ミラコレ-FM日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新規開始

前回の更新で書いたとおり新しく始めます。
今度は有名選手を使ってプレイするので見る方にも多少馴染みのある名前でしょう。
選手をかなり出現させてやってみます。これだけ出したらたとえ高スペックの新PCでもきついかもって感じです。
26ヶ国から36リーグを出現させて、データベースも大でプレイ。ダメだったら減らせばいい。

 

どこでプレイするか。ブラジルリーグでやってみたいと思ったこともありますが、今回は有名チームでプレイするため却下。
となると三大リーグでのプレイ。セリエA、リーがエスパニョーラ、プレミアリーグの中から。
セリエAでプレイしたい気もしますが、EU外獲得枠が毎年1しかないんですよ。現実では2になりましたけど。
なので少し微妙。スペインはやったことありませんからこれも微妙。プレミアは・・・。労働許可制が微妙。全部微妙。
でもどうせ使える外国人選手は労働許可申請が通ると思いますし、プレミアでやろうかなと思います。

前に言ってたアストン・ヴィラにすごく関心を持っています。今から選手をいろいろと物色したいと思います。

みんなの年俸が安い!600万とか300万とか17万とかいてびっくりしてたらなぜか通貨がオーストラリアドルになってた。
なぜ勝手にオーストラリアドルにする。オーストラリアドルにするならするで年俸¥170.000とか書かないでいただきたい。
円じゃないやん。

 

1時間くらいいろんなチームを見て回ってました。チームを決めるというより補強対象を探してる感じでもありましたけど。
やっぱりアストン・ヴィラで始めたいと思います。クラブの価値も他より高いので補強費もいっぱいでると思います。
私はまだ大胆な補強をやったことがなく、ずっと堅実路線でした。補強も少数精鋭で現有戦力の残留を主にやってました。
でも今回は大胆の補強しちゃいたいなぁと思ってますので見るほうでもそれなりに楽しめるかもしれません。

 

 

監督名はMiller KZ 。ミラーさんです。Millerってもろイギリス的名前ですけどイタリア人です。
今回の日記は会話とかも入れていきたいなぁと思ってます。
全部私の頭の中の妄想会話ですけどね。

 

2年契約で年俸2億5000万円で契約。理事会には2年以内に優勝争いできるくらいまで引き上げてくれと言われました。
正直厳しい。プレミアにはビッグ4がいますからね。クビにはされたくない。頑張ろう。

アストン・ヴィラには若くて活きの良い選手がたくさん在籍しています。
その選手を使えるのは楽しみですが、正直層に厚みはない。たくさん試合数のあるプレミアではしんどいです。
会長からは移籍予算として42億5000万円を戴きました。多い。すごく多い。ミランでも30億円程度だったような気がします。
こんな大金どう使えばいいのか分からない。でも10億円の選手4人買えばもう無くなるんだよな・・・。
10億円で済むか分かんないし・・・。
何人かの放出も検討しています。放出させた選手の移籍金の90%を使っていいそうです。

 

現在のアストン・ヴィラの所属選手の簡単なリスト
ちゃんとした表は開幕時に作ります。

FW
カリュー(27)         放出候補
ヘアウッド(27)
ムーア(21)
アグボンラホール(20)

ペトロフ(28)         放出候補

サイドアタッカー
アシュリー・ヤング(21)
マロニー(28)
ルートリッジ(22)       放出候補
サリフォ(24)         放出候補

ボランチ
バリー(26)
レオ・コーカー(23)
ガードナー(20)
オズボーン(19)

左サイドバック
ボウマ(29)          放出候補
オハロン(19)

右サイドバック
メルベリ(29)         シーズン終了後フリーでユベントスに移籍

CB
ナイト(27)
ラウルセン(29)
デイビス(22)

GK
ソーレンセン(31)
カーソン(21)
テイラー(26)

 

見て分かるとおり人が居ません。特にサイドバックはまったくと言っていいほど。
ここは絶対に補強しなければいけません。
FWもヘアウッドがいるのでカリューを放出しようかなと思っています。
するとFWが3人になってしまう。しかし他のポジションの補強が絶対に必要なのでFWにはお金かけれませんけどね。
サイドバックとサイドアタッカー、そしてCBといってボランチも満足できたらFWて感じでしょうか。

 

チームが始動。交渉事を進めるも1週間じゃたいして進展なし。
最初のテストマッチでは5得点をあげ快勝。2試合目も5-1で圧勝。
格下相手とはいえ幸先のいいスタートを切れた。

 

7月22日
サンパウロDFミランダ(22)を移籍金15億円で獲得。
契約年数は4年で年俸2億7000万円での契約。フランスのリールとの競合の末無事獲得できました。
労働許可証も最初は出なかったのですが抗議したら出ました。

サイドバックから必要だとは思ったんですが、リールが早い段階でオファー出してたので釣られて獲得してしまいました。
これでむこう10年間はCB安泰です。カーティス・デイビスとミランダのコンビで10年やってどっちも32歳という若さ。
ナイトとラウルセンという長身で経験のあるCBも控えてますし素晴らしい陣容。
あとはサイドバック。

それにしてもこんな大型契約初めてやった気が・・・。
覚えてるのはフォッジャを8億で買ったくらいか。バルザーリを35億くらいで売った覚えもありますけど。

 

 

パレルモDFチロ・カプアーノ(26)を移籍金5億7000万円で獲得。
契約年数は4年で年俸1億5000万円で合意。もともとの年俸が3000万円とかだったのでケチろうとしたが
断固拒絶されて結局希望額の1億5000万円を支払うことに。
ボウマしかいない左サイドバックとしての補強だが、CBや左サイドハーフもこなせる選手。

技術が高くクロス精度も光る。確実に大きな戦力となってくれるはず。
この選手。私がパレルモを率いていた時割と贔屓にしていた選手です。
その時もかなり活躍してくれました。お気に入りの選手なので頑張ってもらいたい。

 

 

 

開幕!ミランダとカプアーノしか獲れてねぇ・・・。
補強が一番難しくていやになります。
右サイドバックはメルベリただ一人。ミランダもできないことないですけど・・・。
若手ボランチのガードナーもある程度できますが守備面ではまったく期待できません。

それはそうと誰も売れなかった・・・。買い手がつかなすぎ。

        
期限付GK.22Scott Carson
スコット・カーソン
21

191cm2億1000万リバプールからレンタルで獲得
GK1番手の実力
5年目GK.1Thomas Sorensen
トマス・ソーレンセン
31195cm1億2000万反応はピカイチ
ユーロ2004での勇姿は今でも思い出す
3年目GK.13Stuart Taylor
スチュアート・テイラー
26

196cm4250万序列は3番手だがなかなかの実力の持ち主
7年目DF.4Olof Mellberg
オロフ・メルベリ
29186cm1億8000万シーズン終了後フリーでユベントスへ
3年目DF.3Wilfred Bouma
ウィルフレッド・ボウマ
29179cm1億3000万オランダ代表DF
守備技術は高く無難な選手
新加入DF.23Ciro Capuano
チロ・カプアーノ
26185cm1億5000万技術が光り攻守に置いてハイレベルな選手
期限付DF.15Curtis Davies
カーティス・デイビス
22

188cm1億6000万シーズン終了後ヴィラが移籍金19億円で
完全移籍での獲得が既に内定済み
新加入DF.16Zat Knight
ザッツ・ナイト
27

198cm9500万前監督がフラムから7億円で獲得
破壊力抜群の高さが武器
4年目DF.5Martin Laursen
マーティン・ラウルセン
30188cm1億8000万高さでは負けないCB
スピード面で不安
新加入DF.14Miranda
ミランダ
22185cm2億7000万1対1では絶対の強さを誇る
新加入MF.20Nigel Reo-Coker
ニゲル・レオ・コーカー
23

176cm2億9000万前監督がウェストハムから17億円で獲得
攻守に置いて“強い”ボランチ
11年目MF.6Gareth Barry
ガレス・バリー
26

183cm4億2000万キャプテンでヴィラの絶対的な支柱
5年目MF.26Craig Gardner
クレイグ・ガードナー
20

178cm3750万生え抜きのボランチ
右サイドバックでもプレイ可
5年目MF.27Isaiah Osbourne
イサア・オズボーン
19

188cm1550万生え抜きのボランチ
新加入MF.21Wayne Poutledge
ウェイン・ルートリッジ
22

171cm1億5000万前監督がトッテナムから2億円で獲得
新加入MF.17Moustapha Salifou
モスタファ・サリフォ
24180cm2100万本人が拒否って売れなかった・・・
2年目MF.7Ashley Young
アシュリー・ヤング
22

176cm3億2000万スピードと高い技術を持っているが
体力があまりないサイドアタッカー
2年目MF.28Shaun Maloney
ショーン・マロニー
24171cm1億3000万元セルティック
技術が高く使いやすい
2年目MF.19Stiliyan Petrov
スティリアン・ペトロフ
28178cm3億1000万優れた選手だがまったく買い手がつかず
5年目FW.11Gabriel Agbonlahor
アグボンラホール
20

181cm8750万生え抜きの快速ストライカー
名前が長い
2年目FW.10John Carew
ジョン・カリュー
27195cm4億3000万FW獲得のため放出しようとしたが
それどころではないため残留
新加入FW.9Marlon Harewood
マロン・ヘアウッド
27

186cm1億4000万前監督がウェストハムから8億円で獲得
高さもスピードも兼ね揃えた選手
7年目FW.8Luke Moore
ルーク・ムーア
21

180cm8000万生え抜きの快速ストライカー
        
        

 

名前が長い選手のあだ名も決めておこうと思います。

ガブリエル・アグボンラホール → ギャビィ
アシュリー・ヤング        → アシュリー
ニゲル・レオ・コーカー      → レオ
ウェイン・ルートリッジ      → リッジ

まあ普通にちゃんと名前書くときもあると思いますがめんどうなときはこういう風に略します。

 

監督会見
「明日からプレミアリーグが開幕する。初めての舞台で少々緊張はしているが優れた選手たちを抱えてるのでやっていけると思っている。
 補強は満足できていない。しかし前監督が獲得した選手たちと合わせればうまくいくと思っている。
 一番気になるところはサイドの層の薄さ。9月1日まで交渉を続けるよ。」

「システムは4-4-2と4-3-3の併用。変則的4-3-3を主に使用していくと思う。
 キャプテンのバリーには期待している。求心力もあるしチームをうまくまとめてくれると思う。
 このチームには若くて将来有望が選手が多数在籍している。
 アグボンラホールやアシュリー・ヤングなどの生え抜き選手の将来も明るいものと思っている」

「プレシーズンマッチでは6戦6勝。素晴らしいできだった。
 FWのポジション争いも熾烈でみんな得点を決めていた。カリューとアグボンラホールがファーストチョイスだが
 結果を出せる選手を使っていく。FWは特に結果が大事なポジションだ。
 ムーアやヘアウッドも十二分にチャンスはある」

 

8月12日  プレミアリーグ開幕戦
        vs Manchester City (A)

ということでやっと開幕。ここまでが長い。でもここからも長い。長い長いシーズンの幕開けです。
シティはチェルシーからライト・フィリップスを買い戻して戦力アップ。

GK:カーソン
DF:メルベリ、ミランダ、デイビス、カプアーノ
MF:マロニー、レオ・コーカー、バリー、A・ヤング
FW:アグボンラホール、カリュー

SUB:ソーレンセン、ラウルセン、ルートリッジ、ペトロフ、ヘアウッド

変則4-3-3のヴィラの右サイドを使われて攻め込まれる場面があるもそれは織り込み済み。
4-4-2でやったらやっぱ平凡すぎる。今までずっと4-4-2を使ってきた。今度は4-4-2以外でやりたい。
12分、アグボンラホールが左サイドに流れてフリーで受けドリブルで一人かわしてシュートを狙うも枠のはるか上。
惜しいチャンスでした。
15分、カリューがボールをキープしようとするもマイケル・ジョンソンにカットされる
しかしそのこぼれ球を拾ったアグボンラホールがエリア外から決めヴィラ先制!
一番期待しているギャビィが決めてくれました。
更にヴィラはたたみかける。22分に左サイドのアシュリーのクロスをマロニーが頭で合わせるもGKジョー・ハートのファインセーブ。

シティも反撃。28分にボジノフがパスを受けるとヴィラDF陣の前を横切るようにゴールを水平にドリブルを仕掛けると
コースが空いた瞬間にシュートを狙うもGKカーソンが懸命に弾く。
エラーノのロングシュートもカーソンがギリギリでキャッチ。

前半終了。CBのデイビスがカスティージョのマークを外しまくってハラハラする。
次節はとりあえずナイトと交代だな。それにしても試合がおもしろい。
守備的ではなく攻撃重視にしたおかげで守備もハラハラドキドキ。勝ったらすごくうれしくなりそう。
そして負けたらすごく悔しい気持ちになりそう。それがサッカー。それが監督。

後半もボジノフとカスティージョにいいようにやられるも守護神カーソンがファインセーブを連発。
すごい。これは完全移籍で買い取らなくちゃいけないな。相手がリバプールだし移籍金が高くなるだろうから
違うGK獲得しようと思ってましたがイングランド人ですし、将来有望のカーソンをそのまま獲るか。
64分、エリア外でメルベリがファールを犯しFKを献上、ペトロフの直接FKはカーソンが弾くも途中出場のベンジャニに決められ同点にされてしまう。

ヘアウッドとペトロフ投入。攻撃的に。点を取りに行く。
77分、アグボンラホールのスルーパスで抜け出したヘアウッドのシュートは枠をとらえることができず。
80分、バリーからパスを受けたヘアウッドだったが今度のシュートは枠のわずかに右。

最後の10分間はプレミアお得意の中盤ガラ空きカウンター合戦。
現実でもあまり好きじゃないけど見てて面白い試合。でも監督としては胃に穴が開きそうになる。
後半ロスタイム。4分のうち3分が経過。相手の放り込みをデイビスが高い位置でカット。
前線へパスを出すと受けたバリーが絶妙なパスをヘアウッドに通す。
2度のチャンスをものにできなかったヘアウッドだったが最後で最大のビッグチャンス。
リチャード・ダンと対峙したが構わずシュートを狙うとそれがダンにあたってコースが変わりGKと逆側へ。
ボールがてんてんとゴールの中に転がりロスタイムの劇的な勝ち越しゴールで選手たちもお祭り騒ぎ。
GKまでもその渦の中に飲み込まれていきました。

残り時間もなく試合終了。開幕戦はヘアウッドの劇的ゴールでヴィラの勝利で終わった。

スタッツみても分かりますけどほんとどっちが勝ってもおかしくない試合。
今後こういう試合を続けて勝った負けたを繰り返して一喜一憂するんだろうなぁ・・・。
MOMは再三相手のビッグチャンスをファインセーブで潰したカーソンが受賞。

カーティス・デイビスがマークはずしまくって穴になってると思ってたら評価点は8点でした。
たしかに離れてる相手がボール受けたときに奪うことが多かったからそこが評価されたのかな。

 

 

8月15日  プレミアリーグ
        vs Bolton (H/5)

前節ポーツマスに2-0で勝利したボルトンとの試合。前節ゴールをあげているディウフが少し怖い。
相手の選手がどんなタイプかってある程度把握できてるのはやっぱり良いですね。
有名選手でやってるとやっぱ楽しい。

前節と3か所変更。DFラインにナイトとボウマが入りFWでは前節劇的ゴールを決めたヘアウッドが先発。
カリューはお休みで若手のルーク・ムーアがベンチ入り。

GK:カーソン
DF:メルベリ、ミランダ、ナイト、ボウマ
MF:マロニー、レオ・コーカー、バリー、A・ヤング
FW:アグボンラホール、ヘアウッド

SUB:ソーレンセン、ラウルセン、ルートリッジ、ペトロフ、ムーア

 

9分、エリア外でアグボンラホールが倒されFK獲得、マロニーが直接狙うもGKに弾かれる。
こぼれ球にアグオンラホールが詰めるもこれもGKがCKに弾く。2度のチャンスを名手ヤースケライネンに潰された。
24分、レオ・コーカーからの楔のパスを受けたヘアウッドが前を向くとすぐさまスルーパス、
アグボンラホールがもたつきながらもCB2人の間を抜くとそのままGKを見ながら冷静に右隅に決める。
アグボンラホールの2試合連続の先制ゴールによりヴィラが先制する。

ボウマが負傷しラウルセンと交代。左サイドバックが居ないのでラウルセンがそのまま左サイドバックに。
43分、カーソンのロングフィードを相手CBのメイテが判断ミス。
ヘアウッドが抜け出しGKと1対1になるもシュートはヤースケライネンがファインセーブ。

 

74分、ボルトンの途中出場ラシアクが下がりながらボールをもらうと前を向いてすぐにシュート。
これがナイトにあたってコースが変わるとカーソンも反応できず。
またもや途中出場の選手に決められ同点にされてしまう。
77分、ヴィラのFKからヘアウッドが頭で決めるもファールの判定でノーゴール。

左サイドバックがラウルセンだとまったく攻撃ができないのでミランダを左サイドバックに。
87分、相手のロングボールで抜け出したラシアクが決めてボルトンが逆転に成功。
選手たちは全員でオフサイドがあったと主張。リプレイを見た限りでは100%オフサイド。
あとで写真に撮ろう。

そのまま試合終了。ヴィラが終始圧倒していた試合だったがラシアクの2ゴールにより敗戦。

蹴る直前のスクリーンショットです。蹴ったときにはもうちょっと前に居ます。
100回見て100回ともオフサイドとしか言えません。協会に猛抗議してやる。
試合は圧倒してたんです。決めきれなかった。そして誤審に負けた・・・。

 

そんなバカな
オフサイドのルールでも変わったのかい

 

 

8月16日
スペインのバジャドリーから右サイドバックのペドロ・ロペス(23)を移籍金8億円で獲得。
5年契約で年俸は1億1000万円。背番号は2番。
攻撃参加が好きでシュートをすぐ打ちたがる選手。守備もそこそこできて万能型です。
それにしてもコーチの評価が低い。正直8億円は高すぎると思いましたが焦って契約までいきました。
いい選手だとは思うので託すしかない。今シーズンはメルベリとロペスの2人体制で来季メルベリの代わりに1人補強。

 

残り移籍資金は14億円。どう使うか悩んでます。あの選手に使うか。それともブラジル人に使うか。

 

 

8月18日  プレミアリーグ
        vs Fulham (A/4)

現在2連勝で4位につけているフラムとの試合。
前節とは4か所変更。カプアーノとデイビスがスタメン復帰。GKにソーレンセンを起用。
そして新加入のロペスが早速スタメン入り。合流して2日目ですがスタメン。
相手のエディー・ジョンソンの足がめちゃくちゃ速くて前節もスピードで圧倒してたので足の速いデイビスを当てます。

GK:ソーレンセン
DF:ロペス、ミランダ、デイビス、カプアーノ
MF:マロニー、レオ・コーカー、バリー、A・ヤング
FW:アグボンラホール、ヘアウッド

SUB:カーソン、メルベリ、ルートリッジ、ペトロフ、カリュー

 

開始1分、マロニーから絶妙なパスを受けたヘアウッドだったがシュートはGKに弾かれる。
4分、またもやマロニーからヘアウッドへパスが通るとヘアウッドが豪快なシュートを左隅に突き刺しヴィラが先制。
GKまったく反応できないほどの強烈なシュート。
11分、ヴィラの間接FK。横にすらすとレオ・コーカーが強烈なロングシュートを放つもGKがかろうじて弾く。

24分、フラムの怒涛の攻撃。左サイドから再三クロスを上げ続けるとデイビスのクリアを拾ったデンプシーが
ミドルシュートを狙うもわずかに枠の上。
33分、バリーがDFを引き付けて絶妙なラストパスをヘアウッドに送る。
フリーとなったヘアウッドだったがシュートは枠の上・・・。

37分、マロニーのスルーパスで抜け出したアグボンラホールが思いっきりシュートを狙うと
GKに弾かれるもヘアウッドが詰めて今日2ゴール目。ヴィラがフラムを2点差に離す。

84分、フラムのカウンターからデンプシーが狙うも枠の左。
90分、今度はヴィラのカウンター。ペトロフのスルーパスで抜け出したカリューが決め3-0.
どちらも途中出場で結果を出しました。

そのまま試合終了。アウェーで3-0と完勝した。
新加入のミランダが本当に凄い。ヴィラの右サイドがスカスカなので右サイドバックが前にあたりに行くんですけど
その裏のカバーも完璧にこなし、デイビスが前にあたりに行った時は左側もカバーし
カプアーノとデイビスが2人して抜かれた場面もギリギリでカットしました。超人です。完璧超人です。

個人的にMFに得点がなにのが気になる。中盤もどしどし前線にあげる戦術なんだけどなぁ。
まあFWが点取れないよりかは100倍マシですけど。バリーあたりにそろそろ決めてほしい。
次は1週間のお休み。ミッドウィークに試合がなかったらコンディション調整が楽です。

 

 

カプアーノとカーティス・デイビスが週間ベストイレブンに名を連ねる。
ミランダのほうが凄いとは思ってるけど評価点が高かったデイビスが受賞。

 

 

8月25日  プレミアリーグ
        vs Everton (H/5)

エバートンとの試合。1番怖いティム・ケーヒルは怪我で不在。
サイドのアルテタも居ないから幾分か楽か。でもレスコットのセットプレーでの得点能力の高さは要注意。
前節もセットプレーからレスコットが先制ゴールを奪ってます。
あとはFWのアンディ・ジョンソン。この快速ストライカーは2試合で3ゴール奪ってます。
現時点だったらこの26歳のほうがアグボンラホールより上です。
将来的にはギャビィのほうが格上になる予定ですけどね!

今日程見てみたんですがプレミアリーグはほとんど週末にしかありませんね。驚くほど楽です。
まあイングランドはカップ戦が多いですから間にどんどん挟まってくるんでしょうが思った以上に楽です。

前節快勝したメンバーなので変えず。流れがいい時は弄らない。監督業の鉄則です。

GK:ソーレンセン
DF:ロペス、ミランダ、デイビス、カプアーノ
MF:マロニー、レオ・コーカー、バリー、A・ヤング
FW:アグボンラホール、ヘアウッド

SUB:カーソン、メルベリ、ルートリッジ、ペトロフ、カリュー

 

アルテタは故障中のはずなのに先発してきた。かなりコンディション悪そう。モイーズ(エバートン監督)は鬼だな。
15分、左サイド高い位置からカプアーノがニアサイドにマイナスのクロスを出すと受けたバリーがゴール左隅に決めヴィラ先制!
欲しかったバリーのゴールです。4試合連続先制ゴールを決めました。
更に18分、バリーが持ち上がって低い弾道のミドルシュートを狙うも枠の右。今日はバリーがキレキレ。

相手の1トップ張ってるアンディ・ジョンソンがやばすぎる。足が速くて動きが切れてる。
1トップでミランダ、デイビスの2人が相手してるのに構わず抜いてくる。怖い。
ヴィラペースで中盤までもが前線に顔出してスペースガラ空きだから尚更ジョンソンに使われてる。
それでも26分、バリーがパスを通そうとするもCBにブロックされる。しかしこぼれ球を拾って再度スルーパス、
アグボンラホールが受けるとDFを背負いながらも反転して即シュート。それがGKの足元を貫きヴィラが追加点を挙げる。
ギャビィのほうが凄い!

あれ、怪我でもないのに27分でアンディ・ジョンソンが下げられてる。今度はヤクブの1トップ。
ヤクブも嫌だな・・・。スピードもあるけど体が強いからなぁ。怖い。いやこのレベルになると誰が来ても怖いんですけどね。

39分、エバートンのCKからヤクブに頭で決められ失点。
その後ヴィラの選手たちは浮足立ち落ち着かない。精神的支柱のバリーでさえも何度も奪われる。
そのまま前半終了。少し流れが悪くなってきた。

 

バリーダメだ。チャンスでも奪われるし、他のところでせっかくチャンス作ってたのになぜか関係ないところでファール取られる。
ということでバリーを少し下がり目で起用。配球に専念させる。

56分、左サイド持ち上がったアシュリー・ヤングがオシャレな浮かしパスを出すと
きれいに抜け出したヘアウッドがGKも冷静にかわして決め3点目!再び2点差とする。
72分、作戦変更中にヘアウッドが決めこの日2ゴール目。アグボンラホールからパスを受けたようです。

そのまま試合終了。4-1の快勝で2連勝を飾る。

カーティス・デイビスの評価が高い。勝ったからミランダも8になりましたが、試合中はミランダが7でデイビスが8でした。
そんなにデイビスのほうがいいかなぁ・・・。私の眼には自分でマークはずしてそこに入ったら奪うという自作自演をやってるとしか・・・。
でもやっぱり良いんでしょうね。だから評価点が高いし、デイビスがいなかった試合だけ負けている試合には勝ってるのでしょう。

 

 

カプアーノ獲得は本当に正解でした。2週連続で週間ベスト11を受賞。
他に2ゴールのヘアウッドと先制ゴールを決めたバリーの計3人が受賞しました。
リバプールがガレス・バリー獲得に興味。調査開始。絶対売らへんよ!

 

 

8月28日  カーリングカップ2回戦
        vs Nottm Forest (H)

リーグ1のフォレストとのカップ戦。
当然控え中心。前節からスタメンを全員入れ替えて臨む。
巷ではマイケル・オーウェンの再来といわれてるルーク・ムーアが先発。
オーウェンまだバリバリの現役なんすけど・・・。

GK:テイラー
DF:メルベリ、ナイト、ラウルセン、ボウマ
MF:ガードナー、オズボーン、ペトロフ、ルートリッジ
FW:ムーア、カリュー

SUB:ソーレンセン、デイビス、サリフォ、レオ・コーカー、ヘアウッド

 

ヴィラは攻めても攻めてもシュートが枠に飛ばない。
超攻撃的な戦術にしたのでサイドバックの裏を狙われてるが、CBが経験のある2人なので気にしない。
でもヴィラの選手は決めきれないのがイライラするのかカードを連発。
それでも38分にカリューのスルーパスで抜け出したオーウェンの再来がニアサイドを撃ち抜きヴィラ先制。

後半はどちらも停滞気味。最後は相手が5トップになって攻めてくるも冷静に対処し1-0で勝利。

まあ内容は悪かった。控えとリーグ1との実力差がここまで無いとは。
ムーアがシュート外しすぎてたのもありますけどね。
20歳のガードナーが良かったように見えました。あれだったらベンチに入れても大丈夫そう。
サイドバックもできますしね。使い勝手が良さそう。

 

 

8月31日
15億円がぁ・・・。いやお金じゃない。大事な戦力がぁ・・・。1ヶ月で済んで良かったです。
ナイトとラウルセンという高水準の選手が控えてますからね。
とりあえず次はナイト、デイビスでいくと思います。
それにしても顎の脱臼って・・・。痛そうだし食べ物もろくに食べれないんだろうな・・・。

 

アグボンラホールが4試合で3ゴールの活躍により8月の若手月間最優秀選手賞を受賞。

 

 

9月2日  プレミアリーグ
       vs Arsenal (A/3)

開幕から4連勝で3位につけているアーセナルとの対戦。怖い選手ばっか。
フィオレンティーナから48億円で獲得したアドリアン・ムトゥは故障中。
しかし4試合で6ゴールをあげて月間MVPに選ばれたアデバイヨルが先発。
でもこちらも4試合で5ゴールのヘアウッドと3ゴールのアグボンが居ますからね。大丈夫!

5分前のことすっかり忘れてた・・・。そうだ・・・ミランダが怪我でいなくなったんだ・・・。

GK:ソーレンセン
DF:ロペス、ナイト、デイビス、カプアーノ
MF:マロニー、レオ・コーカー、バリー、A・ヤング
FW:アグボンラホール、ヘアウッド

SUB:カーソン、ラウルセン、ペトロフ、ガードナー、カリュー

 

相手のパス回しが速くて正確。まあそれがアーセナルの持ち味ですからね。耐えるしかない。
前半は互角。アデバイヨルはデイビスが完璧に抑えている。
と思ってたら43分、GKのソーレンセンがクリアミス、アデバイヨルに拾われるとそのまま決められ先制を許す。
抑えてたのにしょうもないミスで失点・・・。

重圧を感じる必要はない。仕切りなおして後半だと指示したものの打開策はない。
後半開始直後の47分にエドゥアルドのパスで抜け出したアデバイヨルに決められ失点。
53分、アグボンラホールとのワンツーで抜け出したバリーのシュートは枠の右。

バリーがフリーでシュートを狙う場面がいくつか作れたんですけどシュートが下手すぎて泣ける。
選手に攻撃的になるよう指示。ガードナー、カリュー、ペトロフを投入。
すると77分、ヴィラのスローインからカリューが横にパスを出すと途中出場のガードナーが豪快な一発をお見舞いし1点差に詰め寄る。
カーリングカップでよかったから使ってみたら起用が当たりました。監督業はこういう瞬間が嬉しい。

アーセナルは守りに入るどころは4トップになって点を取りに来る。アーセナルらしい。
せっかく追撃弾を決めてノッていきたいところなのにアーセナルの攻撃を防ぐのに精いっぱい。
最後までアーセナルの攻撃にさらされながら試合終了。勢いに乗って上位をたたきたかったところだが負けてしまった。

たしかに実力差はありましたけど、相手の先制ゴールは防げるものだっただけに悔しい。
ソーレンセン株が大暴落。GKはもともと3人横並びですからね。次の出番は当分ないでしょう。
バリーがヴィラで最多の5本のシュートを放ちましたがほんとに下手かった・・・。

 

 

祝アグボンラホールA代表初召集。
でもプレイできる場所はライバル多い。
FWではルーニー、オーウェン、アシュトン、アンディ・ジョンソン
右サイドではライト・フィリップス、ジョー・コール、でジェラードもここで使われる可能性が。
代表メンバー見てたらカーティス・デイビスも代表に招集されてました。
保有権はウェストブロムが持ってるから表示されなかったみたいです。
イングランド代表3人!すばらしい。まあファーディナンドとジョン・テリーなんで出番ないですけど。
スコット・カーソンも選ばれてた。まあ保有権はリバプールですけどね。
しかも代表守護神に選ばれてる。

 

 

代表ではカーソンが守護神となり2試合を守る。
しかし残りの3人は誰も出場できず。カーティス・デイビスだけはベンチ入りできてました。

 

 

9月15日  プレミアリーグ
        vs Middlesbrough (H/15)

15位のボロとの試合。ボロは1勝1分3敗と苦戦中ですから叩きたい。
アーセナルに引き分けることすらできなかったのはほんとに悔しい・・・。
ボロは代表にも選ばれてるダウニングが要警戒。
前線は得点力があまりないもののアフォンソ・アウベスやミドなど怖い選手もいる。

さてメンバーは、右サイドバックのペドロ・ロペスが練習で手首を痛めたので欠場。
GKはイングランド守護神にも任命されたカーソンが復帰。ソーレンセンはベンチ外。
CBは前節のまま。先週の週間ベスト11に選ばれたナイトが先発。
中盤はアシュリー・ヤングがベンチで前節ゴールを決めたガードナーが先発。

GK:カーソン
DF:メルベリ、ナイト、デイビス、カプアーノ
MF:ガードナー、レオ・コーカー、バリー、マロニー
FW:アグボンラホール、ヘアウッド

SUB:テイラー、ボウマ、オズボーン、アシュリー・ヤング、ムーア

 

前半は完全にヴィラペース。でもシュート撃てよ!って場面で撃ってくれずやきもき。
バリーが最前線に上がってゴールに背を向けて足元でもらったときもためらわず前向いて撃てと思ってもバックパス。
前半20分だけでシュートを12本放つもほとんどブロックされて得点には至らない。

でも完全にヴィラペース。そのまま押せ押せムードになると少し遠目でFK獲得。
マロニーが思い切って狙うと強烈なシュートをGKシュオーツァーが弾く。
これに飛び込んだレオ・コーカーがきめてヴィラが先制。
こういう展開でFW以外の選手が決めると気持ちいいですよねぇ。
追加点のほしいヴィラは37分にマロニーのスルーパスで抜け出したアグボンラホールが
GKとの1対1という決定的場面を迎えるがシュートは枠の右。これは冷静に枠内を狙って欲しかった。

怖いダウニング用にメルベリを先発にして正解だった気がします。メルベリがダウニングを完璧に抑えてる。
攻撃力はあるけどペドロ・ロペスが先発だったらもっと自由にやられてた可能性も無きにしも非ずって気が。

 

前半からアグボンラホールにはミドルスブラのアカデミー出身で期待のCBウェザー(20)が徹底的にマークについてくる。
196cmと高さには絶対の強さを誇るもののスピード面には少し弱い。
そして20歳という若さ。経験の無さ。つけ込めます。

後半開始直後の46分、アグボンラホールが下がってボールをもらいスペースを空けようとする。
ボランチのカタモールがマークを引き継げる状態なのにウェザーは周りが見えてなく付いていってしまう。
そのスペースにバリーが走り込むとアグボンラホールからの絶妙なラストパスを受けたバリーが今日は冷静に決め2-0。欲しかった追加点を奪う。

82分、途中出場のオズボーンのスルーパスで抜け出したムーアが折り返しのパスを出すと
アグボンラホールがシュートを狙うも一度はGKシュオーツァーに弾かれるも自らが詰めて3-0.
アグボンはエースですね。素晴らしい。ギャビィは打つのめんどうだからアグボンにしようかな。可愛いし。

86分、ミドルスブラのCK、ファーサイドに飛び込んだダウニングに決められ失点。
最後はボロの4トップに攻め込まれるも選手たちも冷静に対処し試合終了。

内容は完璧。最後の失点はご愛敬。MOMは1ゴール1アシストのアグボンラホール。
リーズにベックスがいればヴィラにはアグボンあり。ベックスとは実力が違いますが・・・。
現実のベックスはプレミアのチームからも狙われるほどの実力に成長しました。
リーズを率いてベックスをエースとして扱ってる私といたしましてはベックスがリーズをプレミアに引き上げて
旋風を巻き起こしてほしいんですが、年齢的にも早く上に行きたいでしょうからプレミアで早く見たい気も。
それよりもたくさんシュート撃っていたなとは思ってたのですがアグボンはこの試合だけで10本もシュートを放っている。
こんだけ打てば1本くらいは入りますよね。

アフォンソ・アウベスには仕事をさせず。ナイトとデイビスのコンビは普通に良いです。
ここにミランダがいて、ラウルセンが控えてるんだから層の厚さを実感できる。
他の場所は薄いですけど・・・。

 

 

 

たぶんそうとう記事が長くなってるので第一話はこのあたりで。
プレマッチは全勝。気分よくシーズンに挑むも2試合目のボルトン戦でまさかの逆転負け。
その後は立て直すもアーセナルに実力負け。現在の順位は7位です。
ボルトンに負けたのが痛かった。そのボルトンが上に居るということで厄介。
叩いておけばもうちょっと落ちてたかも知れません。

アーセナルは貫録の全勝。強すぎるよ。アデバイヨルの決定力がはんぱなさすぎる。
でもまだシーズンは開幕したばかり。今後は上位陣で潰し合いが起きます。
そんときにどれだけ勝ち点を上積みできるか。重要です。

 

 

高額移籍者の写真を貼るの忘れてたので最後に貼ります。
サラゴサがアイマールを42億で放出して怒涛の補強を行ってますね。
やるサッカーの転換でしょう。中心を放出して新たなサラゴサへ。
カモラネージ、バルザーリ、ニハト、リエジソン、カニの5人で107億円の大補強です。

ブレーメンも中心選手のジエゴをチェルシーに45億で売り飛ばして、
ファンデルファールト、マクーン、ラウル・メイレレスなど計4名で78億円を使っています。

見てて驚いたのはスポルティング・リスボンのミゲウ・ヴェローゾ。
この選手はチームの中心選手であるリエジソンが軽々と売り飛ばされてフロントへの不信感を爆発させ移籍を希望。
多数のクラブが興味を示しオファーを出してきたのですが、決まったのがポルト。
なんでなん・・・。フロントはなんでポルトに放出したん・・・。ライバルやん・・・。
国外クラブからも多数のオファーが来てたのに決まったのが一番のライバルであるポルトだったのでびっくりしました。

ミランが共同保有で森本。マレモートを獲得するのはデフォです・・・。
そしてラツィオのパンデフも共同保有で獲得。50%の保有権だけ獲得して実物はラツィオに置いたまま。
なんでそんなのに16億円も払うんでしょうか。来シーズンから加入するんでしょうかね。分かりません。

スポンサーサイト
  1. 2009/07/08(水) 14:59:50|
  2. FM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ヴィラ2 | ホーム | リーズ7>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mirano1458.blog114.fc2.com/tb.php/101-e7cf465b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ミラコレ

Author:ミラコレ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。