、ブラウンが再度合わせると今度は豪快に決まり同点にされる。
その後もマンUペース。前半はずっと押されっぱなし。ギリギリのところでなんとかこらえる。

点のほしいファーガソン監督は後半早々からハーグリーブスに代えてテベス投入。4-4-2に変更。

カリューのシュートはファンデルサールがファインセーブ。
その直後の57分、ロナウドのクロスからテベスがバイシクルで決めマンUがとうとう逆転。
こんなの決められるとか不運すぎる・・・。
その後もマンUの猛攻にさらされながらなんとかカウンターで一矢を報いようと奮闘する。

完全にカウンター狙い。90分、途中出場ヘアウッドがヴィディッチをかわすとすぐさまシュート。
何本もいいシュートを止めていたファンデルサールだったがこれは止めきれず土壇場で同点。

試合はそのまま終了。ヴィラのヘアウッドの劇的ゴールでアウェー、ユナイテッド戦を引き分けに持ち込んだ。
開幕と同じくまたもやヘアウッドのロスタイムゴール。
当り前のことだが、マンU強い・・・。ルーニーの動き方がやばすぎてナイトとデイビスが翻弄されてた。
シュート8本も打たれました・・・。でも1本も決めれなかったせいで評価点6.少し可哀想。

そしてナイトが今日も評価点8。
平均評価点ランキングは1位がアデバイヨル(8.10)、
2位アグボンラホール(7.91)に次いでの3位ナイト(7.75)です。
つまりプレミア最強のDFってことですね。まあこのペースをキープできるってわけではないですが、
カペッロさん、うちのナイト素晴らしいですよ。
ファーディナンド、ジョン・テリー、カーティス・デイビス、ウッドゲートの代わりはここに居ますよ。

 

 

DFのナイトが週間ベスト11に選出される。毎週選ばれてる・・・。
10月の若手月間最優秀選手にアグボンラホールが選ばれる。3試合で1ゴール。これも毎月選ばれてる・・・。

 

 

11月3日  プレミアリーグ
        vs Wigan (H/17)

前節マンUとなんとか引き分けたので良い流れで進みたい。
そんなところで17位のウィガン戦。しかもホーム。これはぜったい勝ちたい。
来週はアウェーでチェルシー戦だ・・・。

GK:テイラー
DF:ロペス、ナイト、デイビス、ボウマ
MF:ペトロフ、レオ・コーカー、バリー、A・ヤング
FW:ヘアウッド、アグボンラホール

SUB:カーソン、ミランダ、ガードナー、マロニー、ムーア

 

ウィガンが高い位置から守備をしてこちらの可能性のないロングボールをカットしてボールをキープしている。
それでも25分、エリア左から突破したA・ヤングのクロスにファーサイドにいたヘアウッドが合わせてヴィラが先制。

87分、バリーのスルーパスで抜け出したアグボンラホールのシュートはポスト直撃。

実況に勝ったもののお粗末な試合といわれました。

 

 

バリーが週間ベスト11に選出される。

 

ヴァスコ・ダ・ガマ所属のブラジル人アレックス・テシェイラを獲得。
移籍金は10億円。3年契約で年俸4000万円くらいだったと思います。
将来への投資ですが、10億円なので即戦力としても期待しています。

 

 

リザーブマッチを見に行ってみました。アーセナルのリザーブとの試合。
なぜかファン・ペルシー、ウォルコット、セスク・ファブレガス、フラミニ、エブエ、コロ・トゥレが出てる。
勝てるわけないやん・・・。
16歳の期待の若手FWを見に来たんですが、攻める場面すら見ることができませんでした。

 

 

11月10日  プレミアリーグ
         vs Chelsea (A/2)

勝てば2位浮上。チャンスです。でもキツイ相手。
ジエゴとモドリッチ2人で65億円も使ってる。
でもモドリッチ、バラック、ドログバ、と主力が負傷で居ない。ラッキー。

ヴィラはミランダとカーソンが先発復帰。

GK:カーソン
DF:ロペス、ナイト、ミランダ、カプアーノ
MF:ペトロフ、レオ・コーカー、バリー
FW:ヘアウッド、アグボンラホール、アシュリー・ヤング

SUB:テイラー、デイビス、ガードナー、マロニー、ムーア

 

GK:チェフ
DF:ベレッチ、ベン・ハイム、アレックス、ブリッジ
MF:エッシェン、ランパード
MF:ジョー・コール、ジエゴ、マルダ
FW:シェフチェンコ

 

シェバがヤバい。動きがキレてる。現実はこんなんじゃないでしょ!
これ言うのやめますね・・・。悲しくなってきます・・・。

13分、バリーからパスをもらったアグボンラホールのシュートはDFアレックスにブロックされるも
こぼれ球をアシュリー・ヤングが押し込みヴィラが先制に成功する!
アッシュ最高!マジ最高!でもチェルシー相手に守りきれるかな・・・。

26分、アシュリー・ヤングがエリア内でエッシェンに倒されPK獲得!
バリーが右隅に決め2-0!マジかよ!超嬉しい。

 

後半の頭からカルーとジョン・テリーを投入してきた。
テリーは中盤のアンカーにいる。システムは4-3-1-2.

52分、シェフチェンコからパスをもらったジョー・コールが確実に決め1点返される。
57分、アシュリー・ヤングからパスをもらって駆け上がったレオ・コーカーのシュートは枠の上。
64分、ヘアウッドに代えてムーア投入。アグボン、ムーアの超快速2トップでカウンター狙い。

すると1分後、DFのクリアボールで左サイドを抜け出したアグボンラホールが中へパスを出すと
ムーアが飛び込んできて決め3-1!スピードの速いカウンター炸裂。
こんな気持ちいいカウンターは初めて。プレミアらしいカウンター。
スクリーンショット撮ったのであとで貼ります。

67分、アシュリー・ヤングに代えてデイビス投入。5-3-2に変更。
81分、ランパードからパスをもらった途中出場のアネルカのシュートはクロスバー直撃。
90分、ムーアがカウンターからひとり抜いてシュートを狙うも枠に飛ばず。

 

試合終了!チェルシーに攻め勝った!本当にうれしい。ヴィラの快進撃はフロックではありません!
システムを変更したんですが当たりました。いくつか前の試合から徐々に変化していったんですが、
現在は4-3-1-2.ミランと同じスタイルでやってます。トップ下にアシュリー・ヤング。
ハマってくれて良かった。しばらくはこれで行きたいと思います。

惚れぼれするカウンター。
ここまで相手を置き去りにするカウンターは初めて。

しっかりしたファンだ。

 

 

いろいろ細かく弄った結果システムはこのようになりました。
カカのいたころのミランと同じスタイルですね。アシュリー・ヤングにはカカと同じようにある程度自由を与えています。
前みたいな変則オーダーと違って若干守備面の安定度が増す気がしますが、守備の枚数が足りないかもしれません。
まあそこは攻撃偏重のプレミアリーグだと割り切って。中盤もどんどん前に飛びださせていきます。
カウンターなんて糞くらえ。カウンターには更にカウンターでお返しだと言うことで。
糞くらえって言い方したらカウンターが嫌いだってことになっちゃうか・・・。

このシステムだとルーク・ムーアが使えそうなので良かったです。
マイケル・オーウェンの再来と聞いたら使わずにはいられません。
現実では完全に伸び悩んでますけど・・・。

 

 

 

 

アグボンラホール、カーティス・デイビスに続いてアシュリー・ヤングとレオ・コーカーが代表に初召集。
ヴィラは現在2位ですからね!カペッロ、よく見てるね!でもこのゲームの中のカペッロって
守備的な戦術取り過ぎて弱いんだよなぁ・・・。現実では不評ながらも強いのに・・・。
このゲームでは守備的すぎて点をまったくとれない・・・。まあクラブでそうだっただけで代表では分かりませんが。

この試合は見に行くしかないですね。ただライバルに良い選手が多すぎて出番なさそうですが・・・。

 

ナイトとカプアーノが週間ベスト11に選出される。
ナイトはほぼ毎週選ばれてる。これは代表入りも近いんじゃないでしょうか。
イングランド代表のカーティス・デイビスとミランダもいるCBはほんと盤石すぎる布陣。

 

 

11月17日  国際親善試合
         vs スロベニア

スペル調べるのめんどかったからカタカナ。今後もカタカナで書こうかな・・・。
スペルで書くのめんどうなんだよなぁ。かっこつけて英語表記にしてるけど。

レオ・コーカーがなんと先発!ハーグリーブスとダブルボランチを組んでます。
スコット・カーソンも変わらず守護神の座についています。
ベンチにはアグボンラホール、ガレス・バリー、カーティス・デイビスの3人が座ってます。
親善試合でもベンチに入れなかったアシュリー・ヤングは少し厳しい感じ。
まあ今後アシュリー・ヤング頼みの戦術になりましたし、評価を上げる機会は増えるでしょう。

レオ・コーカーにだけ注目しよう。

システム見て分かるとおりほんと守備的。ハーグリーブスとレオ・コーカーの上がりは皆無。
前の4人とどっちかのサイドバックで攻撃しています。ボランチは、
特にレオ・コーカーは最終ラインに下がってサイドバックの上がったカバーやカウンター対策をやっています。

流石カペッロ。ここまでおもしろくない試合を作れるのはある意味流石。
相手も守備的、カペッロも守備的。
相手の下がってきてるFWより前に出ないボランチ。
攻め手が無いからサイドや裏へロングボール。

15分、相手が一人退場。カペッロに変化なし。
相手FWの1人とサイドの1人で攻めてきてるだけなのにカペッロは6人びっちり残し。
さすがのカペッロでも現実ではここまでしない・・・。

試合は40分、CKからの流れで最後はジェラードが決めイングランドが先制。

戦術はしょぼいけど、選手一人一人の動きの質はやっぱりワールドクラス。
オーウェン、ルーニー、ジェラードあたりの動きが凄い。
後半頭からオーウェンに代えてバリー投入。

バリー正直酷い。ポロポロしすぎ。
っていうか戦術に問題がある。前線の選手は個人技でどうにかしろじゃ普通に無理だ。
バリーはそういうタイプの選手じゃねーよ!
64分にランパードがPKを沈め2-0.

想像以上にひどいカペッロの戦術。途中出場のクラウチはサイドに出張ってドリブル狙ってる・・・。
いったいなにをさせたいんだ・・・。

と、思ってたらハーグリーブスの超ロングパスで抜け出したバリーが決めて3-0.
バリーやってくれた!そのまんま結果だしてレギュラー奪取を!

80分、アグボンラホールも出てくる。左サイド。
バリーはなぜか左サイドバックをやらされてる・・・。
まあ完全に優勢ですし、ボール配球係としては優秀ですからこれでもいいですけど。
右サイドバック・ベッカムみたいなもんです。右ベッカム左バリー。

 

試合終了。びっくりするくらい個人技頼みのカペッロ戦術。アグボン出場するもボール持つ場面まるでなし。
これは次の予選でも出番なさそうだ。バリーは代表で初ゴール。
レオ・コーカーも代表デビュー。アグボンは2試合目。

 

 

 

11月21日  EURO2008予選
         vs クロアチア

首位のクロアチアとの対戦。先発は前の試合と変わらず。レオ・コーカーも先発。
ベンチにはアグボンラホールとカーティス・デイビスが座る。ガレス・バリーはベンチ外。
だいたいベンチにDFが4人座ってるってどうなの。攻撃的な選手アグボンとライト・フィリップスだけじゃん・・・。

悲しいくらいに、いや清々しいくらいに放り込みサッカー。
30分、レオ・コーカーの絶妙なパスをこれまた絶妙な動きでもらったオーウェンが決めイングランドが先制。

冴えないルーニーに代わってアグボンラホールがHTから登場。
でも相手がルーニーを徹底的に潰した守備的なコルルカだからなぁ。
アグボンはサイドで相手をドリブルでかわして変化つけるってタイプの選手じゃないし厳しそう。
FWで使っちゃくれませんかね。

凄い、オーウェン以外みんな下がって守備。そしてオーウェンへ放り込み。
1人ぼっちでなにか出来るわけでもなく相手ボールになってまたみんな下がる。
アグボンラホールは一体なんのために出したのやら。

89分、レオ・コーカーのロングパスで抜け出したライト・フィリップスが決め2-0.
凄い。レオ・コーカー2アシスト目。これはもうレギュラー奪取でしょう。
マンUのキャリックが怪我で回ってきた出番なんですけどね。カペッロだったら普通にキャリックに戻すかも。

 

 

レオ・コーカーの思いのほかの活躍で見て良かったと若干喜び気味の中強敵との試合。
次はリバプール・・・。

11月24日  プレミアリーグ
         vs リバプール (7/H)

次の試合も1週間空くので代表で使われたメンツも気にせず使う。
システムは4-3-1-2.代表でもそうでしたが、中盤を締めるのはレオ・コーカー。
中央に陣取ってもらいます。両サイドのバリーとペトロフは果敢な攻撃参加。

リバプール戦ということでヘアウッドがすこし臆しているようなのでムーアを先発にして快速2トップ。
GKのスコット・カーソンは契約上リバプール戦で使えないのでスチュアート・テイラーが先発。
ソーレンセンはあのときのミスで完全に評価落としちゃったな・・・。契約切れたらサヨナラだ・・・。

リバプールはジェラードが代表戦で足首を捻挫してしまい全治1か月。
バベルも怪我で不在。でもクラウチとトーレスの2トップは普通に脅威。
リバプールは現在5勝6分2敗で7位と低迷気味。
現在16ゴールとその得点力のなさが引き分けの多さにつながっているようです。
ここでリバプールの勢いもつけたくないのできっちり勝利したいところ。

 

GK:テイラー
DF:ロペス、ナイト、ミランダ、カプアーノ
MF:ペトロフ、レオ・コーカー、バリー、A・ヤング
FW:ムーア、アグボンラホール

SUB:ソーレンセン、デイビス、ガードナー、マロニー、カリュー

 

GK:レイナ
DF:フィナン、キャラガー、アッゲル、アルベロア
MF:ベナユン、シャビ・アロンソ、マスチェラーノ、キューウェル
FW:クラウチ、トーレス

 

土砂降りの中での試合。ピッチはべちょべちょ。こういう試合、現実でもたまにありますけど、
グダグダですが何気に好きです。アビスパにいたころの古賀誠史が水しぶき上げながらドリブルしてたなぁ。

試合は3分、ベナユンがカプアーノに対してレイトタックルをしたとして1発レッドで退場。
わずか3分でヴィラが優勢になる。雨が酷いから滑り過ぎちゃったのかな?
4分、CKからボールを受けたアグボンラホールがシュートを狙うも角度の無いところからのシュートは枠の右。

人数差をもろともせず何故かリバプール優勢。
トーレスのカウンターが効果的に決まり、守備陣はたいして攻めないからこちらの反撃に移れず。
しかし26分、相手のゴール前25Mの位置でFKを獲得。
A・ヤングが直接狙うとGKレイナが一度は弾くがアグボンラホールが詰めヴィラが先制する。
最強のストライカーです。過去ここまで素晴らしいストライカーを指揮したことはあっただろうか。
パレルモに居た時のアマウリはすごかったな・・・。パワーの化け物って感じだった気が。
サイドからクロス上げときゃ心配ない的な。

こちらの得点後、相手はトーレスを残して全員自陣に引きこもり始める。なので遠慮なく攻め込ませてもらう。
サイドバックまでもが大胆に攻め上がりミランダ、ナイトとトーレスをセンターラインに残して
あとの全員はリバプールゴールエリア周辺に集まるほど。
39分、ペドロ・ロペスとのワンツーで抜け出したペトロフがミドルシュートを決め2-0.

54分、それまでずっと消え続けていたルーク・ムーアが上手いもらい方をするとそのまま決め3-0.
周りとかみ合わず消え続けていた男がワンチャンスでものにしました。
ペトロフが前線へのチャージから奪って速攻でした。

試合終了間際ではセンターバックすら相手陣地に入り込み攻め続ける。
途中出場のカリューがシュートを放つもクロスバー直撃。

 

試合終了。
ベナユンの退場という思いもよらぬ幸運があったにせよこの快勝は素直にうれしい。
両チーム放り込みばっかりだなぁと思ってましたが、土砂降りのせいだと思ってます。
もう少しパスサッカーに出来ると思っています。

リーグ戦初先発となったルーク・ムーア。1ゴールを上げチャンスをつかみましたがまったく動きはよろしくなかった。
データにも反映されてますね。シュート1、パスは8本のみ。とにかくボールに絡まなかった。
たしかに放り込みばかりでやりづらい感じではあったかもしれませんけど。
でも結果出しました。今後もチャンスを与えるつもりです。

アグボンラホールは今シーズン公式戦15試合で10ゴール。ほんと素晴らしいです。
代表でもFWとして使ってもらっちゃくれませんかね。
サイドアタッカーとしては微妙な選手だと思いますけども。

 

 

カプアーノとバリーが週間ベスト11に選出される。

 

補強どうしようか悩んでます。
アルシャビン獲得。この人とブラジル人のテシェイラ獲得でそうとう悩みました。
結局将来を見越してテシェイラ獲得。でもまだアルシャビン獲得を諦めたわけではありません。
っていうと少しおかしな言い方になってしまいますが、今でも使ってみたいなぁという欲望が湧いています。
ほんと良い選手なんですよ。能力高くてドリブルうまくて。でもポジションがない。
アルシャビンはボランチも出来ますが、もったいない。やらせるならアシュリー・ヤングのところ。
でもヤング普通に良いですからね。控えにする選手ではありませんし、放出なんてもってのほか。
イングランド人ですし大切にしたい。

サイドバックの獲得は優先事項ではあるものの良い人材が見当たらない。
良い人材は高い。サイドバックはそういうポジションです。
今はアーセナルの若手MFの強奪を考えています。
ランズベリー。ボランチとしてこの人を獲得できれば将来的にも大きい。
イングランド人かイタリア人が欲しいなと思っていたので最適。
気になるのは空中戦の弱さ。たしかにボランチですけど、隣のレオ・コーカーも高さに弱い。
GKのパントキックとかを相手の渡すことが多いので気になる。でもそこは獲得の判断材料には加えませんけどね。

この件でアーセナルをちょっと突っついてみたのですが一筋縄じゃいかないようです。
結構な額になる模様。

 

11月の月間最優秀監督賞を受賞。ウィガン、チェルシー、リバプールに3連勝した結果受賞できました。

 

 

12月2日  プレミアリーグ
        vs トッテナム (5/A)

トッテナムとの対戦。相手は5位と好調。しかし13試合で10ゴールをたたき出しているベルバトフは怪我で不在。
それでも相方のロビー・キーンは11試合で8ゴール。怖い2トップだなぁ・・・。
前節のハイライト見てて、うわサイドにすげぇドリブルするやつがいると思ったらクアレスマ獲得してたんですか・・・。
こいつはやっかいだ。

ヴィラはほとんど変更なし。FWはムーア先発。ヘアウッドをベンチ。
DFはミランダに代えてカーティス・デイビスが3試合ぶりの先発出場。
おそらくベルバトフの代役が俊足のダレン・ベントになるでしょうから対処させます。

 

GK:カーソン
DF:ロペス、ナイト、デイビス、カプアーノ
MF:ペトロフ、レオ・コーカー、バリー、A・ヤング
FW:ムーア、アグボンラホール

SUB:テイラー、ミランダ、ガードナー、マロニー、ヘアウッド

 

29分、ペトロフが負傷退場、マロニーを投入。
試合は良く言えば一進一退。悪く言えば決め手に欠く試合。
少し放り込みすぎるような気がする。どのように調整すればいいのだろか。
チャンスはあるもGKロビンソンにすべて阻まれ試合終了。
スコアレスドローとなった。

この引き分けでチェルシーに抜かれ3位に後退。

ペトロフが手首を骨折し全治1か月ほど。

 

 

ナイトが週間ベスト11に選出される。

 

リーグ戦は7勝2分。2位に一時上がるも今は3位です。
新ビッグ4でリーグが進んでいます。リバプールはCLでは好調なんですけど。

アーセナルの得点力がはんぱない。
アデバイヨル。13試合で17ゴール。異次元です。これはやり過ぎ。シーズン40ゴールでもしますか。
ヴィラもリーグ2位の得点力。っていうかFMってプレイするクラブが少し補正かかって強くなるような気がする。
どんなクラブ使っても優勝争いするなぁ。まあ優勝は簡単ではないですけど。

 

スポンサーサイト
  1. 2009/07/25(土) 01:36:43|
  2. FM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ヴィラ3 | ホーム | 新規開始>>

コメント

おもしろそうなゲームですね^^
早く続きが気になります!
  1. 2009/08/18(火) 23:56:03 |
  2. URL |
  3. だっしゅ! #-
  4. [ 編集]

ただいま進めてる最中です。もう少しお待ちください。
最近プロスピとかばっかやってました・・・。
  1. 2009/08/24(月) 17:15:47 |
  2. URL |
  3. ミラコレ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mirano1458.blog114.fc2.com/tb.php/102-bf714595
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ミラコレ

Author:ミラコレ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。