ミラコレ-FM日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ミラン2

10月2日  UEFAカップ
        vs Brann (A)

怪我から復帰したセンデロスが先発。カカ、ボリエッロもベンチ入り。
攻撃陣が続々と復帰してきたのでパロスキはそろそろ結果出さないと出番がなくなりそうです。

 

GK:アッビアーティ
DF:ザンブロッタ、センデロス、マルディーニ、サントン
MF:アンブロジーニ、ガットゥーゾ、フラミニ、セードルフ
FW:パロスキ、インザーギ

SUB:カラチ、カラーゼ、ボネーラ、アントニーニ、カルダシオ、カカ、ボリエッロ

 

4分、セードルフがエリア外から強烈なロングシュートをゴール右隅に叩き込みミラン先制。
12分、セードルフが右サイドから持ち込むと最後はフラミニが押し込んで2-0.
そのプレーでセードルフが負傷。カルダシオを投入。

37分、相手の左サイドからのクロスをマルディーニが痛恨のオウンゴールをしてしまい失点。

 

後半マルディーニも負傷。ボネーラ投入。
更にインザーギに代えてボリエッロも投入。

85分、上手いパス回しから決められ2-2の同点にされる。
そのまま試合終了。トータルスコア4-2でミランの勝ち抜け。

 

 

 

 

 

 

10月5日  セリエA
        vs アタランタ (13/A)

アタランタとの試合。
この試合が終われば代表ウィーク。まあ代表ウィークって言ってもほとんど代表選手なので休みなしですが。
ボリエッロとカカが先発復帰。中盤はカカ、セードルフ、ピルロ、フラミニと攻撃的。

 

GK:アッビアーティ
DF:ザンブロッタ、ボネーラ、カラーゼ、ヤンクロフスキ
MF:セードルフ、ピルロ、フラミニ
FW:シェフチェンコ、ボリエッロ、カカ

SUB:カラチ、センデロス、マッザラーニ、アントニーニ、ガットゥーゾ、アンブロジーニ、インザーギ

 

前半、ボリエッロのポストプレーが時折光るも圧倒的にアタランタのペース。
アタランタがずっと攻め続けミランは防戦一方。そのまま前半終了。

後半開始直後、アタランタのドーニがミドルシュートを決めアタランタがとうとう先制。
64分にも右サイドからのクロスにドーニが合わせて0-2.

78分、ボリエッロのポストプレーから抜け出した途中出場のインザーギが決め1-2と1点返す。

その後もミランが流れを掴むも得点ならず。1-2で敗れた。

現実でも難敵アタランタに負けてしまいました。

 

 

 

 

UEFAカップ組み合わせ抽選会。

一番楽なグループに入れたんじゃないでしょうか。
一番したのクラブが隠れてしまってますね。ベルギーのスタンダール・リエージュです。

 

 

 

10月19日  セリエA
         vs ボローニャ (12/H)

ボローニャとの試合。

 

GK:アッビアーティ
DF:ザンブロッタ、ボネーラ、カラーゼ、ヤンクロフスキ
MF:セードルフ、ピルロ、アンブロジーニ、カカ
FW:パト、ボリエッロ

SUB:カラチ、センデロス、マッザラーニ、アントニーニ、フラミニ、シェフチェンコ、インザーギ

 

今日は前の試合の鬱憤を晴らすかのようにミランが攻め込む。
そしてピルロからパスを受けたボリエッロが華麗なループシュートを決めミラン先制。

55分、セードルフからパスを受けたパトが豪快に決めて2-0.
61分、ザンブロッタが超ロングシュートを叩き込み3-0。

 

途中から変更した4-4-2が良かった。
でもこれをするとカカとかサイドハーフとして使わなくちゃいけないんだよな・・・。
守備も必要だし現実的じゃないなぁ。ミランは3ボランチって相場が決まってますしね。
でも4-4-2が好きなので4-4-2で行こう。

 

 

 

10月26日  セリエA
         vs キエーボ (11/A)

システムを4-4-2に変更。

 

GK:アッビアーティ
DF:ザンブロッタ、ボネーラ、カラーゼ、ヤンクロフスキ
MF:カカ、ピルロ、アンブロジーニ、セードルフ
FW:パト、ボリエッロ

SUB:カラチ、センデロス、マルディーニ、フラミニ、ガットゥーゾ、シェフチェンコ、インザーギ

 

3分、アンブロジーニから鋭いパスを受けたパトが決めミラン先制。

25分、キエーボMFイタリアーノのロングシュートが決まり同点。
バイタルがスカスカになってる気がする。やっぱり2ボランチになったからかな。

9分、アンブロジーニからスルーパスを受けたボリエッロが強引に突破するとそのまま決め2-1.

51分、左サイド、ヤンクロフスキのクロスにファーサイドのパトが頭で合わせて3-1.
90分、右サイドに流れたシェフチェンコにクロスにボリエッロが合わせて4-1.

 

パトとボリエッロのドッピエッタで快勝。

試合を見るのは楽しいんですよ。ただ采配が楽しくない。
なんでかって言うとゴリゴリ削られるわけですよ。
だから交代が相手の出方や采配に関係なく、削られてコンディション落とした選手を変えるだけになってしまってます。
これは面白くない。試合が面白いだけに采配も楽しみたい。
私が臆病すぎるのかなぁ。でもコンディション落としてる選手そのまま使うと次の試合に響くし
最悪負傷してしまうこともありますからねぇ。もうちょっとなんとかなんないでしょうかね。

 

 

 

10月29日  セリエA
         vs カターニャ (4/A)

現在4位のカターニャとの試合。
選手のコンディション調整が難しい。
パトはお休み。サイドバックも控えにしてフラミニも先発。
カカやセードルフも外したほうがいんだろうけど他が居ない。

 

GK:アッビアーティ
DF:マッザラーニ、マルディーニ、カラーゼ、サントン
MF:カカ、ピルロ、フラミニ、セードルフ
FW:インザーギ、ボリエッロ

SUB:カラチ、センデロス、ボネーラ、ガットゥーゾ、アントニーニ、ヤンクロフスキ、シェフチェンコ

 

51分、カカが右サイドを突破しクロスを出すとボリエッロがボレーで決めミラン先制。
82分、途中出場のガットゥーゾからパスを受けたフラミニがミドルシュートを決め2-0.

 

フラミニがひざ靱帯を損傷し全治3週間。

 

 

 

 

好調を維持しているミラン。現在リーグ戦7勝1分け1敗で首位インテルに勝ち点差1で並走している。
結果を残しているミラー監督にベルルスコーニからボーナス。

77億円も貰いました。クラブの財政を改善させたって言っても、なにもやってないんですけどね。補強2人したくらい。
ただアメリカのクラブと提携させたのでアメリカ方面で収入が増えたんでしょう。まあ増えすぎですけど。
現実のベルちゃんもこんなことしてくれませんかね。もうしてくれないんでしょうね。
早くクラブ売却してほしいです。まあこっちのゲームブログでそんなこと言ってもね。

77億円かぁ。移籍金があんまり高くないので大量補強できそうです。
2008は高い人では一人で50億円とかしてましたしね。
サイドハーフが欲しい。後はGKか。アッビの次を任せられるGK。

 

 

 

11月2日  セリエA
        vs レッチェ (16/H)

レッチェとホームでの試合。
インテルが引き分けもしないので勝たなければいけない。インテル強い。
パロスキが故障から復帰。ベンチ入り。

 

GK:アッビアーティ
DF:ザンブロッタ、センデロス、カラーゼ、ヤンクロフスキ
MF:ガットゥーゾ、ピルロ、アンブロジーニ、カカ
FW:パト、ボリエッロ

SUB:カラチ、マルディーニ、ボネーラ、アントニーニ、セードルフ、パロスキ、シェフチェンコ

 

3分、パトの反転からのシュートはクロスバー直撃。
7分、パスを受けたパトがエリア外から左足で豪快なロングシュートを叩き込みミラン先制。パト凄すぎ。

前半アンブロジーニが負傷退場。アントニーニ投入。

29分、パトが右サイドから持ち込むとクロス、ガットゥーゾのシュートは相手DFにあたりそのまま入りオウンゴールで2-0.

 

試合終了。パトのゴールとオウンゴールで快勝。
この試合でアンブロジーニが1週間の離脱。
そしてカラーゼも2~3週間の離脱となってしまった。

 

 

 

 

11月6日  UEFAカップグループリーグ
        vs デポルティボ・デ・ラ・コルーニャ (H)

因縁の相手、デポルティボ。
ミランはカラーゼ、アンブロジーニ、フラミニが故障中。厳しいです。
インザーギが久々の先発。ヨーロッパでの大会での勝負強さを発揮してもらいたい。

 

GK:アッビアーティ
DF:ザンブロッタ、センデロス、マルディーニ、ヤンクロフスキ
MF:セードルフ、ピルロ、ガットゥーゾ、カカ
FW:パト、インザーギ

SUB:カラチ、ボネーラ、アントニーニ、マッザラーニ、サントン、パロスキ、ボリエッロ

 

3分、パトのスルーパスで抜け出したインザーギが決めてミラン先制。ほんと勝負強い。
11分、右サイドからセードルフが切り込むと混戦の中からインザーギが押し込んで2-0.ドッピエッタ。

 

2-0で勝利。試合が面白くなったのは良いけど、試合内容を書きづらくなった。
まず誰がボールもってるとかが分かりにくいし、テンポが速い。

まあ試合に勝てればいいんですけどね。ピッポのドッピエッタで勝利。

 

 

 

11月9日  セリエA
        vs フィオレンティーナ (6/A)

故障者が多くこのメンバーしか組めない感じ。
プリマヴェーラからアルベルタッツィとカルダシオを招集。ベンチ入り。

 

GK:アッビアーティ
DF:マッザラーニ、センデロス、ボネーラ、サントン
MF:セードルフ、ピルロ、ガットゥーゾ、カカ
FW:パト、ボリエッロ

SUB:カラチ、マルディーニ、アントニーニ、アルベルタッツィ、カルダシオ、パロスキ、シェフチェンコ

 

強豪同士らしい激しい試合。
前半センデロスが負傷退場。マルディーニがピッチに入る。

後半に入るとホームのフィオレンティーナの猛攻が始まる。
ミランは防戦一方。そして67分、左サイドのムトゥからクロスを受けたヨヴェティッチが決めてヴィオラが先制。

なんとか追いつきたいミランは試合終了間際カカのゴールで1-1のドローで試合を終えた。

 

 

 

 

11月16日  セリエA
         vs レッジーナ (20/H)

最下位レッジーナとの対戦。
こんな風に書いてても試合内容あんま書けないし書き方変えようかなぁ。
アンブロジーニがベンチに復帰。センデロスが数日の離脱となったので
アルベルタッツィがトップチームに残る。

 

GK:アッビアーティ
DF:ザンブロッタ、ボネーラ、マルディーニ、ヤンクロフスキ
MF:セードルフ、ガットゥーゾ、ピルロ、カカ
FW:パト、ボリエッロ

SUB:カラチ、アルベルタッツィ、アントニーニ、サントン、アンブロジーニ、シェフチェンコ、インザーギ

 

16分、エリア内でパトが倒されPK獲得、カカが確実に決めてミランが先制。
19分、エリア外ギリギリでFKを獲得、ピルロが直接狙うとポストに直撃。しかしパトがきっちり詰めて決めて2-0.
24分、ミランのFK、ザンブロッタがロングボールを放り込むとガットゥーゾが倒されPK獲得、カカが蹴るもGKが止めてPK失敗。

35分、レッジーナのファンタジスタ、ブリエンツァが豪快なミドルシュートを叩き込んで1点返される。

 

88分、ヤンクロフスキのクロスに途中出場のインザーギがボレーを決めて勝負あり。
仕上げは後半ロスタイム、ピルロが直接FKを決めて試合終了。

終始押し続けたミランが4-1で快勝した。

 

 

 

11月22日  セリエA
         vs ユベントス (7/A)

ユベントスとの大一番。
ユベントスはブッフォン、ネドベドを怪我で欠くがアマウリ、トレゼゲ、デルピエロがゴールを量産し怖い存在。
最近は1週間に1試合ペースだったので選手の起用が楽です。

センデロスがスタメンに復帰。ミッドウィークにヤンクロフスキが代表でプレーしたのでお休み。
中盤はガットゥーゾではなくアンブロジーニが先発。
攻撃陣は前節と同じ。ボリエッロとパトの2トップ。インザーギがスーパーサブ。
ベンチにフラミニが復帰。

 

ちょっと考えてたんですよね。4-4-2のラインはミランではないなと。
私は根っからのミラニスタ。現在のミランは3ボランチが主流。
このメンバーは3ボランチにするためにそろえられたメンバー。
なのでこの試合から4-3-1-2に変更!
この急な方向転換が吉と出るか凶と出るかは分かりません。ユベントスとガチンコ勝負。

 

GK:アッビアーティ
DF:ザンブロッタ、センデロス、ボネーラ、サントン
MF:セードルフ、ピルロ、アンブロジーニ
  :カカ
FW:パト、ボリエッロ

SUB:ジダ、マルディーニ、ファバッリ、フラミニ、ガットゥーゾ、シェフチェンコ、インザーギ

 

GK:ブッフォン
DF:メルベリ、レグロッターリエ、キエッリーニ、モリナーロ
MF:カモラネーシ、シッソコ、マルキシオ、デル・ピエロ
FW:アマウリ、トレゼゲ

 

故障をおしてブッフォンが出場してきました。ひざ靱帯損傷してるんですけどね。
大一番で無理をおして出てきました。
怖いのはアマウリ、トレゼゲ、デル・ピエロ3人とも使ってきたこと。
ネドベド不在をデル・ピエロ中盤起用でどうにかするみたいです。
この3人で今シーズン25得点取ってますからね。ほんと怖い。
リーグ戦に限っても12試合で18ゴール。なんとか封じ込めたい。

 

1分、モモ・シソコがカカに後ろからタックルを仕掛けてしまい1発レッドで退場。
アマウリに代えてザネッティを投入してくる。
開始1分でミランが優位に立つと猛攻を仕掛ける。

攻め続けた結果22分にザンブロッタのクロスをボリエッロが頭で押し込みミラン先制。

前半はミランが圧倒的に攻め続ける。楽な試合かと思われたが後半ユベントスが巻き返しを見せる。
カウンターから個人技で攻めると74分、ジョビンコがドリブル突破から豪快に決めなんと同点。
人数差をもろともしないユベントス。一人多いミランは負けられない。

試合終了間際の89分、途中出場インザーギからパスを受けたカカがブッフォンをかわして決め2-1と勝ち越し!
すごいオフサイド臭かったです。ユベントスの選手も猛抗議。
リプレイを見たかぎり・・・オフサイドでした・・・。

 

ユベントス側はさぞかしお怒りになるんだろうなと思ってたら
シソコのレッドカードの件に関してチクっと言うだけでオフサイドには言明しませんでした。
複数の不可解な判定が出たらどっちかしか処理されないとかあるんですかね。
レッドカードよりオフサイドに文句言ったほうがいいと思うんですけど。

 

 

 

 

11月27日  UEFAカップグループリーグ
         vs Braga (A)

故障から復帰したカラーゼは先発。
ジダもちょっと使ってみようと思います。せっかく怪我から帰ってきましたしね。
ジダに関してはプリマヴェーラの試合に数試合出したので試合勘は大丈夫です。

FWは欧州カップ戦の男インザーギが先発。

 

GK:ジダ
DF:ザンブロッタ、マルディーニ、カラーゼ、ヤンクロフスキ
MF:セードルフ、ピルロ、ガットゥーゾ、カカ
FW:パト、インザーギ

SUB:アッビアーティ、センデロス、アルベルタッツィ、フラミニ、アントニーニ、パロスキ、ボリエッロ

 

26分、セードルフが豪快なロングシュートを叩き込んでミラン先制。
29分、カカのスルーパスで抜け出したヤンクロフスキが決めて2-0.サイドバックの飛び出し。

40分、ヤンクロフスキが負傷退場。アルベルタッツィを投入。

 

その後も無難に試合をリードし試合終了。2-0で勝利。
ヤンクロフスキは脳震盪で全治1週間。

 

 

 

11月30日  セリエA
         vs サンプドリア (3/H)

現在13節を終えて3位と躍進しているサンプドリアとの試合。
パッツィーニとカッサーノの2トップは脅威的。

ヤンクロフスキが負傷したのでアントニーニが先発。

 

GK:アッビアーティ
DF:ザンブロッタ、センデロス、カラーゼ、アントニーニ
MF:セードルフ、ピルロ、ガットゥーゾ、カカ
FW:パト、ボリエッロ

SUB:ジダ、マルディーニ、ボネーラ、フラミニ、アンブロジーニ、パロスキ、シェフチェンコ

 

12分、エリア内でパスを受けたデルベッキオが反転してシュートを決めサンプドリア先制。
しかし17分、エリア内でガットゥーゾがカッサーノに倒されてPK獲得、カカが決めてすぐさま同点!

更に25分、駆け上がったアントニーニのスルーパスで抜け出したセードルフが決めて逆転。
35分にはカカからのスルーパスを左サイドで受けたアントニーニが狭いところを撃ち抜いて3-1.

42分、ミランが左からのCKを得るとセードルフの蹴ったボールが
ファーサイドのポストに当たってから直接入り4-1.ラッキーゴールでもありスーパーゴール。

 

58分、クロスのこぼれ球を拾ったセードルフがドスンと決めて5-1.セードルフはこれでトリプレッタ。

84分、カウンターから途中出場のベルッチに決められ5-2.

 

試合終了。5-2と乱打戦を演じて勝利。
内容はどうなんでしょう。決して良かったとは言えない。相手のチャンスもかなり多かった。
この試合ミランよりサンプドリアのほうがシュート数が多い。
そしてミランはファールで止める場面が目立ち計6枚もイエローカードをもらってしまいました。

FWのゴールが無かったのは悲しいです。中盤のゴールばかり。セードルフが大活躍でした。

 

 

 

 

 

 

 

11月終了。現在2位です。インテル強すぎ。ミランも凄い結果出してるんですけどね。
やっぱり直接対決で叩いて調子を落とさせるしかないか。
直接対決は12月14日。UEFAカップとコパ挟んで行われます。リーグ戦的には次節です。

3位以下も凄いですね。3位から8位までが勝ち点差2以内。
サンプドリア3位だったのに1試合で7位にまで下がっています。
あと気になるのはカリアリ。現実では頑張ってるんですけどこれではなんと14試合で3ゴール。
これもう終戦気味でしょ・・・。

次は12月から。冬の補強。どうするか悩んでます。77億円ですからね。
即補強したいポジションっていうのが正直ない。
だから若手を獲得しようかなと思ってます。
パロスキをレンタルで放出してFW獲ってもいいなぁ。

スポンサーサイト
  1. 2009/11/24(火) 23:24:55|
  2. FM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミラン1

ミランで開始。文才ないんで箇条書きになっちゃうんですよねぇ。
もう少し作文的にやりたいと思うんですけど。
昔は作文検定とかあって合格してたんですけどね。

 

ミランのメンツを見てみて。
怪我人が多すぎる。シーズン始まる前から怪我人ばっか。
たしかに現実のミランは怪我人に苦しみました。そして完全リアルのこのゲームは忠実に再現されています。
シーズン始まる前からネスタ、センデロス、カカ、ボリエッロの4人は長期的に使えません。
チアゴ・シウバも使えるのは来シーズンからですし、正直陣容は厳しい。
でも頑張ってやりくりするしかないですね。
後年俸高すぎ。なんでみんなこんなに高いんだろうってくらい高い。
戦力外の選手をうまく放出していかなければなりません。

ま、始めますか。初プレイ、ぶっつけ本番なのでグダグダになっちゃうかも。
成績悪くて解任されないようにだけは気をつけよう。

 

 

「就任記者会見」

ミラー監督「子供の頃から憧れていたクラブだ。ミランで成功できると思っている。
        戦術面についてのアプローチは攻撃的にしていきたい。
        選手たちは私のことを尊重し信頼してほしい」

 

記者会見が長くなってました。2008は1個しか質問なかったのに2009では9つもありました。

 

ミラネッロに到着して最初にやることは戦力の把握。
選手の年俸が高すぎてなんと年俸予算をオーバーしている。
なので選手を放出しながら戦力を整えなければならない。

正直に言ってかなりメンツはヤバいと思う。
アンチェもかなり苦労してたんだな・・・。ゲームじゃなくて現実だしな・・・。

FWはボリエッロが怪我で居ないのでパト、インザーギの2枚のみ。
中盤はカカが不在。ロナウジーニョ、セードルフ、フラミニ、アンブロジーニ、ガットゥーゾ、ピルロが実質的な戦力か。
最終ラインはもっと厳しい。マルディーニ、ボネーラ、カラーゼ、ザンブロッタ、ヤンクロフスキ、アントニーニ。

こんなんでやっていけるのだろうか。

 

 

最初のお仕事。パルマからアルベルト・パロスキを6000万円で買い戻す。
共同保有ってなんか怖いんでね。あっちで成功したら足元見られて高額な移籍金要求されたくないですし。
またレンタルで出すか、あるいはそのままトップチームに残るか。
FWが居ないんでね。残る可能性は高いです。

と、思ったらシェフチェンコの存在をまるっきり忘れてた。
選手リストの一番下にいたから気付かなかった・・・。まあシェバには期待していませんけど。

 

次にエメルソンをサンダーランドへレンタルで送り出す。
買いとりオプションも付いてるので完全で獲ってほしいです。

 

キャンプも半ばに差し掛かってきたところで最初のプレシーズンマッチ。
気をつけることは怪我人を出さないこと。そこだけに気をつけていきたい。
初戦は格下相手に3-0で勝利。ピッポのゴールとシェバのドッピエッタ。

 

 

オリンピック代表に17歳のアルベルタッツィとパトが選ばれる。
怪我人も多すぎるし選手が居なさすぎる。親善試合もろくにこなせない。
ボネーラとダルミアンも負傷しているのでCBがマルディーニ、カラーゼ、ファバッリしかいない。

「アンブロジーニをCBで使うという私のアイデアも忘れてはいけない」

ヴァレーゼとの親善試合は前半でピッポのドッピエッタ、ザンブロッタのゴールで3-0にするも
後半にCBでコンビを組んだアンブロジーニとファバッリがグダグダで3失点して引き分け。
どっちもCBは本職じゃないですしね。補強しなきゃいけないかぁ。

誰かさんのアイデアは忘れよう。
でも補強は難しいんだよなぁ。来シーズンにチアゴ・シウバが加入しネスタが復帰するのが決まってますからね。

第3戦はロナウジーニョとシェバのドッピエッタで3-1の勝利。

第4戦、エバートンとの試合は1-2で敗戦。

第5戦、格下相手に4-0と大勝。試合が2008のときよりリアルになりました。見てて面白い。
3Dになったことでもっさり感は拭えませんが、動きがリアルなので以前よりおもしろい。

第6戦、ユベントスとのベルルスコーニ杯は0-0のドロー。怪我人が多数出る試合。

第7戦、バーゼルとの試合は1-0で勝利。ビウデスのごーる。

 

怪我人がヤバいです。故障者リストを覗いてみたらインテルもヤバかった・・・。
ミランは9人、インテルは12人。でもこっちのほうが重傷者多いですけどね。

第8戦、CSKAソフィアに2-0で勝利。ロナウジーニョとシェバのゴール。

第9戦、レフスキ・ソフィアに4-2で勝利。シェバのドッピエッタとピッポ、パロスキのゴール。

 

 

 

開幕直前号
「タソッティと対談コーナー」

本日は開幕直前ということでマウロ・タソッティアシスタントコーチに来ていただきましたー。
タソッティコーチとシーズンを展望していきたいと思います。

 

ミラー監督「どうもこんにちは」


タソッティコーチ「こんにちは」

ミラー「今まであんまり喋る機会ありませんでしたね」

タソッティ「そうですね。選手の獲得について積極的に話しかけたんですが」

ミラー「翻訳されてなくて何言ってるのか分かんなかった」

タソッティ「イタリア人のくせに・・・」

ミラー「ちゃ、ちゃんと翻訳機に掛けて調べたんだよ!大体は分かったけど結局何が言いたいのかわかんなかったけど」

 

ミラー「今日はそんな話をしたいんじゃないんだ。プレシーズンマッチも全て消化し、とうとうセリエAの開幕を迎えた」

タソッティ「初めての采配にも関わらず怪我人が多くて大変ですね」

ミラー「そうなんだよ。特に主力の離脱が痛い。ネスタ、カカーあたりは居ると居ないとでは天と地だ」

タソッティ「そんな中でプレシーズンマッチ、シェフチェンコとロナウジーニョが大活躍でしたね」

ミラー「ここだけの話、戦力として見てなかったシェフチェンコが9試合で7ゴールだ。
     ロナウジーニョも左サイドから積極果敢に攻め込んで4ゴールを上げている。
     シェバと2トップを組んだインザーギも4ゴールだ。
     そして期待の若手パロスキは控え組での出場も多かったこともあるだろうが1得点と冴えなかった」

タソッティ「FWはほかにボリエッロとビウデスが居ます」

ミラー「ボリエッロはまだまだ怪我で離脱している。ビウデスはまったく印象に残ってない。1ゴール決めたけど」

タソッティ「シーズンはどういう陣容でいくんですか?」

ミラー「悩んでるんだよ。オリンピックからパトも帰ってきたけど、どう使い分けるか」

タソッティ「パトはオリンピックで2ゴール決めてますね。ミランでも活躍しますよ。
       将来性はピカイチ。ゆくゆくはキープレイヤーとなってくれます」

ミラー「そうするとシェバとパトの2トップか」

タソッティ「シェフチェンコとパトの2トップに左サイドにロナウジーニョを置くと良いと思います。
       中盤はフラミニ、ガットゥーゾ、ピルロでどうでしょう」

ミラー「アンブロさんとか渋くて好きなんだけど・・・。セードルフもいるし・・・」

タソッティ「怪我人が出た時のために重要な選手です。現在もガットゥーゾが怪我で居ませんし」

ミラー「怪我人がちょこちょこ出続ける。ボネーラ、アンブロジーニ、ガットゥーゾ、インザーギと怪我が伝染していってる。
     幸い1週間もあれば治るものばかりだけど」

タソッティ「怪我には気をつけたいですね」

 

タソッティ「結局選手の放出はどうするんですか?」

ミラー「カラチの買い手がいない。エメルソンはサンダーランドへレンタルで放出した。
     パロスキをどうするかは考えてない」

タソッティ「パロスキは経験を積ませたほうが良いと思う反面、インザーギが不調になったときのために残しておきたいですね」

ミラー「そうなんだよ。ピッポもいつまでやれるか分かんないからな。これはほかのクラブの出方を伺うよ」

タソッティ「右サイドバックの獲得を考えているそうですね」

ミラー「それについて君が何か言っていたが何を言ってるのか分からなかった。
     オファーだしたって情報が漏洩したとかなんとか言ってた気がするけど
     そういうことをいちいち報告する必要性が分からないから結局何が言いたかったのか分からない」

タソッティ「気にしないでください。18歳でオリンピックイタリア代表に選ばれた
       ウディネーゼのアンドレア・マッザラーニくんを獲得するつもりなんですね」

ミラー「若手の獲得。レオナルドがこいつはザンブロッタになれるぜって言ってくれたから」

タソッティ「右サイドバックの若手にはマッティオーニが居ますけど。
       プレシーズンマッチでもなかなかの働きを見せました」

ミラー「選手は多いほうがいいじゃない。移籍金も3億4000万円と安いしさ」

タソッティ「もっと計画性をもって考えたほうがいいですよ。今後の補強案はあるんですか」

ミラー「ない。悩んでる。まず給与問題を片づけないといけない予算ギリギリ使ってる」

タソッティ「対策は?」

ミラー「来期選手がいっぱいいなくなるから大丈夫でしょ!」

(マルディーニ引退、ファバッリ、シェバ、エメルソン?カラチ退団)

 

 

 

 

18歳マッザラーニ君が加入。

 

 

 

「開幕戦前日記者会見」

ミラー「開幕が待ち遠しいよ。
     優勝するのはミランだ。
     ミランの躍進にはセードルフの活躍が必要なのは同意。
     ミッコリはたしかに驚異的な選手だが、カラーゼが対応してくれるよ。
     ピルロが新しい挑戦をしたがっているが認めない。彼はプロジェクトの中核にいる」

質問が多い。13個もあった。楽しいけどサクサク進まないな。

 

 

8月30日  セリエA
        vs パレルモ(H)

ボネーラとボリエッロが出場停止処分。って言ってもボリエッロは怪我ですけど。
開幕なので攻撃的な布陣。

 

GK:アッビアーティ
DF:ザンブロッタ、マルディーニ、カラーゼ、ヤンクロフスキ
MF:ピルロ、アンブロジーニ、セードルフ
FW:シェフチェンコ、パト、ロナウジーニョ

SUB:ジダ、ファバッリ、アントニーニ、カルダシオ、フラミニ、マッザラーニ、パロスキ

 

11分、パトがDFケアーに倒されてPK獲得、シェフチェンコが冷静に決めミラン先制。
19分、ロナウジーニョがタッチラインから切り込むとそのまま持ち込んで決めて2-0.キレが良すぎ。

後半、打撲を負ったシェバに代えてパロスキ投入。
更に負傷したザンブロッタに代えてマッザラーニ。

65分、ミランのCKの場面、カラーゼが頭でねじ込んで3-0。

 

正直ね、親善試合もそんなに良いと思わなかったし行き先不安だったんですよ。
でも幸先よくスタートできました。

ただ、怪我が多い。シェフチェンコとカラーゼが2週間の離脱。ザンブロッタが1週間の離脱。
どおしてくれるん。こんなんシーズンやってけんやん。

 

 

 

 

代表。
アッビやボネーラも選ばれてますね。
期待してるのはパロスキ、マッザラーニ、アルベルタッツィ、ダルミアンの年代別代表たち。

更にロナウジーニョとパトがブラジル代表に招集
ヤンクロフスキとセードルフも召集されました。

 

 

移籍期限最終日にインテルの17歳ダビデ・サントンを9億円で獲得してしまいました・・・。
一番のライバルチームから選手を引き抜くとは・・・。
いや自分でもこの交渉がまとまってなんか微妙な気分になってます・・・。
獲れると思わなかったけど獲れちゃった。
でも来たからにはミラニスタになってもらいます!
ちょうど好きなクラブもないようなのでミランを好きになってもらいたいですね。

将来性は抜群。イタリア代表のサイドバックに定着できる選手です。

 

 

ジダが練習中に指を骨折。1か月以上の離脱。
ちょっと怪我人多すぎるよ。どうすればいいんですか!練習ぬるくするか・・・。

更にパトがすねを故障し専門医が登場。もうやめてー!

U21の試合でパロスキがドッピエッタの活躍。

 

 

   

昨季
出場数
昨季
ゴール数
 
8年目GK.12アッビアーティ3121試合 アトレティコマドリーから復帰
8年目GK.1ジダ3413試合  
4年目GK.31カラチ3525試合  
        
31年目DF.3マルディーニ4017試合1ゴール 
3年目DF.25ボネーラ2721試合  
9年目DF.4カラーゼ3032試合  
7年目DF.13ネスタ3229試合1ゴール重傷、復帰は冬以降
期限付DF.24センデロス2317試合2ゴールアーセナルから期限付
3年目DF.19ファバッリ3626試合  
新加入DF.15ザンブロッタ3129試合 バルセロナから16億円で獲得
4年目DF.18ヤンクロフスキ3114試合  
3年目DF.77アントニーニ2632試合 エンポリから復帰
新加入DF.27マッザラーニ180試合 ウディネーゼから3.4億円で獲得
新加入DF.17サントン170試合 インテルから9億円で獲得
        
10年目MF.8ガットゥーゾ3031試合1ゴール 
13年目MF.23アンブロジーニ3133試合4ゴール 
新加入MF.16フラミニ2430試合3ゴールアーセナルから自由移籍で加入
8年目MF.21ピルロ2933試合3ゴール 
新加入MF.80ロナウジーニョ2817試合8ゴールバルセロナから38億円で獲得
6年目MF.22カカ2630試合15ゴール 
7年目MF.10セードルフ3232試合7ゴール 
        
2年目FW.7パト1918試合9ゴール 
4年目FW.11ボリエッロ2635試合19ゴールジェノアから復帰
8年目FW.9インザーギ3521試合11ゴール 
4年目FW.43パロスキ187試合2ゴール 
期限付FW.76シェフチェンコ3117試合5ゴールチェルシーから期限付
        
6年目DF.36ダルミアン180試合 イタリアU19代表
2年目DF.56アルベルタッツィ170試合 イタリアU23代表(オリンピック代表)
期限付DF.2マッティオーニ1913試合  
新加入MF.14カルダシオ2016試合 ウルグアイU20代表
新加入FW.20ビウデス1927試合3ゴールウルグアイU20代表

 

 

 

9月13日  セリエA
        vs カリアリ (A)

2戦目。マッザラーリが初先発。サントンもベンチ入り。
体調が整ってる人でベンチを組んだが酷過ぎる。サイドバックばっか。

GK:アッビアーティ
DF:マッザラーニ、ボネーラ、マルディーニ、ヤンクロフスキ
MF:ピルロ、アンブロジーニ、フラミニ
FW:セードルフ、インザーギ、ロナウジーニョ

SUB:カラチ、ファバッリ、アントニーニ、サントン、マッティオーニ、ザンブロッタ、パロスキ

 

10分、セードルフのクロスに反応したインザーギのシュートはGKマルケッティが弾く。
19分、FKからボネーラのヘッドはクロスバー直撃。

36分、右サイドからのスローイン、受けたアンブロジーニが逆サイドへ展開すると
受けたヤンクロフスキがダイレクトでミドルシュートを沈めミランが先制。

44分、アンブロジーニからスルーパスを受けたロナウジーニョがニアサイドを狙い澄まして決め2-0.
ロナウジーニョ活躍しすぎてなんだかなぁ。ドリブルはゴリゴリ抜けるわ、パスは巧いわ、決定力あるわ。

61分、アゴスティーニが1発レッドで退場。
アントニーニ、サントン、パロスキを投入。

 

危なげなく勝利。インザーギ、パロスキのシュートがほとんどない気がする。

 

 

 

9月18日  UEFAカップ
        vs Brann (H)

シェフチェンコを登録するの忘れてました。一番下だったから気付かなかった・・・。
センデロスがベンチ入り。カカーが練習に復帰。

 

GK:アッビアーティ
DF:マッザラーニ、ボネーラ、カラーゼ、サントン
MF:ピルロ、アンブロジーニ、フラミニ
FW:セードルフ、インザーギ、ロナウジーニョ

SUB:カラチ、センデロス、アントニーニ、ザンブロッタ、ヤンクロフスキ、ガットゥーゾ、パロスキ

 

14分、ロナウジーニョのミドルシュートは枠のわずかに右。
18分、セードルフのミドルシュートはクロスバー。

28分、ロナウジーニョからパスを受けたインザーギが決めミラン先制。


HT、インザーギに代えてパロスキ。

49分、サントンのミドルシュートはクロスバー。
53分、アンブロジーニのシュートはポストに当たるも跳ね返ったボールをサントンが詰めて2-0.
サイドバックがここまで突っ込んでくるって凄いな・・・。でも楽しい。

 

一方的な試合。でも2点しか取れなかった。

 

 

 

9月21日  セリエA
        vs トリノ (H)

第3節。相手も怪我人が酷い。アバーテ、ロジーナ、ロランド・ビアンキ、チェーザレ・ナターリ。主力ばかり。
ボリエッロが練習に復帰。カカはセンデロスと共にプリマヴェーラの試合に1試合出したいと思います。

 

GK:アッビアーティ
DF:ザンブロッタ、ボネーラ、マルディーニ、ヤンクロフスキ
MF:アンブロジーニ、ピルロ、フラミニ
FW:シェフチェンコ、パロスキ、ロナウジーニョ

SUB:カラチ、センデロス、カラーゼ、アントニーニ、ガットゥーゾ、セードルフ、インザーギ

 

7分、左サイドに流れたパロスキのクロスにシェフチェンコが合わせてミランがあっさり先制。
17分、ミランの右サイドからのスローイン、ロナウジーニョが逆サイドへ出すと上がっていたマルディーニが決め2-0.
前半ロスタイム、ロナウジーニョがエリア内でディアナに倒されPK獲得、シェバが狙うもクロスバー直撃。

86分、ミランのCKの場面、アンブロジーニが頭で豪快に決め3-0.

 

ネスタがおらず、サイドバックもかなり攻撃的にしてるのに失点しないなぁ。
プレマッチでは守備酷かったんですが、その酷かった時ってCBがファバッリとアンブロとかだったからな。

 

 

 

 

9月24日  セリエA
        vs ジェノア (A)

第4節。過密日程で選手のコンディションがどんどん落ちてる。

 

GK:アッビアーティ
DF:マッザラーニ、ボネーラ、カラーゼ、サントン
MF:ガットゥーゾ、ピルロ、セードルフ
FW:シェフチェンコ、インザーギ、ロナウジーニョ

SUB:カラチ、マルディーニ、ヤンクロフスキ、アントニーニ、アンブロジーニ、フラミニ、パロスキ

 

1分、ガットゥーゾから左サイドでパスを受けたロナウジーニョが切り返して中央へ切り込むと
そのまま右足で決めミラン先制。活躍しすぎ。
24分、ロナウジーニョからパスを受けたインザーギのシュートはGKがファインセーブ。

31分、ジェノアの左サイドからのスローインから最後はヴァンデン・ボーレに決められ失点。

 

時間もなくなり苦しくなってきた86分、パロスキとのワンツーで抜け出したインザーギが決めミラン勝ち越し!

 

 

 

 

9月27日  セリエA
        vs ラツィオ (16/H)

選手がかなり疲れやすくなってるような気がしないでもない。
こんなもんだったかな?1週間で2試合ずつ続いてるけど選手のコンディション回復が遅い

 

GK:アッビアーティ
DF:マッザラーニ、ボネーラ、カラーゼ、ヤンクロフスキ
MF:アンブロジーニ、ピルロ、フラミニ
FW:セードルフ、インザーギ、ロナウジーニョ

SUB:カラチ、マルディーニ、サントン、アントニーニ、ザンブロッタ、シェフチェンコ、パロスキ

 

前半2分、ロナウジーニョが負傷退場。パロスキを投入。

 

酷いワンサイドなゲーム。しかし決めきれずにスコアレスドローになったんですからもっと酷い。
今日はパロスキにいいボールが集まって決定機が多かったんですけどね。決めきれませんでした。
ポストやGKにことごとくセーブされてしまいました。

そして負傷退場してしまったロナウジーニョ。ふくらはぎの肉離れで全治3か月から4か月と診断されてしまいました。
ここまで絶好調で6試合で3ゴール決めてたんですが・・・。
カカがそろそろなんとか復帰できそうなのがせめてもの救いですが。
現在はパトもすねの故障で不在ですし前線は辛い状況。

 

 

 

 

9月終了。
現在はセリエA第5節を終了し4勝1分け、インテルと同じ勝ち点で首位です。

カカ、ボリエッロ、センデロスは復帰しました。
その代りにロナウジーニョが長期の離脱。パトはすぐに復帰できると思います。

 

第1話のベスト11

GK:アッビアーティ
DF:マッザラーニ、ボネーラ、カラーゼ、ヤンクロフスキ
MF:アンブロジーニ、ピルロ、セードルフ
FW:セードルフ、インザーギ、ロナウジーニョ

はたしてこの企画に意味があるのかは分かりませんがとりあえず。

 

プレイ感想

楽しい。ドリブルでの仕掛けがよりリアルになったと思う。
前は相手がいようがいまいが微妙な攻めでした。
でも圧倒的なワンサイドゲームになってしまう傾向は治ってないみたいです。
おそらく前作同様格上相手にはまったく攻めてこないって感じなんでしょうかね。

あと移籍金が馬鹿げた金額じゃなくなってるような気がします。
10億円を超えた移籍金で移籍した選手は今夏11人しかいませんでした。
まあこればっかりは次の夏を見てみないと分かりませんけどね。
でもマンチェスター・シティだけは異常で3人獲得するのに120億円使ってましたけど。
まあシティですし。バリーに52億円、ジルコフに50億円、バレンシアに21億円。凄い。

私が獲得した2選手も将来有望なのにあの金額でしたからやっぱり移籍金に関してはだいぶ下がってるみたいです。

その代り年俸がかなり上がってる気がする。全体的に年俸が高い。
特にバイエルンの18歳CBブレーノなんて8億円ももらってますよ。
18歳で8億円はないっしょ。全体的にかなり高いと思います。
ミランのフラミニも9億2500万円もらってますよ。
現実では400万だか500万ユーロだから高くて7億いくらだと思いますけど。

 

まあいろいろ言いましたが2008よりおもしろい。
後は翻訳しきれてなくてたまに英語が出てくるんで完全日本語版出してくれればね。
セガさん頼みますよ。って言ってももう出すつもりないんでしょうけど。

  1. 2009/11/18(水) 16:44:12|
  2. FM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2009

本ブログのほうで言いましたがフットボールマネージャー2009を買いました。
最初はミランで始めるつもりです。

1試合やってみた感想。2008のほうがなんか盛り上がったかも。
でも日本語化にするのに疲れて超テンション落ち気味でやったのでね。
3D化した2009ではどうなるでしょうか。

ところどころ英語のままなので若干萎えてますけどこれからは2009を楽しみたいと思います。

  1. 2009/11/16(月) 15:09:34|
  2. FM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヴィラ9

8月3日  コミュニティー・シールド
       vs チェルシー

シーズンの開幕です。まずはプレミア王者としてFAカップ王者のチェルシーと戦います。
アレックス・テイシェイラが怪我で不在。
エドゥアルドとケイリソンが北京オリンピックにブラジル代表として召集されています。
どちらも19歳なのにオリンピック代表はすごいですね。まあエドゥアルドは控えの便利屋として。
そしてケイリソンは18歳パトの替えという選択肢でしょうけど。

ロシアリーグが普通にやってたのでアルシャビンがすぐにでも試合に出れる状態になってました。
なので先発にしようかなと。A・ヤングを売ろうかなぁ・・・。
そしたらアルシャビンをもっと前目で使えるなぁ・・・。でもこういう将来性抜群の選手を売ると
仲の良い選手とかがフロントに不信感を持って移籍を考えたりするんですよねぇ。
悩むぅ・・・。

こうなったらバリーを少し下げ位置に置くか。もともとバリーは守備力もありますし、
アルシャビン、バリー、レオ・コーカー、A・ヤングの並びでも問題ないような。
でもそうしたらバリーは昨季15ゴールとったような得点力は見せれないだろうし。
でも普通にアルシャビンのほうが得点力あるよな・・・。
守備力のなりアルシャビンを真中の置くよりよっぽど良いんじゃなかろうか。
でもバリーを前目で使いたいんだよなぁ・・・。ジェラードのトップ下みたいに。

考え抜いた末にバリーとレオ・コーカーの2ボランチという形をとりました。
アルシャビンを左にA・ヤングを右で起用。
バリーの昨シーズン見せた得点力はアルシャビンに頑張ってもらいます。
でもこのほうが前より良いような気がします。
守備も安定しそうだし、バリーのパスワークで試合を後ろから作ってくれそう。
アルシャビンも守備を気にせず攻撃に専念できる。
マイナス点はシーズン15ゴールしたバリーの得点能力のみ。
それもアルシャビンが補ってくれるでしょう。

 

GK:ヴィーゼ
DF:ロペス、ナイト、ミランダ、カプアーノ
MF:A・ヤング、レオ・コーカー、バリー、アルシャビン
FW:カリュー、アグボンラホール

SUB:テイラー、デイビス、モリナーロ、ガードナー、モッタ、ルリーニャ、ヘアウッド

 

GK:チェフ
DF:イヴァノビッチ、テリー、カルバーリョ、A・コール
MF:J・コール、エッシェン、ランパード、バラック、マルダ
FW:ドログバ

 

チェルシーは前と同じ陣容。
ヴィラのメンバーも今シーズンのベストメンバー(予定)
控えも7人になりベンチワークも楽になりました。
ベンチ外となったのは代表の2人と怪我のアレックス、そしてマロニー。

 

やってみて、チェルシーの個々のレベルが高いのは分かるけどウチの左サイドが攻められすぎ。
ウチは歪んだシステムですからね。左サイドの隙は大きい。
それでも今まではレオ・コーカーがど真ん中に立って右に左にカバーしていたけど
今はそこにバリーが立って、レオ・コーカーは少し右目に居る。
そのせいで左サイドの守備が不安定。バリーが居たとこにアルシャビンが入って守備が弱くなりましたしね。

 

35分、チェルシーが得たFKの場面、ランパードが直接決めチェルシーが先制。

前半見てみて感じたことはアルシャビンが空気だったこと。
そして思った以上に守備がヤバい。
後半アルシャビンをアシュリー・ヤングのポジションへ。そしてアシュリー・ヤングに代えてチアゴモッタ投入。
バリーを前目に出す。以前の感じに戻してみました。

48分、抜け出したランパードが決め0-2.
62分、カプアーノがエリア内でジョー・コールを倒してしまいPK献上、アシュリー・コールが決めて0-3.
75分、ヴィラのCK、ミランダが頭でねじ込み1点を返す。

 

試合終了。まず勝ってタイトルを獲りシーズンの弾みにしようと考えていたが甘かったようだ。
チェルシーに完敗を喫した。

 

 

 

悔しい敗戦。前半は何もできなかった。後半はアルシャビンがなかなか良かった。
やはり戦術の問題か。

 

 

8月7日

オリンピックでブラジル代表のエドゥアルドがCBとして先発したものの15分で肘打ちで退場しよった・・・。
せっかく与えられたチャンスなのになぁ。ケイリソンは出番なし。
スペイン代表との試合は2-2の引き分け。

 

 

 

8月9日  プレミアリーグ
       vs ブラックバーン (H)

プレミアリーグ開幕戦。
チェルシー戦で悪かった両サイドバックを変更して試合に挑む。
右にガードナー、左にモリナーロ。そしてアシュリー・ヤングではなくルリーニャが先発。
このルリーニャ。ほんと良いような気がする。

 

GK:ヴィーゼ
DF:ガードナー、ナイト、ミランダ、モリナーロ
MF:ルリーニャ、バリー、レオ・コーカー、アルシャビン
FW:カリュー、アグボンラホール

SUB:テイラー、デイビス、カプアーノ、モッタ、マロニー、A・ヤング、ヘアウッド

 

2年目のジンクスなのだろうか。まったく良いところを作れない。
何が悪いのか分かってる。攻撃のテンポが速すぎる。前に行くのが速すぎてサイドバックの攻撃参加がない。
昨シーズンはサイドバックが攻撃の中心になっていた。でも戦術変えてないのにこうなったのはやはり選手が変わったからか。
とにかくテンポを落としたいので選手にそう指示する。

 

62分、高い位置でレオ・コーカーが相手からボールを奪うとそのままアグボンラホールへパス、
受けたアグボンラホールが遠い位置から結局的に狙うとこれが決まりヴィラが先制!
やはり厳しい場面で決めてくれるのがエースストライカー。

後半ロスタイム、ミランダが2枚目イエローをもらい退場。

 

開幕戦、決して満足できる内容ではなかった。
でも後半はけっこう良くなったと思います。アルシャビンのポジションはバリーのほうがいいのかなぁ。
バリーも今のポジションはちょっと微妙だし。大胆な変更が凶と出てるのかなぁ。
改善策はプレシーズンマッチでやってたバリー、レオ・コーカー、モッタ、A・ヤングの並びか。

 

 

8月12日  プレミアリーグ
        vs ウェストハム (A)

ミランダが出場停止。デイビスが先発。
中盤は悩んだけど数試合はこの並びでやってみる。
ダメそうならアルシャビンにはベンチか守備が必要なところに行ってもらう。
か、アルシャビンを右で使ってA・ヤングを放出か。

 

GK:ヴィーゼ
DF:ロペス、ナイト、デイビス、カプアーノ
MF:A・ヤング、バリー、レオ・コーカー、アルシャビン
FW:カリュー、アグボンラホール

SUB:テイラー、ガードナー、モリナーロ、モッタ、マロニー、ルリーニャ、ヘアウッド

 

サイドバックが攻撃に絡めない。昨シーズンのような攻撃ができない。困った。
どうしてこうなったのだろう。
どうやったら改善されるのだろうか。分からない。
スコアレスドロー。実況にはつまらない試合と言われました。

 

 

 

8月16日  プレミアリーグ
        vs チェルシー (H)

きましたチェルシー戦。コミュニティーシールドではボコボコにされましたけど今度は勝ちたい。
中盤の並びはバリー、レオ・コーカー、モッタ、A・ヤング。
モッタも入れて守備重視にしました。

 

GK:ヴィーゼ
DF:ロペス、ナイト、デイビス、モリナーロ
MF:A・ヤング、モッタ、レオ・コーカー、バリー
FW:カリュー、アグボンラホール

SUB:テイラー、ミランダ、カプアーノ、マロニー、ルリーニョ、アルシャビン、ヘアウッド

 

やはりバリーか・・・。バリーが左前目に来た途端機能し始めた。
しかし10分、マルダの折り返しからドログバが決めてチェルシーが先制。

失点はしたものの明らかに内容が良い。もう左前はバリーで決定だな。
アルシャビンやその他じゃダメだ。チームワークが安定しない。アルシャビンは右で使おう。

81分、カリューのポストプレーから飛び出したバリーが決め同点!

 

引き分けましたが内容は良かった。ただゴールがついてこない。まだ3試合で2ゴール。
もう少し得点力が欲しい。

 

 

 

8月20日  プレミアリーグ
        vs マンチェスター・ユナイテッド (14/A)

強豪と立て続けに試合。態勢を立て直すためにも弱いところと戦いたいんだが・・・。
戦術を結構変えてみた。注目はアルシャビン。右サイドではなく左サイド、バリーの更に左に配置してみた。
この位置でどれだけ働けるか。

 

GK:ヴィーゼ
DF:ロペス、ナイト、デイビス、カプアーノ
MF:モッタ、レオ・コーカー、バリー、アルシャビン
FW:カリュー、アグボンラホール

SUB:テイラー、ミランダ、モリナーロ、A・ヤング、ルリーニャ、マロニー、ヘアウッド

 

試合はマンUペース。それでもユナイテッドの高いDFラインの裏をアグボンラホールが積極的に狙う。
実はアグボンラホールが前半10分で2ゴール決めた。まあどっちもオフサイドで取り消されたけど。

14分、マークのズレから最後はルーニーにらくらく決められ失点。
決定力あるなぁ。アグボンだったら外してたかも。

点を返したいヴィラはわずか4分後、アルシャビンが左サイドから抜け出すと巻いて決め同点!
アルシャビンにはこのポジションが合うかな。活き活きしてる。
アーセナルでの使われ方とにたようなもんです。

そして26分、自陣からのFKをカリューが頭ですらすと抜け出したアグボンラホールが決め逆転!


勝ち点3が欲しい。ということでまだ後半始まったばっかだけどカリューに代えてミランダ投入。
68分、ヴィディッチがトラップミス。抜け出したアグボンラホールがファーディナンドをドリブルで抜いて
シュートを狙うもクロスバー直撃。

 

試合終了!
最後はかなり苦戦しましたけどなんとか2-1で勝利!
先発起用に応えて見せたアルシャビンが同点ゴールを決め、
エースストライカーのアグボンラホールが逆転ゴール。
素晴らしい試合中盤は左からアルシャビン、バリー、レオ・コーカー、誰かで決まりかな。
モッタのパフォーマンスはそんなに良くないので代えてもいいけど
ここは右サイドアタッカーというより3ボランチの右って感じだから
A・ヤングやルリーニャだと守備力の問題があるかも。
中央に陣取るからサイドアタッカーにはプレスがきついかもしれないし。どうしよう。

 

 

 

 

 

現在北京オリンピックでブラジル代表として出場している19歳のエドゥアルド。
青田買いとして2億円で獲得しましたが、クラブでの出場はわずか1。
まあ当たり前18歳で昨シーズンの冬に加入したばかりですからね。
そのエドゥアルドにありえない量のオファーが届く。全部で26のクラブが興味持ってるようです。
まあそのほとんどがこちらの意を汲み取ってレンタルでのオファーばかりなんですが、
強豪クラブになると完全でくれとばかり言ってきます。

特にレアルマドリー。性質が悪い。一見期限付でのオファー。
しかし書類の中に3億4000万円で買い取れる権利付きと小さい字で書いとりました。
もし期限付で放出する予定で書類を読まなかったらまんまと獲られるとこでしたね。
詐欺や!
エドゥアルドはまだ放出しません。もしかしたらCBで出番あるかもしれませんしね。

 

 

 

8月23日  プレミアリーグ
        vs エバートン (5/H)

もう開幕から過密日程。CLはまだ始まってないのに1週間で2試合が続いてる。
ちょこっとスタメンを変更して挑む。
右サイドバックにガードナー、中盤にA・ヤングが入り、FWもヘアウッドが初先発。
ミドルスブラにレンタルで移籍してるルーク・ムーア。
ふと見てみたら3試合で3ゴールしてる。やっぱ出番があれば活躍できる選手なんだよなぁ・・・。
でも同じタイプで完全に中心になったアグボンラホールがムーアより1歳下・・・。
来シーズン帰って来ても出番は変わらなさそう。

 

GK:ヴィーゼ
DF:ガードナー、ミランダ、デイビス、カプアーノ
MF:A・ヤング、レオ・コーカー、バリー、アルシャビン
FW:ヘアウッド、アグボンラホール

SUB:テイラー、ナイト、モリナーロ、モッタ、マロニー、ルリーニャ、カリュー

 

3分、アグボンラホールが倒されてFK獲得、A・ヤングが直接狙いこぼれ球を右サイドでミランダが拾う。
そしてそのまま中央へパスを出すとファーサイドに走り込んだレオ・コーカーが決めてビラが先制!
普段点決めない人のゴールってなんか嬉しくなっちゃいますよね。

更に9分、左サイド、カプアーノのアーリークロスにアグボンラホールが頭で合わせて2-0.
速いクロスにドンピシャで合わせました。

その後もヴィラが攻め込む展開。
前半39分、ヘアウッドが負傷退場。ルリーニャを投入。
そのままカリュー入れたらいつもの変わらないですからね。
せっかく2点リードし余裕があるので試してみる。

 

後半からA・ヤングに代えてマロニー投入。やっぱこの位置はマロニーが最適なのかな。

後半はアグボンラホールとルリーニャの2トップ。
ルリーニャの動きが良く決定的場面を作る。ルリーニャは決めきれなかったものの得点の匂いを醸し出す。
そして59分、アグボンラホールのスルーパスで抜け出したルリーニャが決め3-0!

 

試合終了。3-0で完勝。ルリーニャはほんと動きが良い。
アレックス・テシェイラも出場し始めたときに3ゴール決めましたけど動きの質が違うような気がする。
ヘアウッドは残念ながら足首の捻挫で全治1か月。せっかく先発出場したのに。
FWはカリューとアグボンラホールの2トップで控えにケイリソンが代表から復帰、ルリーニャも使えそうと言ったところ。

 

 

 

 

 

8月27日

バルセロナからGKオーイエル・オラサバルを移籍金4億円で獲得。
先日の北京オリンピックにも18歳ながら召集され1試合に出場している。
その試合をスカウトが見て獲得を薦めてきました。
GKは2人しかいないのでこれで第3GKを確保。将来性のある選手です。

 

 

 

CLグループステージ組み合わせ抽選会。
ヴィラは近年欧州での実績がないので第4シードで抽選。
見てわかると思いますけどグループEがやばい。
第1シードから順に抽選されていくんですけど最後はグループEはねーよ!グループEはねーよ!
と、叫んでました。結局は通り過ぎてグループH、ミランと同組となりました。

楽しみですね。私はミランが好きだと公言しているので一緒にしてもらえたんでしょうかね。

 

 

 

8月31日

もう長いことずっと交渉していたシャフタール・ドネツクの右サイドバック、ダリヨ・スルナを移籍金22億円で獲得。
高い。それは分かってる。でも右サイドバックが欲しかった。
スカウトの評価は高かったものの、合流してコーチ陣が見たらそんなでもないらしい。
22億円もかけたからちょっとガッカリだけど仕方ない。右サイドバックでレギュラーになってもらいます。
ロペスが今シーズンあんまり良くないのでね。その代り右サイドバックで出場してるガードナーが結構良いんですが、
まあDFということもあって本職の選手のほうが良いでしょう。
スルナは左右サイドが出来て後ろから前までどこでもできる選手。

 

 

 

8月31日  プレミアリーグ
        vs ポーツマス (19/A)

入団したその日ですが、スルナがベンチ入り。
流石に先発はね。右サイドバックの先発はガードナー。先週の週間ベスト11に選出されてました。
ベンチに北京オリンピックから帰ってきたFWケイリソンが入る。
ベンチにブラジル人多いな。7人中4人がブラジル人。

エドゥアルド、ロペス、A・ヤングがベンチ外。

 

GK:ヴィーゼ
DF:ガードナー、ナイト、デイビス、カプアーノ
MF:マロニー、レオ・コーカー、バリー、アルシャビン
FW:アグボンラホール、カリュー

SUB:テイラー、ミランダ、モリナーロ、スルナ、モッタ、ルリーニャ、ケイリソン

 

2分、左サイドのカプアーノのクロスはブロックされるもこぼれ球を拾ったバリーが決めてヴィラ先制!
8分、バリーからパスを受けたアグボンラホールが強烈なロングシュートを決めて2-0.

14分、相手のロングボールの落としから決められ2-1.
18分、デフォーのポストプレーから最後は走り込んだジョン・ウタカに決められ同点。

 

67分、相手CBのトラップミスを掻っ攫ったアグボンラホールが持ち込んで決めて3-2!

 

苦しい試合だった。最後はエースストライカーが決めてくれてなんとか勝利。
ほんと戦術が定まらなくて辛い。コロコロ変えまくってる。
でも選手が毎試合動きが安定しないんだよなぁ。
理想は誰でも点が取れるシステム。でもどうやればいいのか分からない。

 

 

 

9月1日

この夏の移籍マーケット

 

たけぇとしか言いようがない。エンゾグビアが57億円。バルザーリ60億円。ロッシ75億円、ナニ70億円。
全体的に高い。

 

 

 

CL出場選手登録

スルナがシャフタールで予選に出てたため出場できず。
後はトップチームの面々とGKオラサバル、DFクラーク、MFオズボーンが選ばれる。

 

 

 

他にエドゥアルド、ケイリソンの2人がブラジルU21代表に招集されています。
ブラジル代表の2人はご多忙ですね。

 

 

 

9月13日  プレミアリーグ
        vs アーセナル (4/A)

代表組も全員帰って来てアーセナル戦。
今シーズンは選手がたくさん居てメンバーを選ぶのが大変であり楽しい。

スルナが初先発。A・ヤングも先発入り。

 

GK:ヴィーゼ
DF:スルナ、ナイト、デイビス、カプアーノ
MF:マロニー、レオ・コーカー、バリー
FW:A・ヤング、アグボンラホール、アルシャビン

SUB:テイラー、ミランダ、エドゥアルド、ガードナー、ルリーニャ、ケイリソン、カリュー

 

 

試合は前半から激しい試合。その試合で先制したのはアーセナル。
23分に左サイドからのクロスのこぼれ球をディアビーが決めてアーセナルが先制。
そこから流れに乗ったアーセナル。34分にエドゥアルドのパスで抜け出したファン・ペルシーが決めて2-0.

アーセナルが試合を決定づけたかと思われたがその4分後、アグボンラホールの突破は阻止されるも
こぼれ球を拾ったバリーがエリア外からゴール右隅に決めヴィラが1点を返す。

後半にはケイリソンとルリーニャが投入される。
そして66分、ルリーニャがロングシュートを決めて同点に追いつく。
このゴールでアーセナル守備陣は大混乱。ヴィラが勢いに乗ると
レオ・コーカーがリスタートされたボールを奪い前線へロングパス。
アグボンラホールが抜け出すと楽々と決めヴィラが逆転に成功する。

守り切りたかったヴィラだったが79分にムトゥに決められ失点。同点にされてしまう。
そして試合終了。昨シーズン優勝争いを演じた両チームの対戦は3-3の引き分けに終わった。

 

 

 

 

9月17日  チャンピオンズリーググループステージ
        vs ミラン (A)

CLGSの開幕戦はミランと。楽しみにしてた試合です。
好きなクラブですけどここは全力で倒しに行く。

スルナがシャフタールで予選に出てたので出場停止。
チアゴ・モッタがアトレティコでなんかやったのか出場停止処分。
アレックスが故障明け、ヘアウッドが故障で召集外。

ベンチメンバー見て思ったんですが補強のバランスが悪いですね。
良い選手を獲っていったんですが、全体を見れてなかったようです。
とにかくドリブラーが多い。何人か放出しないと収集がつかないかな。
システムは4-3-3.レオ・コーカーを若干下がり目にして守備的にする。
右利きのボランチが欲しいな。まあ守備はできませんけどアレックス・テシェイラを育てるか。

 

ミランは凄い補強してるみたいです。
ビジャ獲得に40億円。アレサンドロ・ロジーナ獲得に52億円。金かけすぎ。ロジーナに52億円って。
でも先発メンバーはいつもの。控えには入ってますけどね。

 

GK:ヴィーゼ
DF:ロペス、デイビス、ミランダ、カプアーノ
MF:ガードナー、レオ・コーカー、バリー
FW:A・ヤング、アグボンラホール、アルシャビン

SUB:テイラー、ナイト、エドゥアルド、モリナーロ、ルリーニャ、カリュー、ケイリソン

 

GK:アッビアーティ
DF:オッド、ネスタ、カラーゼ、マルセロ
MF:ピルロ、ガットゥーゾ、アンブロジーニ
   カカ、セードルフ
FW:パト

SUB:ストラーリ、ボネーラ、ヤンクロ、ブロッキ、グルキュフ、ロジーナ、ビジャ

 

 

10分、ミランのCKの場面。アンブロジーニが頭で決めてミラン先制。

ヴィラの攻撃はことごとくネスタに止められる。存在感が大きすぎる。
しかし後半開始直後、ヴィラのCKの場面でミランダが頭で決め同点。

72分、またもやCKの場面で今度はバリーが決めて逆転。
74分、セードルフがロペスからボールを奪うとラストパスを受けたカカが決めて同点。

 

正直満足できる内容じゃなかった。流れからのチャンスは皆無だし形を作れない。
やっぱりFMはサイドからのクロスを電柱がヘッドが強いんですかね。
サイドアタッカーのゴールなんてあまりありません。そこのポジションの人にゴールしてほしいんですけどね。
相手のパトもまったく試合に絡んでませんでしたし。

でもミランのホームで引き分けれたのは良い結果だと思います。

 

 

 

9月20日  プレミアリーグ
        vs ウィガン (16/H)

16位ウィガンとの試合。戦術変えました!
選手たち、コロコロ変えてゴメン。4-4-2に戻しました。やっぱり私は4-4-2が好きです。
中盤の選手にゴールを取らせたくて苦労しましたがもう諦めた。
バリーはガンガン決めてくれましたけどね。

過密日程なのでアルシャビンとA・ヤングはお休み。
ルリーニャとモリナーロが先発。そしてアレックス・テシェイラが怪我から復帰しベンチ入り。

 

GK:ヴィーゼ
DF:スルナ、デイビス、ミランダ、カプアーノ
MF:ルリーニャ、レオ・コーカー、バリー、モリナーロ
FW:カリュー、アグボンラホール

SUB:テイラー、ナイト、エドゥアルド、モッタ、マロニー、アレックス、ケイリソン

 

7分、バリーのスルーパスで抜け出したアグボンラホールがらくらく決めてヴィラ先制。
ほんとエースの風格を漂わせています。

24分、右サイドのルリーニャからのクロスをカリューが頭で決め2-0.
31分、ヴィラのCKの場面一度はクリアされるもエリア外で待ち受けていたモリナーロが
豪快にミドルシュートを叩き込み3-0.

 

前半終了。ウィガンもあまり攻めてこないのでハーフタイムで大胆に交代。
アグボンラホールとバリーを下げてケイリソンとアレックス投入。

81分、ゴール前でケイリソンが倒されFK獲得、カリューが直接狙うと右隅にきまり4-0.
83分、左サイド途中出場のエドゥアルドからのクロスをケイリソンが上手いトラップ。
DFの背後に落とすとGKの足元を狙って決め5-0.ヴィラ加入後初の公式戦でのゴール!

 

もうこれでいいや。サイドアタッカーはゴールを期待せず高い位置まで運び役。
今日はウィガンがまったく攻めてこなかったので自由にやれました。
サイドバックがかなり高い位置にいてもその裏を狙われず。
楽に勝てました。

 

 

 

 

9月24日  カーリングカップ3回戦
        vs ブラックプール (H)

カーリングカップで下部リーグとの試合。
完全に控え主体で戦う。ベンチはリザーブの若手を登録。
中でも17歳ストライカーのフォレスターは期待の新人。
世間ではルーニーの後釜と呼ばれています。オーウェンの後継者とルーニーの後釜。呼び名だけは凄い。

 

GK:テイラー
DF:ロペス、ナイト、エドゥアルド、モリナーロ
MF:マロニー、モッタ、ガードナー、アシュリー・ヤング
FW:アレックス、ケイリソン

SUB:オラサバル、クラーク、オハロラン、アルシャビン、フォレスター

 

15分、前線のブラジルコンビのうまい連携。最後はケイリソンのパスを受けたアレックスが決めヴィラ先制。

HT、怪我明けなので無理はさせず、アレックスに代えてフォレスター投入。
58分、ヴィラのCK、モリナーロが頭で決め2-0.

特に何も言うことない試合。圧倒的なシュート数。

 

 

 

 

 

 

現在2位。優勝を狙える位置。
そんなことよりマンチェスター・ユナイテッド。大丈夫なんでしょうか。
新シーズンが始まる前にサー・アレックス・ファーガソンと契約延長せず、
レディングを率いていたコッペルと契約合意してましたがこの有様。
流石に降格はしないでしょうけど暗黒時代ですね。
補強も全然せずにリザーブやレンタルで放出していた下部組織出身選手をたくさんトップチームに上げてました。

  1. 2009/11/10(火) 21:47:51|
  2. FM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

ミラコレ

Author:ミラコレ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。