ミラコレ-FM日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

インテル戦

10月21日  セリエA第8節 (A)
         vs  Fiorentina

 

アウェー3連戦の最後はガンベリーニが干されてるフィオレンティーナ。
ボッコボコにしてガンベリーニにもナポリがいいチームだということをアピールしたい。
大幅な戦力の入れ替えのせいか12位と低迷しています。
干されてると思ったらガンベリーニ先発じゃん。
こんな感じでチョイチョイ出してたら不満でないのかなぁ・・・。
不満が溜まって移籍要求してほしいんですけど。
代表でほんの少しコンディション落としてるガリクスに代えてマンニーニ先発。
それにしてもコパもう落としたから他の大会無いので
日程が軽くベンチメンバーの出場機会が限られそうだな・・・。

 

試合は若干フィオレンティーナペースもナポリも食い下がる。
そして前半終了間際にサラジェタのポストプレーから
パスを受けたラベッシが決めナポリが先制ゴールを奪う。
ラベッシはこれがナポリでの初ゴール。監督のもとまで走ってきてくれました(涙)
そして68分にはマンニーニとガルガーノに代えてブラージ、ガリクスと守備固め。
そのまま長い長い20分間をフィオレンティーナの猛攻にさらされながらも守りきり、
ラベッシのゴールで勝利となりました。
それにしても3バックの限界を感じる。いや降格候補だからやっぱりこんなもんか。
うーん・・・。難しい・・・。分からない・・・。まぁ勝ったからいいか。
最後、5バック2ボランチで守っていたときは必死な選手もさることながら
監督も必死になって「ん~!」とか「んぁ~」とか唸ってました。

 

得点:ラベッシ

試合結果/選手評価

Fiorentina  0-1  Napoli

 

 

 

10月27日  セリエA第9節 (H)
         vs  Inter

 

今日はホームで首位インテルとの試合。8戦負け無しですって・・・。
現実ではホームでビッグ4相手に全勝を飾ったナポリですが
このゲームじゃホーム力あんまり無さそうだな・・・。
苦手なはずのアウェーで結果出てるし・・・。
インテルの異次元な得点力を抑えられるかが鍵です。

 

試合はインテルの攻撃をナポリは懸命にディフェンスしています。
とにかくシュートを撃たせないようにすぐに当たりに行きます。
その守備にインテルは苦戦するも31分にマイコンの自陣からの放り込みに
クルスが頭で合わせてインテルが先制ゴールをあげる。高い・・・。
ナポリも38分にガルガーノ、ハムシク、サラジェタと繋ぎ
サラジェタのラストパスを受けたラベッシがシュートを放つも
GKジュリオ・セーザルのファインセーブで得点できず。
ビッグチャンスを物にできませんでした。
前半終了間際にはガリクスが負傷。ダッラ・ボーナと交代する。
その直後にまたもや自陣からのロングボールからズラタンが抜け出し
確実に決め2点差とされてしまう。
ナポリの懸命の守備にてこずるインテルですが、
ロングボールが弱点と分かると狙われ続けてる・・・。
もう攻めるしかないナポリはパツィエンツァに代えてチーノ投入。
中盤の守備のスペシャリストを削って攻めに出ます。
すると86分に中盤のパス回しから最後はラベッシのスルーパスで抜け出した
サラジェタが決めて1点差と追いすがる。
しかし反撃もそこまで。インテルが1点差を守りきりナポリは敗戦となりました。
惜しかったんですけどねぇ。試合内容は良かったと思います。
あのインテル相手に攻撃をまともにさせませんでした。
ロングボールにキッチリ対応できてたらあるいは・・・。
コンティーニのところで強靭なセンターバック補強したいです。
それにしてもインテル相手にサラジェタが決めました。
得点王争いに加わってること自体がすげぇ・・・。

ナポリ、インテル戦で良い展開

 

得点:サラジェタ

試合結果/選手評価

Napoli  1-2  Inter

 

 

 

10月31日  セリエA第10節 (H)
         vs  Livorno

 

今日は現在7位と好調のリボルノとの試合。
ミッドウィークにあるということで若干メンバーチェンジ。
ラベッシ、ガルガーノはベンチ外で、ソサとサラジェタの2トップ。
ハムシクには今日も頑張ってもらいます。

 

前半開始早々今日もリボルノの自陣からの放り込みを頭で合わせられ失点。
ボグダニに決められました。どうすればいいんだ・・・。
その後はリボルノが引きこもったのでずっとナポリペースになったのですが
思うように決定機を作れず前半終了。
後半はマンニーニを攻撃専用にして4-4-2に変更。
そしてブラージに代えてダッラ・ボーナと攻撃的な駒を投入する。
すると71分に猛攻の末、CKからカンナバーロが頭で決めて同点とする。
押せ押せモードのナポリでしたが惜しい場面を作るも決められずそのまま試合終了。
引き分けで勝ち点1となりました。

 

得点:カンナバーロ

試合結果/選手評価

Napoli  1-1  Livorno

 

 

 

11月4日  セリエA第11節 (A)
        vs  Empoli

 

18位エンポリとのアウェーでの試合。前節はインテルに1-5と大敗を喫しているようです。
試合はラベッシとハムシクが中心となってナポリが攻め続ける。
戦術で今までターゲットマンつけてたんですけど
消したほうがFWを効果的に使ってくれるようになりました。
そして攻め続けた結果、サラジェタがマルゾラッティに倒されPK獲得。
ハムシクが左隅に決め28分にナポリが先制する。
続いて39分、ハムシクからフリーでパスを受けたガルガーノが
前を向いて強烈なロングシュートを放つと、ゴール左隅に突き刺さり2点差とする。
もう諦め気味のエンポリを尻目に後半開始直後には
ラベッシのパスでサラジェタが最終ラインを抜け出して決め3-0。
圧倒的ナポリペースでエンポリはろくな攻撃が組み立てずにいたが
53分にサウダーティーのヤケクソシュートをDFコンティーニの
まさかの自陣ゴールへのダイレクトシュートで3-1と1点返される。
その直後にサラジェタとハムシクを下げて、ダッラ・ボーナとチーノ投入。
ラベッシの1トップに変更します。完全に温存です。
1点返してから盛り上がるスタジアムを尻目にエンポリはせっせと後ろでパス回し。
これ以上失点したくないそうです。後はグダグダな後半を消化するだけ。3-1で圧勝しました。
完全圧勝。ナポリの21本のシュートに対してエンポリはわずかに3本。
オウンゴールが余計だったです。

 

得点:ハムシク(PK)、ガルガーノ、サラジェタ

試合結果/選手評価

Empoli  1-3  Napoli

 

 

 

それにしてもカードが多い。今日ドミッツィが貰ってこれでリーチが3人になりました。
ドミッツィ、パツィエンツァ、ガリクスの3人です。一気に出場停止になるのだけは避けたい。
出来ることなら1人ずつ・・・。チーム全体でもカードが多くリーグ2位の多さです。

 

 

 

11月11日  セリエA第12節 (H)
         vs  Catania

 

12位カターニャとのホームでの試合。なんと前節インテルに1-0で勝っているようです。
メンバーは前節と同じ通り。現在のベストメンバーです。
試合はナポリが最初にチャンスを作る。ゴール真正面からの直接FKを
ラベッシが狙うもポストにあたりゴールならず。
ナポリはハムシクが起点となって攻めている。
一方のカターニャはトップ下のルーマニア代表ディカが中心になっている。
なのでパツィエンツァに徹底マークを指示。マンマークを指示してから何もさせてません。
バックパスばかりさせてます。さすが守備職人パツィエンツァ。
すると39分、今日もラベッシのスルーパスで抜け出したサラジェタが決めて先制。
得点ランキングトップですよ。12試合で11得点です。驚異的です。
早めにユベントスから残りの半分の保有権買い取っとこうかな。
ユーベに返せっていわれたら資金面で太刀打ちできませんし・・・。
後半はナポリいいとこなし。全然攻めきれずカターニャペースとなる。
そして83分にカンナバーロがプロフェッショナルファールで1発レッド。退場してしまう。
なので完全に守備固め。ラベッシ、ソサ、ハムシクだけカウンターを狙い、
他は完全に引きこもり戦術に変更する。
その直後の87分にカウンター炸裂、ソサとのワンツーで抜け出したハムシクが
GKとの1対1も冷静に決めて2-0、試合を決定づけるゴールを決める。
するとその直後に今度はハムシクが怪我させられる。
既にガルガーノも相手に潰され負傷退場。汚いチームだ。
そのまま試合終了。1人退場する苦しい展開も勝ち点3を得ました。

 

とりあえずカンナバーロに代わるセンターバックが居ません。
控えはみんな背が低すぎます。
そしてガルガーノが1週間の離脱。
ハムシクは2週~3週間の離脱となってしまいました。
これから運よく代表ウィークに入るのでガルガーノは戻ってくると思いますが
一番重要なハムシクが居ないのは辛い。でもそんなに長くないのは不幸中の幸い。

 

得点:サラジェタ、ハムシク

試合結果/選手評価

Napoli  2-0  Catania

 

 

 

AT、ナポリを上昇気流に

 

 

 

11月17日  親善試合 (H)
         vs  CFR Cluj

 

代表ウィークなので親善試合を組みます。相手はルーマニアのクラブ。
ガリクスが代表、ガルガーノとハムシクが怪我で居ません。
次節のカンナバーロの代わりのセンターバックどうしようかな・・・。
試合は控え主体のナポリペース。
29分にダッラ・ボーナからパスを貰ったソサが決めてナポリが先制する。
それでも前半終了間際の43分にはミジルに直接FKを決められ同点にされてしまう。
後半はサイドバックのあがりを活発にしたClujが流れを掴む。
それでも決定的チャンスは作れず時間だけが過ぎていく。
ナポリも4-4-2に変更し対応すると83分、左サイドのチーノのクロスに
サラジェタが頭で合わせてナポリが勝ち越しに成功する。
そして試合終了。2-1で勝利しました。

 

得点:ソサ、サラジェタ

試合結果/選手評価

Napoli  2-1  CFR Cluj

 

 

 

11月24日  セリエA第13節 (A)
         vs  Cagliari

 

11位カリアリとの試合。カンナバーロが出場停止でハムシクが怪我で居ません。
ガルガーノは戻ってきました。高さのあるセンターバックが居ないので考えた結果、
4-4-2にすることにしました。ガリクスが代表でビッチリ試合に出てたようなので
右からブラージ、コンティーニ、ドミッツィ、ルッロです。
中盤はマンニーニ、ガルガーノ、パツィエンツァ、チーノでラベッシ、サラジェタの2トップ。
カンナバーロが居ませんし、ハムシクも居ないので
右サイドバックにブラージを置いて、守備を堅くしようと思います。
日程表見てみるとずーっと週1で試合だな・・・。サブは本格的に出番無さそう。

 

15分、ラベッシがカリアリDFカニーニからボールを掻っ攫うと
そのまま持ち込んで決めナポリが先制する。
それでも38分にはコンティーニがくっだらなーい奪われ方して
そこからカウンターを喰らい失点。早く別のセンターバックが欲しいな。
後半から4-5-1に変更。ラベッシを左に置いてマンニーニが右です。
思うように効果が得られずイライラが募りつつあった69分に
CKからドミッツィが頭で決めてナポリが勝ち越しに成功する。
システム変更はあんま意味なかったけど勝ち越せて良かった!
その後はサンタクローチェ、サヴィーニを投入しつつ下がり目にする。
無難に守れていた後半ロスタイム。
相手のロングボールをコンティーニが適当トラップ。
FWマトリが詰めて土壇場で同点にされてしまい、試合はそのまま終了。
勝利まであとわずかだったにもかかわらず痛いドローに終わりました。
代えてぇ・・・。もうコンティーニは嫌だ・・・。何点献上すれば気が済むんだよ・・・。
次節は高さに難アリだがサンタクローチェ使ってみるか・・・。
それかあんまり良いとは感じなかった4バックでカンナバーロとドミッツィで続けるか・・・。
いずれにしても次節コンティーニはベンチに座ってることでしょう。

 

得点:ラベッシ、ドミッツィ

試合結果/選手評価

Cagliari  2-2  Napoli

ちょっとリーズに戻ろうかなと思います。

スポンサーサイト
  1. 2008/07/17(木) 21:26:55|
  2. FM:ナポリ編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エースたる所以

9月9日  親善試合 (H)
       vs  Livorno

 

代表ウィークで間が空くので真ん中に親善試合を組みました。
ハムシク、ガリクスの2人が代表で居ません。
右サイドバックにグラーバ、ハムシクのところにダッラ・ボーナをおきます。
FWはサラジェタではなくソサの1トップ。リボルノとの試合です。

 

試合はリボルノが引きこもりながら後ろでパスを回していく。
今日も圧倒的にボール支配率で負けてます。ここらへんがゲーム的だなぁ。
それでも31分、CKからのこぼれ球をドミッツィが左足で叩き込みナポリ先制。
そのプレーで潰されたガルガーノは大事を取ってチーノと交代。
怪我はしてませんから大丈夫です。
43分にはCKからまたもやドミッツィが頭で合わせてドッピエッタ。
得点力の高さを見せ付けてくれてます。
前半ソサが微妙なので後半からサラジェタ投入。
他にも数人交代。ドミッツィも下げてサヴィーニを投入する。
77分にリボルノの右サイド攻撃からディアマンティに決められ1点差にされるも
そのまま逃げ切り2-1で勝利しました。
勝ったはいいけどまた流れから得点できなかった。
結局セットプレーから2本だもんなぁ・・・。
ラベッシだけで劇的に変わるとは思えない。

 

得点:ドミッツィ②

Napoli  2-1  Livorno

 

 

 

9月16日  セリエA第3節 (H)
        vs  Udinese

 

ウディネーゼとの試合。相手は強敵です。
ラベッシが練習に復帰しましたがまだコンディションが整ってないのでベンチ外。
次節には大丈夫そうです。やっと復帰か・・・。フィットするか分かりませんけど。

 

ハムシクが凄く調子良さそう。ボールに絡めてる。
そんな中から17分にハムシクのスルーパスで抜け出した
サラジェタが確実に決めナポリが先制ゴールをあげる。
しかしウディネーゼの攻撃陣も黙ってはいない。
29分にはナポリゴール前で確実にパスを回し
マークの解れを突き同点ゴールをあげる。敵ながら見事なボール回し。
なかなか良く攻めれてるような気がするけど結局最後決定的な場面が作れない。
マンニーニは右サイドを何度もドリブルで突破までは出来てるんですけど
なんか「その後もマンニーニのクロスが味方に合うのを見たものは居なかった・・・」
って状態です・・・。クロスさえ正確ならサラジェタが何点も決めてくれそうな気はします。

 

流れを掴みたい後半開始直後にCKを獲得。
ハムシクがあげるもクリアされ、ボールはまたハムシクの元に。
するとハムシクがドリブルで切り込んでミドルシュートを放つと
ボールはウディネーゼ選手に当たってそれゴール左隅に決まり勝ち越しに成功する。
なんでかは分かりませんけどゴールを決めたハムシク等選手達は
相手ベンチ前まで走っていきました。まぁ挑発したわけじゃないだろうけど・・・。
ナポリベンチを通り過ぎて相手ベンチまで走っていくなんて・・・。こっちに来いよ・・・。
その後は徐々に守備固めに移行し試合を終わらせました。
守備固めは得意ですから。
プロフィールに得意技って欄があったら守備固めって書いてもいいです。
特に中盤にブラージ、パツィエンツァと2人も守備に優れた選手が居ますし。
2人とも出せば中盤は磐石です。

 

得点:サラジェタ、ハムシク

試合結果/選手評価

Napoli  2-1  Udinese

 

 

 

9月23日  セリエA第4節 (A)
        vs  Torino

 

ラベッシがとうとうベンチ入りするトリノ戦。
試合は開始直後からナポリがビッグチャンス連発するも
サラジェタが決められない。3本ともGKにぶつけてしまいました。
その後はトリノも攻勢に出て苦しい時間が続くが
40分にCKからサラジェタが頭で決めナポリが先制する。
サラジェタはリーグ戦4試合で3ゴールと大活躍。親善試合の不調が嘘のようです。
しかし54分、ナポリペースで進んでいたにもかかわらず、
ブラージが危険な場所でくだらない奪われ方をしてレコバにそのまま決められ同点。
何やってんだよ・・・。パツィエンツァスタメンに昇格かな。
ハムシクも良い時と空気な時で2分化してる。
流れを引き寄せたいのでラベッシ投入。
そのまま試合は終了1-1の引き分けに終わりました。
ラベッシは・・・まぁ、たいしたことは出来ませんでした。
ブラージはベンチからやり直せ!

 

得点:サラジェタ

試合結果/選手評価

Torino  1-1  Napoli

 

 

 

9月26日  セリエA第5節 (H)
        vs  Genoa

 

4連敗中のジェノアとの対戦。ミッドウィークでの試合なので若干メンバーを落とします。
ラベッシが今シーズン初先発。ただ途中で交代させますけど。
試合はナポリペース。15分にはパツィエンツァのミドルシュートが
サラジェタに当たりコースが変わって決まり、ナポリが先制する。
これがサラジェタのゴールとカウントされる。まさにラッキーゴール。
その後もナポリペースもなかなか決定機を作ることが出来ない。
後半頭からラベッシに代えてマンニーニ投入。
後半開始直後にはガルガーノからパスを受けたサラジェタが決め2点差とする。
サラジェタは本当に絶好調です。今日はドッピエッタで5試合で5得点です。
しかしその直後サラジェタが打撲を負ってしまいソサと交代。
ガルガーノもカードを貰っていたので交代。
すると右サイドを突破したマンニーニのクロスからソサが頭で決め3点目。
マンニーニのクロスが合ったのは奇跡。
68分にはチーノのクロスをファーサイドで受けたマンニーニが左隅に決め4点目。
そしたら相手がビビッて攻めてこなくなりました。ずっと後ろでパス回し。
まぁこっちとしても4点取ったしまぁいいか。
最後はモンテルヴィーノのクロスからソサが頭で合わせて楽々5点目。
圧勝となりました。ジェノアは残念ながら降格だな・・・。

 

そういえばコパはこのジェノアに負けたのか。
全然違うチームだったっていうか・・・やっぱり3バックはダメなのか。ゲーム的に。

 

得点:サラジェタ②、ソサ②、マンニーニ

試合結果/選手評価

Napoli  5-0  Genoa

 

 

 

9月29日  セリエA第6節 (A)
        vs  AS Roma

 

現在現在6位のローマとの対戦です。
ナポリは5位。勝ち点は同じで得失点差で上をいっています。
っていうか5位なのか。頑張ってるな・・・。まぁ、まだ団子状態ですけど。
なんとかして勝ちたい。試合間隔が短いのでラベッシはベンチスタート。
前節打撲でコンディションを落としているサラジェタもベンチスタート。
ソサとマンニーニを起用します。

 

トップ下トッティが厄介すぎるのでパツィエンツァを完全守備専にしてマンマークさせる。
やっぱりレベルが違うぜぇ・・・個々のレベルが桁違いだぜぇ・・・と思っていたら
30分にガルガーノのミドルシュートがメクセスに当たりコースが変わって決まりなんと先制。
監督すらもビックリなゴールでした。
これで尚更攻撃的になるだろうローマの裏を突けたらと思っていても
ローマはきっちりシュートで終わらせてくる・・・。しかも決定的場面を次々と演出する・・・。
そして左サイドバックのトネットが鉄壁すぎる。マンニーニが1回も抜けない。
体を張って必死に守り続けていたものの53分にはCKからヴチニッチに決められ同点・・・。
こちらもむざむざとやられるつもりは無いのでラベッシ投入。
すると65分、左サイドをハムシクとルッロの2人で突破、
最後はルッロのクロスにソサが頭で合わせて勝ち越しに成功する!ソサナイス!
その後はどんどん守備固めに走るも85分にクロスからのこぼれ球を
ヴチニッチに詰められまたもや同点とされてしまう。
ナポリが狙うのはラベッシでのカウンターのみ。しかし狙いも虚しく2-2で試合終了。
まぁローマ相手にアウェーで引き分けたことは評価できますね。
しかし2点ともこちらが先に点を取ってリードしていたと考えると残念です。

 

ちなみにトッティには何もさせず評価点も6と封じました。
だからヴチニッチが活躍したのかな・・・。

 

得点:ガルガーノ、ソサ

試合結果/選手評価

Roma  2-2  Napoli

 

 

 

10月7日  セリエA第7節 (A)
        vs  Palermo

 

アウェー3連戦の2試合目、13位のパレルモとの試合です。
ラベッシは先発、サラジェタとの2トップを組みます。
パレルモはチーム得点王のアマウリが怪我でベンチ、ミッコリの1トップのようです。
この試合からまた3-5-2に変更。
やっぱナポリだから3バックがいいよなぁって感じで戻してしまいました。
今回はスイーパーを起用。戦術も大きくいじりました。

 

新布陣はなかなか全体をカバーできていてるような気がします。
でもやっぱり選手個々の力量で負けている面もあるのでピンチを作られることもある。
それでも18分にカウンターからラベッシのスルーパスで抜け出したサラジェタが
ゴール右隅に確実に決めナポリが先制ゴールを奪う。
サラジェタの得点感覚が異常。ちょっと毎試合のように点決めてますよ。
パレルモは後半からアマウリを投入して4-3-3から4-4-2に変更。
しかしナポリは48分にルッロのクロスをサラジェタが頭で合わせて2点差とする。
サラジェタはこれでドッピエッタ。絶好調ぶりを遺憾なく発揮しています。
パレルモDFレグロッターリエがオフサイドを主張。リプレイの結果・・・
オフサイドでしたけどまぁ認められたのでしょうがない!
続いて56分、中盤くらいからのFKでガルガーノのあげたボールを
サラジェタが頭で合わせてトリプレッタ。これで3-0と差をつける。
テストマッチでは使えない烙印を押しちゃいましたけどちょっと凄すぎる・・・。
その直後にハムシクが潰され打撲を負う。なのでチーノ投入。ハムシクは休ませます。
続いてお疲れのラベッシに代えてマンニーニ投入。最後はブラージを投入して守備固め。
と思いきや途中出場のカバーニに決められ2点差とされる。
クロスからアマウリが頭で落としてカバーニに決められました。
終盤に1点を許したもののその後はキッチリ抑え3-1で勝利。
サラジェタの素晴らしい活躍で勝ち点3を得ました。

 

得点:サラジェタ③

試合結果/選手評価

Palermo  1-3  Napoli

 

 

 

第7節終了時点での得点ランキング

サラジェタが堂々の1位。この好調がいつまで続くか。もうあんたがエースだ!
ラベッシも量産してほしい・・・。

 

 

 

10月14日  親善試合 (H)
         vs  Standard

 

また代表期間なので親善試合を組みました。
ベルギーのスタンダードとの試合。
メンバーは全員控え、ベンチ外組み。ガリクスとハムシクの2人が代表で居ません。
3バックがチビ3人ということでセットプレーでやられそう。
と、思っていたら9分にCKから決められ失点。まぁ、だろうね。
続いて24分に後ろからの放り込みを頭で合わされ失点。
187cmのブラジル人を抑えられません。
それでも32分にはチーノがミドルを決め1点差につめる。
そして40分にはチーノのスルーパスで抜け出したカライオの折り返しを
ソサが決めて同点。いい攻撃の形。こういうのが決まると気持ちいい。
しかしその直後に左サイドからの攻撃で決められ2-3と勝ち越される。
やっぱこの3人じゃダメだな。背の高い屈強なディフェンダーの補強が必須です。
案の定干されてるガンベリーニが欲しいけど来る気無いそうです・・・。
早く干されてる現実に気づいて移籍を希望してほしいです・・・
そのまま試合終了。後半次々と主力を投入するも得点できませんでした。

 

得点:ボッリャチーノ、ソサ

Napoli  2-3  Standard

 

 

 

驚きのCL出場圏内。まぁ、時期に落ちるでしょうけどなかなかの成績です。
得点力もリーグ2位。サラジェタが1人で頑張ってます。
サラジェタは7試合で8得点ですか。すごすぎです。
でもシーズン通してこんな活躍できるわけ無いからラベッシに頑張ってもらわないと。

  1. 2008/06/12(木) 17:39:27|
  2. FM:ナポリ編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エース不在の余波

8月2日  親善試合 (H)
       vs  Empoli

 

セルティック戦から中2日、ラベッシを欠いたエンポリ戦です。
相手はセリエAですから一番今シーズンを占う試合になります。
サラジェタ、ソサの2トップに後は主力組み。

 

ラベッシが居なくなったせいで、攻撃が出来なくなると思っていたんですけど
なんかラベッシが居なくなって、凄くパスで繋いでサイドで崩してスペース空けて
ガルガーノとハムシクが入り込もうとしていて、凄く良い。
やっぱりラベッシが居るとみんなラベッシに任せてドリブル頑張ってくれって感じになるけど
サラジェタ、ソサの2トップだと中盤が頑張んないと点を取ることは不可能。
今日は中盤の動きが良い。ラベッシ居ない用の戦術がヒットしているようです。
そんな中30分、相手のパスをインターセプトしたガルガーノが
エリアの外際から左隅に決めてナポリ先制。嬉しい先制点です。
続いて42分、ガリクスが右サイドを2人かわしてスピードに乗ってオーバーラップ。
深い位置からフリーでクロスをあげると、ファーサイドのサラジェタが豪快に頭で決め2-0!
ガリクスのドリブルが豪快すぎて凄かった・・・。
いつもこのくらいしてくれたらサイド1人でも楽なんですけどね。
そうはいかないから現代サッカーはどこもサイド2枚なんです。
2-0で前半を折り返し全員交代。中2日で次も試合がありますからね。
後半67分、右サイドを崩したパツィエンツァからパスを受けたダッラ・ボーナが
溜めてカライオについていたDFを引き出してからスルーパス!
受けたカライオがシュートを狙うも別のDFの必死のブロックでCK。
しかしそのCKをカライオが決めて3-0と差を広げる。
そして最後は終了間際のロスタイムにマンニーニが左サイドを突破してクロスをあげると
カライオが決めドッピエッタで4-0。完勝となりました。

 

この戦術なかなか良かったです。ラベッシ復帰したらこれにラベッシを合わせようと思います。
上手い具合にフィットしたらFWの単独攻撃も加わってもっと強くなると思いますけど
実際結局合流したら味方ラベッシにパス→ドリブルばっかになりそうな気もしないでもない。
まぁどうせ開幕過ぎても復帰しませんしまだ考えなくていいか。
あとこんなことがありました。右サイドの攻撃からのカウンターだったんですけど
やっぱりこういう場合で3バックだと助かりますね。
なんか試合中のこのプレーが印象に残りました。
カンナバーロが抜かれた後、すぐにエリア内にカバーに行ったのが良かった。
カウンター過ぎて相手の残りのFW1人対こっち5人くらいになってましたけど。

 

得点:ガルガーノ、サラジェタ、カライオ②

試合結果/選手評価

Napoli  4-0  Empoli

 

 

 

8月5日  親善試合 (H)
       vs  Basel

 

中田浩二が所属するバーゼルとのテストマッチ。
左サイドをルッロにして試合開始。

 

やっぱりなかなか上手い具合にパス回せてる。
前節は両サイドとハムシク、ガルガーノの4人で崩そうとしていたけど
今日は2人のFWもポストプレーで貢献している。逆に両サイドが上がらない。
するとだんだんハムシクらへんでボールが納まらなくなってきて攻めれなくなる。
最後はバーゼルペースで前半終了。ボール保持率38:62で負けました。
6本のシュートも結局枠に飛ばず。全員交代です。
マンニーニと前節2得点のカライオに期待です。

 

結局スコアレスドローに終わりましたが、終始相手に何もさせず。
決定的場面を2度作るもカライオが決めきれず・・・。
相手が守備的過ぎて後ろで回すは、誰も上がってこないは。
テストマッチでそういう戦い方していてシーズン戦えるのか!

 

得点:

試合結果/選手評価

Napoli  0-0  Basel

 

 

 

8月8日  親善試合 (A)
       vs  Cavese

 

セリエC1のチームとの最後のテストマッチ。
弱い相手をボコボコにしてモチベーション上げてコパ・イタリア予選を迎えます。
左サイドにサヴィーニを戻してソサに代えてカライオを先発起用。
ボランチにもブラージじゃなくパツィエンツァ起用。

 

試合は10分、CKからカライオが決めてナポリが先制する。
その後は決定機をなかなか作ることが出来ず前半終了。
この相手にこんな試合内容じゃヤバイ・・・。
コパまで日程空けてるので数人変更のみ。後半開始。
49分、サラジェタが右に流れて空いたスペースにハムシクが走りこみ、
パスを受けてミドルシュートを左隅に決め2-0とする。
続いてCKからソサが68分と78分に決めて4点差。ソサはドッピエッタ達成。
そして試合終了。4-0と完勝しました。

 

得点:カライオ、ハムシク、ソサ②

Cavese  0-4  Napoli

 

 

 

フィオレンティーナがモレッティを17億円で獲得した・・・。
そしてザッカルドにも19億円に値上げして一気に交渉を成立に持っていこうとしている。
いくらムトゥマネーがあるからって後ろばっか獲りすぎだろ・・・。
むしろムトゥの抜けた穴を補強しろよ・・・。FWだってパッツィーニで大丈夫なの?
これでガンベリーニ、ダイネッリ、ポテンツァ、ウイファルシ、パサネン、マヌエレ・ダ・コスタ、
モレッティ、デルピエーレ、クロルドルップの9人となったようです。
ザッカルドも獲れば4枠で10人か・・・。すげーな。
ウイファルシも2010年まで契約延長してるし。

 

 

 

8月15日  コパ・イタリア 予選ラウンド第1戦 (A)
        vs  Modena

 

1回戦はセリエBのモデナとの試合。アウェーのみか。入場料もらえないの・・・。
スタメンはもちろんベストメンバー。サラジェタ、ソサの2トップに
いつもの中盤、最終ラインで臨みます。
ベンチもDFはサンタクローチェ1人で攻撃的な選手を多く入れる。

 

試合は2部ながらホームのモデナがペースを握る。
ボール支配率もモデナのほうが高く、ナポリはシュートすら撃つ事が出来ない。
それでも25分にガルガーノのスルーパスで抜け出したサラジェタが
GKとの1対1も確実に決めシュート1本目でナポリが先制ゴールを決める。
その後流れは引き寄せたが、攻撃がガルガーノ側だけでハムシクがまったく絡まない。
評価点も唯一の6点。カードも貰ってるのでパツィエンツァと交代。
しかし79分に右サイドからのクロスをファンティーニが頭で決め同点にされる。
そのまま後半終了、延長戦に突入です。
選手には「あと1点が必要だ!」と、言って送り出す。ブラージに代えてボッリャチーノ投入。
ナポリペースで試合が進むも結局ドローでPK戦突入。

 

1番手ドミッツィが冷静に決めるも、なんと2番手ガルガーノが止められる。
3番手ソサは確実に決め4番手ボッリャチーノも決める。
モデナはここまでミスなし。4番手ロンバルディも確実に決めリードを守る。
5番手ガリクスが決めるも次決められたら負けが決定の場面。
モデナ5番手フレイのシュートをナバーロが弾いてタイに持ち込む!
6番手コンティーニが冷静に決めるとビアビアニーのシュートをナバーロが止め勝利!

 

得点:サラジェタ

試合結果/選手評価

Modena  1-1  Napoli
         PK (4-5)

 

 

 

8月18日  コパ・イタリア予選ラウンド第2戦 (H)
        vs  Rimini

 

中2日で予選2回戦です。1回戦延長まで戦ったので疲れが残ってる選手が多数。
セリエA開幕が1週間後ですから大丈夫だとは思いますが、
ガルガーノ、サヴィーニ、ソサに代えてボッリャチーノ、ルッロ、カライオが先発。

 

前半4分、ボッリャチーノのパスを受けたサラジェタのシュートはブロックされるも
弾かれたボールを拾ったカライオが決めるもオフサイド判定でノーゴール。
しかし6分にCKからパオロ・カンナバーロがヘディングで先制ゴールを決める。
リミニはリズムに乗れない。30分にはサイドバックの何の変哲もないバックパスを
GKが前に出ながら取りに行くと空振り。そのままボールはゴールに入りオウンゴール。
サラジェタがキッチリ詰めたからこのオウンゴールが生まれました。
公式戦になるとサラジェタ良いな・・・。まぁ2部相手なんですけど結構良いです。
そして38分、ボッリャチーノのパスで抜け出したサラジェタが右隅に巻いて決め3-0.
すごい良いシュート。最初の動き出しも良かったしちゃんと見て出せたボッリャチーノも良い。
ボッリャチーノは名前が長いのでチーノでいこうと思います。

 

それにしてもハムシク微妙だなぁ。マークが厳しいんだろうけど
主力なんだから違いを見せ付けてほしい。チーノのほうがよっぽど目立ってる。
これ以上守備的にする必要もなさそうなのでソサとマンニーニ投入。
マンニーニはガリクスに代えて右サイド起用。いつもみたいに攻撃だけって訳にはいかない。
そして3-0で終了。内容はかなり良かった。2部相手だけど。
前節が2部相手に酷すぎたので戦術をまた弄ったら今度は良さそうでした。
サラジェタの動きが際立っている。あれがラベッシだったらと思うと今からでもワクワクします。
早く復帰しないかな~。次は同じ昇格組みのジェノアのようです。

 

得点:カンナバーロ、OG、サラジェタ

試合結果/選手評価

Napoli  3-0  Rimini

 

 

 

8月26日  セリエA第1節 (H)
        vs  Siena

 

セリエAの開幕戦です。ラベッシはまだ当分帰って来そうにありません。
開幕先発はサラジェタ、ソサの2トップに
ルッロ、ガルガーノ、ブラージ、ハムシク、ガリクスの中盤といつもの最終ラインです。

 

試合は守備的なシエナに苦戦する。しかし最終ラインからのロングボールで
マッカローネが飛び出すと、ナバーロが飛び出さず1対1をかわされて決められ先制される。
ナバーロもっと早く飛び出してクリアしろよ・・・。
前半シエナ最終ラインでパスを回され続けボール支配率3:7と大差がつく。
カードの出たブラージに代えてパツィエンツァ投入でさらに攻撃的布陣に。
さらに63分、何も出来ないガルガーノに代えてチーノ投入。
そしてソサに代えてマンニーニ投入。勝負に出る。
するとナポリの大攻勢。シエナゴールを攻め立てる。いくつもビッグチャンスを作るも
GKのファインセーブや決定力不足で決められない。そのままロスタイムも終了し0-1で敗戦。
相手が引きこもりすぎて泣けてくる。ラベッシが居ないから最後の1対1が抜けない。
アクションゾーンが異常。相手の陣地で一番プレーしてる・・・。がっかりだよ!!

 

得点:

試合結果/選手評価

Napoli  0-1  Siena

 

 

 

8月29日  コパ・イタリア第3予選ラウンド (A)
        vs  Genoa

 

ミッドウィークに入ってるのでサブ主体で戦います。もう負けてもいいや・・・。
12分、後ろからのロングボールに反応したボリエッロが頭で決めて失点。
点が入る気がまったくしない。サンタクローチェに代えてマンニーニ投入。
4-3-3にして相手の3バックのサイドのスペースを狙う。
マンニーニが孤軍奮闘するも結局0-1で負け。コパ終了となりました。
ラベッシーーー!!もう限界じゃーーー!!はよ帰ってきてん。

 

得点:

試合結果/選手評価

Genoa  1-0  Napoli

 

 

 

9月2日  セリエA第2節 (A)
       vs  Atalanta

 

シエナにホームで負け、連敗が許されないアタランタ戦です。
そこそこの順位残すつもりなら勝たなきゃいけません。
なにが悪いか考えた結果3バックが悪いと言う結論に達しました。
なので4バック。FWもサラジェタの1トップにし右にマンニーニを先発起用。 
コパに出たブラージではなくパツィエンツァ先発させます。

 

試合は一進一退のペース。ナポリはゆっくりボールをまわしていく。
しかしなかなかシュートに持っていけない。
前半28分までで両チームあわせてシュートはアタランタの1本のみ。
そんな流れの中、29分にFKの流れからマンニーニのパスを受けたサラジェタが右隅に決め
ナポリが先制ゴールを挙げる。ナポリはこれがファーストシュート。
後ろからのFKの流れからだったからサラジェタへのマークが中途半端になってた。
その後はアタランタペース。そして前半終了間際にはCKのチャンスから
決めるもファールでノーゴール判定。助かった場面でした。
後半はナポリがカウンターを狙いつつ守備を固め試合を終わらせにかかる。
そしてそのまま6分間と長いロスタイムを消化し勝ち点3を得ました。

 

得点:サラジェタ

試合結果/選手評価

Atalanta  0-1  Napoli

 

 

 

なんていうかナポリは合わないのかな。確実に弱くなったような気がします。
まぁこんなもんなのかなぁ・・・。降格候補だし・・・、ラベッシいないし・・・。
私が指揮してなかったらもっと強いような気がしないでもない・・・。
攻撃がしょぼすぎる。なんていうかシュートまで言ってくれません。
もっとシュート狙ってほしいんですけど。どうやればいいんでしょうか。
パレルモ時代は30本くらい毎試合撃ってたのに。
これから代表ウィークに入ります。ラベッシが居ないから天国だ・・・。

  1. 2008/06/03(火) 11:39:16|
  2. FM:ナポリ編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

ミラコレ

Author:ミラコレ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。