ミラコレ-FM日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヴィラ2

10月2日  UEFAカップ
        vs Stabaek (A)

 

1stLegはホームで3-0で勝利。だいぶ楽になっています。

 

GK:グザン
DF:リケイ、ロドウェル、デイビス、ギブス
MF:ヘアウッド、ペトロフ、ハード、バナン
FW:ヘスキー、アグボンラホール

SUB:フリーデル、ラウルセン、クエジャル、Lヤング、バリー、カリュー、デルフォーネソ

 

11分、CKから決められ失点。
15分、中央突破から決められ0-2.
24分、アグボンラホールが突破から決めて1-2.久々のゴール。
57分、ハードが決めて2-2の同点。
85分、カウンターから決められ2-3

試合は2-3で敗戦。トータルスコア5-3で勝ち抜け。

 

 

 

 

10月5日  プレミアリーグ
        vs ウィガン (18/A)

 

シドウェルが故障から復帰。ベンチ入り。レオ・コーカーも復帰しました。次の試合ではベンチに入れます。
ボランチでロドウェルが先発。

 

GK:フリーデル
DF:Lヤング、クエジャル、デイビス、ショーリー
MF:ミルナー、ロドウェル、バリー、Aヤング
FW:カリュー、アグボンラホール

SUB:グザン、ラウルセン、ペトロフ、ギブス、シドウェル、ヘスキー、デルフォーネソ

 

15分、抜け出したザキに決められるがオフサイド判定。
36分、CKからザキに決められ失点。最近セットプレーでの失点が多い。

39分、アシュリー・ヤングがドリブルで持ち込んでそのまま豪快なシュートを叩き込んで同点。
85分、クロスから途中出場のミドに決められ1-2.

敗戦。

 

 

 

 

イングランド代表にアシュリー・ヤング、バリーに加えてアグボンラホールとヘスキーが召集される。
ヘスキーが呼ばれる理由が分からん。ウチではあまり良くないけど。他にFW居ないんだろうか。

 

 

 

UEFAカップグループステージ組み合わせ抽選会

まあ全体的にうまく振り分けられたんじゃないでしょうか。
シュツットガルトにAEKアテネ、ベジクタシュと簡単ではないですが上3つですからね。
シュツットガルトに勝つポテンシャルは持ってると思いますし大丈夫でしょう。

よくよく見たらグループAが地獄だな・・・。

 

 

 

 

代表ウィークでペトロフとヘアウッドが怪我で離脱。

 

 

 

 

10月18日  プレミアリーグ
         vs リバプール (2/H)

 

ちょっとハードな日程すぎやしませんか。
ユナイテッド戦は代表のためまた延期されたものの開催されてたら8試合でビッグ4と試合することになります。

レオ・コーカーがベンチ入り。入れ替わるようにペトロフが居なくなった・・・。

 

GK:フリーデル
DF:Lヤング、クエジャル、デイビス、ショーリー
MF:ミルナー、シドウェル、バリー、Aヤング
FW:ヘスキー、アグボンラホール

SUB:グザン、ラウルセン、ロドウェル、レオ・コーカー、ギブス、カリュー、デルフォーネソ

 

バリーが開始1分で負傷。長期離脱されても困るのでさっさと交代。ロドウェルを投入。
7分、ベナユンのクロスに飛び込んだバベルが頭で決めてリバポが先制。

27分、GKレイナのゴールキックをクエジャルが頭で跳ね返す。
そのボールに反応したアグボンラホールがDFの間から抜け出すとそのまま決め同点!
35分にhアシュリー・ヤングのクロスにヘスキーが頭で合わせるもクロスバー直撃。

同点ゴールを決めてからヴィラの時間帯が続く。
しかしバリーが居ないのが痛い。明らかにキラーパスが出てこなくなってる。
ロングボール一辺倒になってしまっているのは痛い。

 

後半も前半同様攻め続ける。
リバプールはトーレスもジェラードもシャビアロンソも居ない状態。勝ちたい。

60分、リバプールのカウンター。抜け出したバベルが豪快に決め1-2.スーパーゴール。
73分、ヘスキーが足元でもらいそのまま思いっきり狙うとこれが決まり同点。
スーパーサブのデルフォーネソ投入。
86分、ルーク・ヤングが負傷退場。交代枠を使い切ってるので10人で戦うことに。

 

2-2で終了。
この試合見ててボランチのパスセンスってほんと重要なんだなと感じました。
バリーとガゴのコンビが今からワクワクしてます。

3勝2分け2敗。なんか微妙な成績。でも過去作っていつも優勝争いばっかやってきてたしこれもまた面白いんですかね。
なんでか今までのってそのリーグで優勝争いやれてたんですよねぇ。
なんででしょう。まあよっぽど弱いチームは使ったことなかったんですけど。
今回は優勝できそうにないです。前作は優勝できたんですけどねー。
それより首のあたりが寒くなってきた。解任されたことないけどどんなもんで解任されちゃうんだろう。

バリーは2週間。Lヤングは数日の離脱。

 

 

 

 

10月23日  UEFAカップ
         vs シュツットガルト (H)

 

バリーの居ないボランチ。そして誰もいない右サイドバック。
ということでレオ・コーカーを右サイドバックで使うしかありません。
するとボランチがまた居なくなる。仕方ないからロドウェルとシドウェルのコンビ。

 

GK:フリーデル
DF:レオ・コーカー、ラウルセン、デイビス、ショーリー
MF:ミルナー、ロドウェル、シドウェル、Aヤング
FW:アグボンラホール、ヘスキー

SUB:グザン、クエジャル、ギブス、オズボーン、バナン、カリュー、デルフォーネソ

 

中盤からあまりいいパスが出ないもんだから締らない。
それでも34分にレオ・コーカーのクロスにヘスキーが合わせてヴィラ先制。ヘスキーは2試合連続ゴール。

43分、ロングボールで抜け出したマリオ・ゴメスが決めて同点。さすがゴメス。
74分、アグボンラホールがブーラルーズに倒されPK獲得、カリューが決めて2-1.

 

なんかたのしめない試合。やはり中盤の力がないからかな。
それにしてもシュート多いな。こんなに多かったっけ。

 

 

 

 

10月26日  プレミアリーグ
         vs ウェストハム (13/A)

 

これからデルフォーネソをデルフォンゾと呼びます。発音の問題ですね。デルフォンゾのほうがなんかカッコいいので。
今日の右サイドバックはクエジャル。攻撃面は期待できませんが、人が居ないので仕方なく。守備で頑張ってもらいます。

 

GK:フリーデル
DF:クエジャル、ラウルセン、デイビス、ショーリー
MF:ミルナー、レオ・コーカー、シドウェル、Aヤング
FW:ヘスキー、アグボンラホール

SUB:グザン、ロドウェル、ギブス、Lヤング、バナン、カリュー、デルフォンゾ

 

16分、ヴィラのCKの場面、アグボンラホールが頭で決めてヴィラ先制。
66分、3枚交代枠を使い切った直後にクエジャルが1発レッドで退場。
それで得たFKをディミケーレが直接決めて同点にされてしまう。
もうそこから一方的な展開。ウェストハムが攻め続けると81分、クロスにアシュトンが合わせて逆転を許す。

人数の少ないヴィラ。何もできない。
一方的に攻められる。終了間際。93分、捨て身の万歳アタックに出たヴィラの攻撃。
左サイド、ヘスキーのクロスに飛び込んだのは右サイドバックに入ったレオ・コーカー!
ヘディングシュートはポストに当たりながらゴールに吸い込まれなんと同点!

 

試合終了。終了間際の劇的ゴールで同点。奇跡的なゴールだった。
ほんと退場してからは一方的に攻められた。
過去作は一人減っても守備的にならなければそこまで一方的にならないけど今作はほんとヤバかった。
でも奇跡の同点ゴール。ワンチャンスをものにしました。

 

 

 

 

10月29日  プレミアリーグ
         vs ポーツマス (6/H)

 

クエジャルが出場停止。ガードナーが怪我から復帰してベンチ入り。
ガードナーが居ると居ないとでは攻撃のクオリティーが違ってると思います。
予想以上に攻撃面でよかった。右サイドバックでレギュラー任せてもいいかもしれません。
ルーク・ヤングがなんかパッとしませんし。ただ中盤不足なのでまずは中盤で起用しますけどね。
早くバリーとペトロフに復帰してもらいたいです。

 

GK:フリーデル
DF:Lヤング、ラウルセン、デイビス、ギブス
MF:ミルナー、レオ・コーカー、シドウェル、Aヤング
FW:カリュー、アグボンラホール

SUB:グザン、ロドウェル、ショーリー、ガードナー、バナン、ヘスキー、デルフォンゾ

 

前半からホームのヴィラが攻め続けるもGKジェームズのファインセーブでゴールならず。
もっとお笑いプレーしてくれよって感じです。ことごとく弾き返しやがって。
しかしヴィラは決定的なシュート連発。いつ点が入ってもおかしくない。

30分、ミルナーのクロスにアグボンラホールが頭で合わせてヴィラがとうとう先制。
速いカウンターから低い弾道のクロスに良く飛び込みました。
これでアグボンラホールはリーグ戦3試合連続ゴール。UEFAカップも合わせると4試合連続ゴール。素晴らしい。

しかし35分、デイビスを背負いながら足元にパスをもらったクラウチがそのままデイビスを抜き去り決めて同点。
クラウチにあっさり抜かれちゃダメだよデイビス・・・。
その直後の37分、アグボンラホールのスルーパスで抜け出したミルナーが決めて2-1!あっさり勝ち越し。

 

後半からミルナーに代えてガードナー投入。
サイドハーフの消耗が激しい。やはり今の攻撃はサイドハーフ次第なところもある。大事に使っていきたい。

50分、カリューが負傷退場。デルフォンゾ投入。カリューがまた抜けたら痛いな・・・。

後半はポストプレーヤーが居なくなったのがマズかったのかまったく攻撃の形が作れない。
ポーツマスはクラウチが中心となって猛攻を仕掛ける。
クラウチの動きが良すぎる。欲しい。アグボンラホールと組ませたい。
それでもカウンター狙いのヴィラ。作戦が見事に成功する。
80分、デルフォンゾのスルーパス。
全力疾走するアグボンラホールに相手DFは追いつけない。
GKとの1対1も冷静に決めて3-1!この日2ゴール目。ダメ押しとなるゴールを決めた。

91分、ロッドウェルが負傷退場。

尋常じゃない怪我人の数。ロドウェルが3週間の離脱。
私そんなにやりくり上手じゃないんですけど。基本的にレギュラー固定型だからキツイっす。

 

 

 

 

11月1日  プレミアリーグ
        vs サンダーランド (14/A)

 

前節からの変更点は3か所。左サイドバックにショーリー。CBにクエジャル、FWはヘスキーが先発。
アグボンラホールは期待通りの活躍を見せ現在9試合で5ゴールを挙げているけど相棒が不発しっぱなし。
カリューは5試合のノーゴール。ヘスキーはUEFAカップとリーグ戦2試合連続ゴールを決めたものの不発気味。
5試合で1ゴール。
1試合で1ゴールのヘアウッドは怪我のため不在。1ゴールはCKからですけどね。

 

GK:フリーデル
DF:Lヤング、クエジャル、デイビス、ショーリー
MF:ミルナー、レオ・コーカー、シドウェル、Aヤング
FW:ヘスキー、アグボンラホール

SUB:グザン、ラウルセン、ギブス、バナン、オズボーン、カリュー、デルフォンゾ

 

ウチの戦術はホームのときにしか通用しないんだろうか。一方的に攻められる展開。
そして25分、ジョーンズのロングシュートがポストに当たりながらも決まりサンダーランドが先制。30Mの凄いシュート。
更に28分、左サイドから切り込んだジブリル・シセが決めて0-2.これはオフサイドとデイビスが主張。
リプレイだとそのとおりに見える・・・。

攻めるしかないヴィラ。35分、アシュリー・ヤングのスルーパスで
抜け出したアグボンラホールが角度の無いところから決め1点を返す。
きつい角度だったけどファーサイドに豪快に決めてくれました。
更に40分、CKの場面でデイビスが豪快に頭で決め同点!
3分で2点取ったサンダーランド。5分で2点返したヴィラ。

43分、サンダーランドの攻撃。CKからのこぼれ球、最後はシセが思いっきり押し込みサンダーランドが勝ち越し。
59分にもシセが突破から決めてハットトリック。

 

ほんと勝った負けたと繰り返すチームになってしまった。
守備がヤバい。サイドバックの上がりを減らしたらもっと守備がやばくなったような気がする。

 

 

 

 

この勝った負けたを繰り返す現状を打破したいのか理事会が増資を決定。
25億円も資金が使えるようになりました。
迷う。どこを補強しよう。即戦力で現状を打破できる選手。
ボランチはガゴが入るしバリーが復帰する。
FW?アグボンラホールの相棒はたしかに欲しい。カリューもヘスキーもゴールしてくれない。
でも守備面も大事なような。失点多いからなぁ。
サイドバックも欲しいなぁ。

 

 

 

 

11月5日  UEFAカップ
        vs FC Moscow (A)

 

何人かはお休み。アグボンラホールやミルナーも。
Aヤングは先発させますが途中で変えます。
ガードナーが怪我から復帰後初先発。バリーも復帰。

 

GK:フリーデル
DF:ガードナー、ラウルセン、デイビス、ショーリー
MF:レオ・コーカー、シドウェル、バリー、Aヤング
FW:カリュー、デルフォンゾ

SUB:グザン、クエジャル、ギブス、バナン、オズボーン、ヘスキー、ヘアウッド

 

アシュリー・ヤングからパスを受けたデルフォンゾが14分に決めてヴィラ先制。この人ほんとビッグになりそう。
とりあえずアグボンラホール級にはなってくれそう。歳は5歳くらいしか離れてませんけど。
16分にはデルフォンゾのパスで抜け出した右サイドハーフのレオ・コーカーが決めて2-0.

50分、デルフォンゾがエリア外からミドルシュートを決め3-0.
52分、ヴィラのCKの場面、カリューが頭ですらすとファーサイドに走り込んだラウルセンが決め4-0.
65分、混戦からデルフォンゾが決めハットトリック達成。DF3人とGKと一緒にワーワーやってたけどボールがこぼれてきた。

 

快勝。デルフォンゾのハットトリック。
点を取る係と取らない係りに分かれてるFW陣。どうしよう。リーグ戦では苦戦をしいられてるからなぁ。

 

 

 

 

11月8日  プレミアリーグ
        vs ブラックバーン (16/H)

 

ボロ、マンU、チェルシー、アーセナルと4連敗中のブラックバーンとの対戦。
可哀想な日程。立て直す時間も与えられてない。
だいぶ士気も落ちてるみたいなんできっちり勝ち点3を戴きたい。

ベストメンバーが揃いました。怪我人はロドウェルとボウマだけ。長かった。辛い期間。
故障明けのガードナーは疲労が溜まってるのでベンチ外。

 

GK:フリーデル
DF:Lヤング、ラウルセン、デイビス、ショーリー
MF:ミルナー、レオ・コーカー、バリー、Aヤング
FW:ヘスキー、アグボンラホール

SUB:グザン、クエジャル、ギブス、シドウェル、ペトロフ、カリュー、デルフォンゾ

 

2分、アグボンラホールのシュートはGKロビンソンがファインセーブ。
6分、アシュリー・ヤングからのクロスにヘスキーが頭で豪快に合わせるも枠の左。
やっぱり試合は2Dクラシックのほうが見やすい。

24分、右サイドに流れたヘスキーのクロスを受けたアグボンラホールが決めてヴィラが先制!
エースの得点能力が凄い。リーグ戦5試合連続ゴール。5試合で6ゴール挙げてます。
45分にはアシュリー・ヤングからパスを受けたヘスキーが決めて2-0.
ヘスキーはリーグ戦2ゴール目。

48分、ブラックバーンの攻撃。トゥガイが豪快なミドルシュートを決めて1点返される。
80分にはサンタクルスに決められ同点。

引き分けのまま試合終了かと思われた93分、右サイドに流れたアグボンラホールのクロスから
アシュリー・ヤングがダイレクトで流し込み勝ち越し!

 

勝った!終了間際の劇的ゴールで見事勝利。
それにしても完封がまるっきし減ったなぁ。
以前は完封試合連発でリーグ最少失点争いは当り前だったのに。
試合の動きが変わったからしょうがないのかな。
それとも守備陣の補強が必須なのか。

 

 

 

 

11月12日  カーリングカップ4回戦
         vs サンダーランド (H)

 

一人補強が決まりました。まだ正式決定してないのでここでは書きませんが
現在合意の書類を交換する段階なので試合終了後に正式に合意できそうです。
またお前かっていう選手です。

 

GK:グザン
DF:ガードナー、クエジャル、ラウルセン、Lヤング
MF:ミルナー、シドウェル、ペトロフ、ギブス
FW:デルフォンゾ、カリュー

SUB:フリーデル、デイビス、オズボーン、バナン、バリー、ヘスキー、ヘアウッド

 

前半からヴィラペース。
そして32分CKからラウルセンが頭で決めヴィラが先制。
45分にはカリューのスルーパスで抜け出したデルフォンゾがGKを冷静にかわして決め2-0.
マジでデルフォンゾ良い。アグボンラホール放出してもやってけます。意地でも放出しませんけど。

67分にもペトロフのパスに反応したデルフォンゾが決め3-0.

 

シャレにならんくらいデルフォンゾが良い。
ほんと起用法には悩む。

 

 

 

 

インテルDFダビデ・サントンを移籍金2億8000万円で獲得。
やっす!安すぎでしょ。サントンは実力があるにも関わらずインテルではまだプリマに所属しています。
なのでそこを華麗にサラッと強奪。
どうでもいいですけどなんでこんな安い移籍金で合意に至ったんでしょうかね。
ミラン編では夏のマーケット終了間際ギリギリに9億円で取り付けた移籍だったんですが
冬まで待てばこんな格安で獲れたんですね。どのチームに行ってもサントン獲っちゃいそう。
サントンがいきたいクラブ限定ですが。

また外国人選手を一人獲得しました。
別に純国産とか国産イレブンにしようとは考えてないんですが、現実のヴィラは国産志向ですからね。
まあ外国人選手も補強してるから気にしなくていいんですが。
半分はイングランド人で固めたいです。

 

GKの補強も考えてます。優先順位は低いですけどね。
ミラン編でも獲ったアセンホを獲ろうかなと思いましたがイングランド人を獲ろうと決意しました。
GKにもイングランド人を置きたいなと。
アセンホを獲っとけば間違いないんですけどね。ワンダーボーイになってますしかなりの実力者です。
でもイングランド人でやろうと決めました。ミランのときと補強内容変わんなくなりますしね。
で、その候補はユナイテッドのベン・フォスターとシティのジョー・ハート。
今んとここの2人くらいしか欲しい人材が居ません。
19歳スペイン人GKのアセンホかぁ。悩むなぁ。獲ったら安泰なんだけど何か失いそう。
だいたい私若手有望株ばっか集め過ぎなんですよ。もっと考えて補強しないと。
でも即戦力は高いし若手が安いのが現状。

 

 

CBの補強とFW、サイドアタッカーの補強を考えています。
とにかく失点が多いですからね。CBの補強は大切だと思います。
現在11試合で19失点。下から4番目と言う酷さ。
ターゲットはいろいろ居ましたが簡単に獲れそうなのはブラジル人のミランダ。
前回もミランダ獲って頑張ってもらいました。それってどうなんだと。メンツ変わんないじゃんと。
でも信頼性はあるんですよねぇ。安心して任せられる選手であるのも事実。
2008で想定していたデイビス、ミランダの若いコンビで10年張らせるっていう構想も実現できそうです。

クエジャルやラウルセンのビッグマン守備は嫌いではないんですけどね。
如何せん失点数が多すぎるから主力補強が必要な気がします。

 

 

 

 

11月15日  プレミアリーグ
         vs シティ (4/A)

 

金持ちシティとの対戦。ワントップのロビーニョが凄いみたいで現在得点王。
11試合で8ゴールをあげています。うちの守備陣はズタズタにされそう。

 

GK:フリーデル
DF:Lヤング、クエジャル、デイビス、ショーリー
MF:ミルナー、レオ・コーカー、バリー、Aヤング
FW:アグボンラホール、ヘスキー

SUB:グザン、ラウルセン、ギブス、シドウェル、ペトロフ、カリュー、デルフォンゾ

 

7分、ヘスキーからのクロスを受けたアグボンラホールが決めてヴィラが先制。
ちょっとこの得点率は異常。別の選手にゴールしてほしくなってきた。
6試合連続ゴールでリーグ戦12試合で8ゴール。
更に22分、ミルナーからの縦パスを受けたアグボンラホールが決めて2-0.

34分にはミルナーから逆サイドへのロングパスを受けたショーリーが豪快なミドルシュートを突き刺して3-0.
素晴らしいシュート。ミルナーもよく逆サイドが見えてた。

あと欲しいのはアシュリー・ヤングのゴールかな。
と思っていた後半開始直後の47分、ジルコフに直接FKを決められ失点。
この直接FKは仕方ないかなと思っていた50分、マイカー・リチャーズのクロスから最後は混戦の中からロビーニョに決められ3-2・・・。
守備のもろさ加減を存分に発揮してる・・・。
そしてとうとう70分にフェルナンデスに決められ同点。

 

前半は完全に押してたんですけどね。後半は一変しました。
防戦一方。3-0だったのに引き分けになったのは痛い。
やなことを思い出させてくれる。イスタンブールを。忘れてしまいたい記憶。忘れてた記憶。

クエジャルが完全に穴です。
現実ではかなり良くてヴィラでレギュラーを獲得。
今冬にマドリーが獲得に乗り出す可能性があるほどになったのにゲームではそうではないみたいです。
もうクエジャルはレギュラーでは使えないような気がします。
CBの補強が絶対に必要です。

 

 

 

 

 

ミラン編のとき何がうざかったかって言うとシティの存在。
このチームが目をつけた選手にこっちが興味を持つと必ず争奪戦が始まる。
資金力が半端ないですからね。
クラニチャル争奪戦とか無駄に資金を使ってしまいました。

そして今回。私が獲得を狙う選手ほとんどにシティも興味を示してる。
マジ勘弁してくれと。試しにオファー出したらすぐにシティがうちの倍額くらい出して合意に取り付けるし・・・。
面白がっていろいろやったらどんどんオファー出していきやがって・・・。
まだ選手と合意してませんが全員とクラブ間の合意に至りました。
全員選手とも合意したら冬の市場で大変な大型補強になりそうです。

ちなみにクラブ間で合意したのは
ブラックバーンのFWロケ・サンタクルス(45億円)
ポルトのルチョ・ゴンザレス(33億円)
シャフタールのダリヨ・スルナ(30億円)
トッテナムのレドリー・キング(39億円)
の4人。こんなに金使えてほんと羨ましい。

シティの金銭力の前では2日で十分だった。
サンタクルスとキングが移籍決定。
3日粘ったけどスルナも決定。
ルチョ・ゴンザレスはなんとポーツマス行きを決める。
驚いた。シティの金銭力に打ち勝つなんて。

 

 

 

 

11月23日  プレミアリーグ
         vs トッテナム (15/A)

 

ガードナーが右サイドバックの先発に復帰。
クエジャルではなくてラウルセンが先発。
あとはいつもと一緒。

トッテナムはキーンとウッドゲイトを怪我で欠いている。

 

GK:フリーデル
DF:ガードナー、ラウルセン、デイビス、ショーリー
MF:ミルナー、レオ・コーカー、バリー、Aヤング
FW:アグボンラホール、ヘスキー

SUB:グザン、クエジャル、Lヤング、シドウェル、ペトロフ、カリュー、デルフォンゾ

 

6分、アグボンラホールからのパスで抜け出したヘスキーのシュートはGKゴメスが弾いたものの
こぼれ球をアグボンラホールが軽く決めてヴィラが先制。アグボン決めすぎてヤバい。笑えてくる。
でも最近勝ちきれないから怖い。

8分、相手GKの焦ったフィードをラウルセンが跳ね返すとCBコルルカがクリアを後ろにそらしてしまう。
後は抜け出したアグボンラホールが決めて2-0.
もうさ、ほんとね。ヤバいね。他の人、特にサイドアタッカーに決めてほしいっすよ。

35分、デイビスを抜いたジーナスが豪快なミドルシュートを叩き込んで1点返される。
得点出来ても失点グセは抜けない。でも凄いシュートだった。

 

後半開始直後の46分、ドリブルで持ち込んだアシュリー・ヤングにDF2人がつく。
アシュリー・ヤングが背負って必死にキープしてると審判が笛を吹きPK獲得。
キッカーはバリーが居るのにショーリー。ちょっと緊張しましたが普通に決めて3-1.
ショーリーは2試合連続ゴール。アグボンラホールは7試合連続ゴール。
いつまで続けるんでしょうかね。

57分、ミルナーのパスからアグボンラホールがシュートを狙うも左ポスト直撃。
ほんといつ決めてもおかしくない感じ。アグボンラホールのエースの風格っぷりが凄い。
最初6試合で1ゴールくらいしか決めれなくて控えにして途中出場させてみようかなとも考えたことがありましたがとんでもない。
バケモノです。

 

なぜか作戦変更ボタンが押せない。戦術の変更も選手交代もできない。
バグった・・・。

3-1で勝利。選手交代したかった。
でも守りきれて良かった。ほんとまた同点にされたらどうしようかと。
得点者は前の試合を同じ。アグボンラホール2ゴールとショーリーのゴール。

 

 

 

 

11月27日  UEFAカップ
         vs AEKアテネ (H)

 

2連勝してもう突破濃厚なのでサブメンバーで挑む。
まあ前からサブでやってましたけど。
スタメン11人全員交代。ロドウェルも怪我から帰ってきましたから最初から長期で居ないボウマ以外全員居ます。
リザーブにいたオハロランが先発出場。20歳の選手です。

 

GK:グザン
DF:Lヤング、ロドウェル、クエジャル、オハロラン
MF:ペトロフ、オズボーン、シドウェル、ギブス
FW:デルフォンゾ、カリュー

SUB:フリーデル、デイビス、リケイ、レオ・コーカー、バナン、ヘスキー、ヘアウッド

 

3分、裏を取られたクエジャルが意図的にファールをしてしまいプロフェッショナルファールで1発レッド。
早すぎる。この試合くらい頑張ってほしかったよ。クエジャル君。
干される運命にあるのだろうか。しかしなぜかリバプールが獲得に興味を持っている。
あそこはスペイン色が強いからだろう。引き取ってくれないだろうか。

まあ今日は負けただろう。DFラインの裏にバンバン通されるしと思った矢先の13分、
デルフォンゾが右サイドから持ち込むとエリア内で倒されPK獲得。
カリューが決めてヴィラが先制。
今作はドリブラーがリアリティあって楽しいです。エリア内でPK取ってくれるのは助かります。
前作はドリブルで突っかけてPK獲得って少なかったからなぁ。

26分、デルフォンゾが負傷。ヘアウッド投入。
この負傷は痛い。攻撃はデルフォンゾのドリブル頼みになっていたから。

40分、左サイドからのクロスで決められ同点。

後半開始直後にはペトロフも負傷。せっかく全員そろったのに・・・。

試合終了。3分で退場したものの1-1のドローで終了。
ずっと押されてたけどカウンターが効果的だった。
デルフォンゾは1週間程度の離脱だったがペトロフが1か月の離脱。
またか・・・。

 

 

 

 

11月30日  プレミアリーグ
         vs ボルトン (10/A)

 

なんか毎試合アウェーでやってる気がする。
見てみたらホーム5試合に対してアウェー9試合目。なんて変な日程なんだ。
まあ逆の発想で後半戦快進撃できそうな気がしないでもないですけど。
ヴィラは現在9位。プレミアは試合数にばらつきがありすぎますが、この数字は満足できないところ。

 

GK:フリーデル
DF:ガードナー、デイビス、ラウルセン、ショーリー
MF:ミルナー、レオ・コーカー、バリー、Aヤング
FW:アグボンラホール、ヘスキー

SUB:グザン、ロドウェル、Lヤング、シドウェル、ギブス、カリュー、ヘアウッド

 

ボルトンのシステムは4-1-4-1.その守備的な布陣がスペースが無さ過ぎて大苦戦。
攻めきることができない。

一方のボルトンは再度攻撃からのカウンターで効果的に攻めてくる。
スタッツ以上に苦しみ続けたが74分、CKからデイビスが頭で決めてヴィラが先制点を奪う。
デイビスはリーグ戦3ゴール目。

 

試合終了。数字を見る限り普通に勝ったと思われそうだが、この試合以上に苦戦して勝った覚えはない。
とにかく速いカウンターからクロスを上げられまくっていつ失点してもおかしくなかった。
サイドの守備を固めて守ったが、そうすると攻撃面で攻めきれない。
ほんと効果的なシステムだったと思う。守備しっかり守ってサイドからカウンター。

デイビスのセットプレーでの強さでなんとか勝てました。

 

 

 

 

12月3日  UEFAカップ
        vs ベジクタシュ (A)

 

サブメンバー。
CBの控えが居ないことに気づいた。ラウルセンが先発。デイビスを休ませます。
リザーブに居たアカデミー出身CBは有望な選手はレンタルで出したから居ません。

GK:グザン
DF:リケイ、ロドウェル、ラウルセン、オハロラン
MF:ガードナー、シドウェル、オズボーン、ギブス
FW:ヘアウッド、カリュー

SUB:フリーデル、デイビス、Lヤング、バナン、レオ・コーカー、ハード、ヘスキー

 

5分、CKからラウルセンが頭で決めてヴィラが先制。
その直前にはFKからカリューの豪快なヘッドでCKを獲得したし高さで押せそう。

68分、シュートのこぼれ球を押し込まれ同点。

 

互角の試合。1-1のドロー。予選通過。
こっちは完全にサブメンバー。リザーブの若手すら使ってるのに互角じゃダメでしょベジクタシュさん。

 

 

 

 

12月4日

シャフタール・ドネツクのブラジル人MFイウシーニョ(23)を移籍金13億円で獲得。
2013年まで、年俸1億5000万円で合意。

年俸は据え置きで合意してくれました。
代理人は2億5000万円を要求してきたけど1億円減額させることに成功しました。

この選手、前作の2008で27億円も使って獲ろうとした選手です。
加入を本当に楽しみにしていましたが労働許可が下りずに入団することができませんでした。
今回は無事下りて、しかも移籍金は13億円と格安。
今作はほんと補強がしやすいです。ビッグな選手を狙わなければ十分に補強ができます。
下位クラブの主力は10億円以下で獲れるみたいです。もちろん選手によりますけど。

まあ考え方の問題もありますけどね。そこそこの選手揃えても現状は変わらないという。
私はやはり少数精鋭。お金掛かってでも良い選手を探してしまいます。

冬の補強、後はCBだけです。FWは来夏に後回し。
ここは即戦力級の選手を補強するつもりなんですが、ライバルが多すぎて交渉が上手くいかない。
主力級にはやはり他クラブが目をつけてますし、ヴィラに来たがる選手もそんなに多くありません。

 

 

 

 

12月6日  プレミアリーグ
        vs ウェストブロム (13/H)

 

ロドウェルが先発。クエジャルの扱いどうしようかなぁ。
使いたいけど怖い。ロドウェルは活躍したらもうレギュラーになるかも。
そうしたらCBの補強焦らなくても済むし。
ラウルセンはかなり活躍してますけどね。31歳ですしね。

GK:フリーデル
DF:Lヤング、デイビス、ロドウェル、ショーリー
MF:ミルナー、レオ・コーカー、バリー、Aヤング
FW:アグボンラホール、カリュー

SUB:グザン、クエジャル、ラウルセン、ギブス、シドウェル、ガードナー、ヘスキー

 

10分、ミルナーが負傷退場。レオ・コーカーを右に置いてシドウェル投入。
最近のミルナーはあまり良くなかった。でも怪我で欠かれるとやっぱり痛い。

19分、カウンター。アシュリー・ヤングからパスを受けたアグボンラホールが簡単に決めヴィラ先制。
この人に渡せばもう勝手に決めてくれそう。

 

1-0で勝利。今日は楽に勝てた。
しかしアグボンラホールが異常に決めて他の選手が決めてくれないのはさみしい。

ミルナーは5~6週間の離脱。
その間右サイドにレオ・コーカー置いてボランチにシドウェル使うしかないな。

 

 

 

 

12月10日  カーリングカップ準々決勝
         vs カーディフ (H)

 

なんというくじ運の良さ。べスト4を賭けた戦いだというのに2部リーグと戦えました。
今までも本当に楽な道のりだった。
まあ快進撃をしてきたという勢いは怖いですけどね。
逆にFAカップは最初からプレミアのクラブと当たることになってしまいました。

今までのように完全にはサブメンバーにせず主力何人かは使います。

 

GK:フリーデル
DF:Lヤング、クエジャル、ロドウェル、オハロラン
MF:ガードナー、シドウェル、オズボーン、ギブス
FW:ヘアウッド、ヘスキー

SUB:グザン、ラウルセン、デイビス、バナン、レオ・コーカー、カリュー、デルフォンゾ

 

相手は3-5-2というシステムだが、一人残して全員下がって守備。5-4-1のような感じ。
13分、シドウェルが豪快なミドルシュートを決めてヴィラが先制。
20分、右サイド、ガードナーのクロスにファーサイドに飛び込んだオズボーンが決めて2-0.
39分にはヘスキーが決めて3-0。
66分、CKからファーサイドに飛び込んだヘスキーが決めて4-0.
71分、右サイドからのクロスにヘスキーが合わせて5-0.

 

 

 

 

12月13日  プレミアリーグ
         vs エバートン (9/H)

 

CBはロドウェルが先発。古巣との対決。

GK:フリーデル
DF:Lヤング、デイビス、ロドウェル、ショーリー
MF:レオ・コーカー、シドウェル、バリー、Aヤング
FW:アグボンラホール、ヘスキー

SUB:グザン、ラウルセン、クエジャル、ギブス、ガードナー、デルフォンゾ、カリュー

 

ヴィラほどの魅力は感じませんが、エバートンもなかなかおもしろそうな選手が多いです。
DFはジャギエルカ、ロドウェル、レスコット、ヨボなどが居ますし、中盤も様々な選手が居ます。
アルテタとかケーヒル、フェライニ、ピーナールなんかも面白そうです。

3分、CKからフェライニに決められ早々に失点。

しかし16分、アグボンラホールがスルーパスを出すと裏に抜け出したレオ・コーカーが決めて同点!
失点はリーグでも下から4番目という多さですがそれ以上に得点力があります。
得点数はリーグでトップ。攻撃で押していきます。

 

その後はどちらもチャンスを作る。
相手の厚い中盤の攻撃に苦戦しながらもなんとか守ってカウンター。
アグボンラホールとアシュリー・ヤングのスピードでなんとかしていく。

そして62分、アシュリー・ヤングが左サイドを突破。
受けたバリーのシュートはGKハワードが弾いたもののアグボンラホールが詰め逆転!
やはりやってくれるのはエースストライカー。

これで流れを手繰り寄せたか66分にアシュリー・ヤングからパスを受けたシドウェルが豪快なミドルシュートを決め3-1.
シドウェルはカーリングカップに続いて2試合連続ゴール。
69分にもアシュリー・ヤングが直接FKを決めて4-1.完全に火が付きました。

試合終了間際、猛攻に出たエバートン。87分にケーヒルが1点を返す。
しかしそんなことではヴィラの好調さは止まらない。
89分にアシュリー・ヤングが決めて5-2.

 

 

 

 

12月18日

とっておきの補強をしました。
トッテナムMFアーロン・レノン(21)を移籍金16億円で獲得。
2013年まで、年俸2億5000万円で契約に合意。
イングランド人獲得。更にレノンと言うことでかなり興奮しています。
アグボンラホールと合わせてプレミア界のスピードスターを2人とも所有していることになります。

トッテナムではベントリーがレギュラーの座を掴み出番があまりなかったレノン。
なのでこの値段で獲得できました。現実のレノン、09-10シーズンはかなり飛躍してますよね。

本当はCBを獲らなくちゃいけないんですが、この補強が来夏でもできるとは限らないので交渉できるときにしました。
中盤かなり楽しみなことになってきました。ちょっと人員過剰気味ではありますけども。

左から
Aヤング、バリー、ガゴ、レノン
ギブス、シドウェル、レオ・コーカー、ミルナー
と2チーム分作れます。

後はCBの補強ですが、ロドウェルがそこそこ働けてますからね。
この人をずっとレギュラーで使ってもいいですし獲ってもいい。ロドウェルを獲っといて良かった。

 

 

心配なのはアグボンラホールの相棒となるFW。
ヘスキーはリーグ戦12試合で2ゴール、カリューは10試合で0ゴールと酷い有様。
デルフォンゾは面白いですがアグボンラホールの相棒としてはタイプに問題がある。
まあここは来夏に持ち越しです。良い選手が見つかればいいです。

 

 

 

 

12月20日  プレミアリーグ
         vs ニューカッスル (9/A)

 

マンU、アーセナルと2試合合計で3得点、11失点で連敗しているニューカッスルとの対戦。
右サイドにはベッカムが居ます。アメリカから戻ってきました。

 

GK:フリーデル
DF:Lヤング、デイビス、ロドウェル、ショーリー
MF:レオ・コーカー、シドウェル、バリー、Aヤング
FW:アグボンラホール、ヘスキー

SUB:グザン、ラウルセン、クエジャル、ギブス、ガードナー、デルフォンゾ、カリュー

 

冬が楽しみ。ウキウキしてます。

前半は圧倒的にニューカッスルペース。押し込まれ続け攻めることができない。
マルティンスのスピードが厄介だし、ベッカムのクロス精度がヤバい。

しかし26分、ヴィラのFKの場面、アシュリー・ヤングのクロスにファーサイドに飛び込んだヘスキーが決めてヴィラが先制。
34分にはショーリーのクロスのこぼれ球をレオ・コーカーが押し込み2-0.

2点リードしてもベッカムとマルティンスの恐ろしさは衰えない。

HTで打撲していたヘスキーを下げてカリュー投入。
更にシステムを4-3-3に変更。両ウィングにも守備をさせて守備的にする。

52分、途中出場のカリューのシュートはDFに当たってコースが変わって決まりオウンゴールで3-0.

 

ベッカムにここまで良いようにされてクリーンシートだったのは大きい。
この勝利で4位浮上。しかしマンチェスター・ユナイテッドが2試合少ない状態で勝ち点1差しか離れてないのですぐ抜かれそう。

 

 

 

 

12月23日  プレミアリーグ
         vs フラム (17H)

 

年末の戦いは厳しいです。
日程が厳しい。でもここを乗り越えれば新戦力がごそっと入ってきます。

 

GK:フリーデル
DF:Lヤング、デイビス、ロドウェル、ギブス
MF:レオ・コーカー、ガードナー、バリー、Aヤング
FW:アグボンラホール、カリュー

SUB:グザン、ラウルセン、クエジャル、オハロラン、シドウェル、デルフォンゾ、ヘスキー

 

16分、FKからロドウェルが頭で決めてヴィラが先制。
ロドウェルはプレミアリーグ戦初得点。

楽な試合だった。得点がFKからだけだったけどきっちり決めてくれて良かった。

 

 

 

 

12月26日  プレミアリーグ
         vs ハル (19/A)

 

ボクシングデイに行われる19位ハルとの試合。
現在ヴィラは6連勝中。一気に3位にまで浮上しました。
9位あたりから一気に上がりました。この調子で行きたい。

 

GK:フリーデル
DF:Lヤング、デイビス、ロドウェル、ショーリー
MF:レオ・コーカー、シドウェル、バリー、Aヤング
FW:アグボンラホール、ヘスキー

SUB:グザン、ラウルセン、クエジャル、ギブス、ガードナー、デルフォンゾ、カリュー

 

ヴィラが攻め続けるものの守備的なハルが懸命に守る。
アグボンラホールのうまい動きからのシュートは2本ともクロスバー直撃。

攻めれど攻めれど決めきれない。スペースがない。
しかし試合終了間際の91分、右サイドに流れたアグボンラホールのクロスにギブスが合わせてとうとう先制!

2試合連続1-0で勝利。

 

 

 

 

最近控えのクエジャルにリバプールとレアルマドリー、バレンシアが興味を持っている。
高値で売り払ってCB良い選手補強しようかな・・・。
現実ではレギュラーで、動きもそこそこ良いから本当は使いたいんですけどね。
クエジャル使うとあまりにも失点が多いから控えです。
控えにし続けるなら売り払ったほうが本人の為にもなりますしね。残念です。

 

売りに出したら上の3クラブに合わせてポーツマスなどがオファーを出してきたけど
一番ヤバいのが出てきました・・・。
マンチェスター・シティ。即金40億円を持ってオファーを出してきた・・・。
ここってホントなんなんでしょう。ありえないですよ。クエジャルが40億円って。
失格の烙印押してベンチに追いやられて17歳にスタメン奪われた選手なんですけど。

即金でこんな大金用意してくれるのなんてシティだけですよ。
ポーツマスとか分割で2年かけて払いますって言ってるのに。

 

 

 

 

12月終了。

現在3位。しかも勝てば首位という位置。一気に連勝で上がりました。6連勝。
しかしこの後の日程は厳しいのでどれだけ残れるか。
マンUもなかなか強そうだし。
なんと1月にはマンUとアウェー、ホームと2試合連続でリーグ戦が行われます。
カップ戦やら代表やらで9月だか10月だかの試合が延期され続け
あろうことか後半戦の次の試合に組み込まれることになりました。
普通こんなことないですって。勝負どころです。

スポンサーサイト
  1. 2009/12/28(月) 13:31:11|
  2. FM
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<リーズ1 | ホーム | ヴィラ1>>

コメント

試合の場面は
動画なのですか(^O^)/?
  1. 2009/12/30(水) 20:47:55 |
  2. URL |
  3. 高2 #-
  4. [ 編集]

そうですね。2Dだと●こういう丸いのが動いてプレーします。
2009からは3Dも搭載されてます。
ただ口で聞いてもあまりわからないでしょうし
youtubeなどでfootballmanagerと打てば分かると思います
  1. 2010/01/02(土) 18:30:29 |
  2. URL |
  3. mira #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mirano1458.blog114.fc2.com/tb.php/118-ff1c573c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ミラコレ

Author:ミラコレ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。